エッセイ

【麻雀の展望!】ベーシックインカムの導入により黄金時代がくる説

basic-income

国が生活に必要な最低限の金額を国民に支払うベーシックインカム制度。

このベーシックインカムが導入されることにより、近未来には麻雀の黄金時代がやってくるだろうと言う読みがあります。

以下でその理由について解説していきます。

ベーシックインカムにより労働は趣味となる

まずはベーシックインカムの導入がなされた場合の社会の変化について見ていきましょう。

ベーシックインカムとは、冒頭でも書きましたが、国が最低限の生活保障を支給するという制度

たkる
たkる
働かなくても誰でももらえる年金!みたいなルールです。

多分導入されるとなると月7〜10万くらいになるのではないかなと思います。

では、このベーシックインカムが導入されるとどうなるか?

まず大きな変化として仕事をしなくても良くなります

ベーシックインカムだけでめっちゃ贅沢な生活をしたりすることはできませんが、慎まやかな生活なら労働なしで可能に!

となれば、労働は好きな人がやるという、ある種趣味の一環となるのです。

接待麻雀はなくなるかも↓

ビジネスマン必見!接待麻雀のポイントまとめ麻雀打ちとして長く活動していると、仕事上で利害関係が発生する相手との対局という難しい局面に直面することもあるかと思います。 そんな...

ベーシックインカムにより余暇が生まれ麻雀が盛んになる

で、このベーシックインカムが導入→労働は必ずしも必要でなくなる、という流れの中で生まれるのが「余暇」です。

「遊びなんて要らねえぜ!バリバリ働かせろ、仕事最高!」

という人は従来通り仕事を続け、バリバリ稼いでいくことになります。

一方でそうじゃない人、「できれば仕事はしたくなくて遊んでたい!」という人には、仕事をしないという選択肢も生まれます。

すると何が起こるか、というと仕事をしないことを選択した人たちの間に「余暇」が生まれます。

今まではなんだかんだで月曜から金曜までほとんどの人が仕事をしていたわけですが、この時間が丸々余暇となりえるのです。

で、この悠久とも言える余暇をお金をかけずに楽しく過ごす方法、と言ったら、そう、麻雀ですね

つまりベーシックインカムの導入により麻雀が盛んになるのです。

麻雀は最低限のベーシックインカムでも一生楽しめる娯楽となる3つの理由

え、麻雀ってベーシックインカムだけで無限に楽しめるものなの!?

と思う人もいるかと思いますが、いけます!

なぜかというと以下の3つの理由によります。

それぞれ簡単に見ていきましょう。

初期投資が安くランニングも安い!

麻雀は基本的にお金がかからないゲームです。

初期投資となる牌もマットも5000円くらいの費用で買えますし、一度買えば一生使えます

麻雀セットおすすめまとめ【面倒くさがりな人にうれしい牌、マット、小物のオールインワン!】麻雀用品を購入しようと思ったとき、用意すべきものは地味に多いです。 麻雀牌、マット、卓といった大掛かりなもののほかに、起家マーク、...

さらに最近では、全自動麻雀卓であっても新品10万円以下で手に入る時代。

ちょっといい国産の点数表示付き卓を買っても、20万ちょいです。

4人で買えばベーシックインカムでも十分まかなえます。

10万円以下の予算で28㎜牌の全自動麻雀卓を購入するならENMMA!「全自動麻雀卓でも買うか!予算は10万円弱で、牌のサイズは28㎜のモノがいいな…」 と考えている人にオススメなのがENMMAという...

無限に楽しめるゲーム性

また、麻雀は値段の面で安いというだけでなく、何度遊んでも飽きがこないゲームであるという点もすごいです。

具体的には、麻雀では不確定要素が多く配牌パターンも何十万通りもあり、その上プレイヤー数も4人と多いため、毎回違った展開が訪れます。

たkる
たkる
さしずめ不思議のダンジョンみたいなイメージ。

なので、毎日遊んでも不思議と飽きず、「悠久なときの中で何をするか?」と問われて麻雀と回答する人も多い、そんなゲームです。

実力差があっても楽しめる間受けの広さ

3つ目として、これもけっこう大きなポイントなんですが、麻雀は実力差があっても一緒に楽しめるゲームです。

もちろん実力が高い人と低い人が戦えば実力が高い人が勝つことが多いですが、絶対じゃない

なので、もしも完璧に実力が互角な4人が集まらなかったとしても、そこそこ楽しい麻雀を打つことができます。

たkる
たkる
他のスポーツと大きく違う点です!

これが結構重要で、麻雀には老弱男女問わず一緒に楽しめるゲームとして間受けの広さがあり、世代間・男女間の平和を生み出す切り札です。

【結論】麻雀はベーシックインカム後のライフワークなりえる

という3つの理由により、結論として麻雀はベーシックインカムでも楽しめて、ライフワークたりえるゲームです。

そしてベーシックインカムは、すでに試験的な導入がなされた国などもあり、日本でもいずれそうなる可能性はそこそこあります。

そうなったときに麻雀を覚えるか、今覚えるか。

たkる
たkる
(麻雀を覚えるの)今でしょ!

まだ麻雀を覚えていない人は、ベーシックインカム後の麻雀黄金時代に備えて今のうちにルールを覚えていきましょう!

また、すでにルールを覚えているという人は来るべき日に備え、技術と卓を磨いておきましょう

ではまた。良い麻雀ライフを!

 

connection-howto-make
麻雀仲間の作り方と人脈広げ方まとめ!セット面子集めマスターになる方法この記事では麻雀仲間を作り方を解説します。 「麻雀を覚えたけど、麻雀を打つ友達がいない」 「昔はよく麻雀を打っていた...
健康麻雀の始め方とオススメの用具、上達法のまとめ【老後の趣味はこれで決まり!】麻雀というと、暗い室内で、たばこの煙がもくもく上がっていて、怖い人たちが金を取り合っている。 そんなアンダーグラウンドなイメージを...
全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種・家庭用から業務用まで~】価格別におすすめの全自動麻雀卓をまとめていきたいと思います。 価格帯としては10万円以下、20万円以下、50万円以下、50万円以上...
単調になりがちな麻雀ゲームを「割れ目」でインフレさせるmaru-jan!

麻雀ゲームは技術上達や暇つぶしに有効な手段ですが、やはりリアル麻雀に比べると単調になりがちなもの・・・!

そう思っている人は多いのではないでしょうか。

そんな方に朗報です!麻雀ゲームのmaru-janではなんと超インフレルールである「割れ目」を楽しむことができるんです。

オンライン麻雀 Maru-Jan

如何にゲームといえど、割れ目ともなれば点数は2倍でデンジャラスなので、気をぬく暇はありません!

普通の麻雀ゲームには飽き飽きしていたんだよ・・・という人はぜひmaru-janをプレイしてみてはいかがでしょうか。

>>オンライン麻雀Maru-Jan をプレイする!