2-1.麻雀本・漫画

麻雀が仕事!プロと社長のビジネスマインドの1冊

8月1日は牌の日ですね。転じて麻雀の記念日でもあるこの日に、サイバーエージェントの藤田普社長の初の麻雀本が発売されました。

タイトルは『仕事が麻雀で麻雀が仕事』。

藤田社長はこれまでも、ビジネス寄りの著作は多数出版していますが、麻雀本はこれが初めて。

はたしてどんな内容なのか。

さっそく読んでみました。

\最新ニュース/
  • 2020年6月15日(月)〜Mリーグファイナルシーズン開催中!3 日以上前の対局を見たい場合はABEMA
  • 点数表示付き全自動卓「アモスJP-EX」が7/31まで¥23,000オフセール!ボーナスが出たら即購入だー!
  • 2019〜2020年発売!全自動麻雀卓の最新動向をまとめました!おすすめ5選徹底比較です!

麻雀が仕事で仕事が麻雀の内容

このタイトルのビジネス書+麻雀戦術本感の通り、内容も仕事と麻雀を絡めたものが多かったです。

まず初めの「ハーバード大の社長と、学歴は大したことないがやたら勝負強い社長では、どちらが嫌か」という話から始まり、麻雀やビジネスの現場でタフな戦いができるようになるには、どのようなマインドでいればいいか、とか、どういった物事の捉え方をすればいいか、などの実践的な内容が語られます。

社長の話では、学歴のある社長より、なぜか勝負強い社長のほうが手ごわいし、投資先としても適切だと著者は言っています。

麻雀でも、打ち筋がセオリー通りうまいわけではないけど、妙に強い人っているのでそういう感じなのかなと思いました。

あと、「麻雀を打つ前は、絶好調の自分や絶不調の自分ではなく、普通くらいの調子の自分を想定していくといい」と書かれていて、最近考えていたことだったので確かにそうだなーと思いました。

挿絵と麻雀プロのプロフィールがいい味出してる

個人的におもしろかったのは、本書の構成です。

本書では、本文のほかに、ページの左上にプロの写真と簡単なプロフィール、左下にちょっとした挿絵が書かれています。

プロの言葉や著作からの引用も多く、本書を読めば麻雀プロについても一通り勉強できるのが嬉しいところ。

また、左下の絵も面白いです。内容が割とビジネス書寄りのしっかりしたこと言ってるのに、左下だけ別世界なのがギャップがあっていいです。

挿絵の例を挙げると、例えばサメとクマとオオカミと同卓した村上プロが、「プロは食えないやつなんだ」と言って、タバコふかしたクマが、「へー、じゃあ誰は食えるのー?」と答えている、とかそんなぬるい感じの雰囲気。

藤田氏は自身もmondo杯で優勝するほどの麻雀好きで、個人的に関わりのあるプロも多いみたいです。

終わりに

黒いデジタルの結婚というコラムが個人的にはなんかツボに入りました。

麻雀好きでビジネス書とかも読む人ならばっちり学べて楽しめると思います。

オススメ。

P.S.ちなみに自分は本書を読んで藤田社長が雀鬼会に入っていた時期があったというのを初めて知りました。


楽天:仕事が麻雀で麻雀が仕事/藤田晋【1000円以上送料無料】
Amazon:仕事が麻雀で麻雀が仕事 (近代麻雀戦術シリーズ)

麻雀本を安く読むにはKindleUnlimitedがおすすめ!

麻雀の技術を飛躍的に向上させることのできる「麻雀戦術書」

しかし、戦術書は1冊1500円くらいが新刊の相場で、何故か古本になってもなかなか値が下がらないのが特徴なんです。

対して、KindleUnlimitedだと新刊本でもいきなり0円みたいなこともざらにあります。

そして対象の麻雀本の数も、漫画・戦術書込みで計500冊くらいはあります!

つまり麻雀戦術書をできるだけ安く、たくさん読むにはKindleUnlimitedがおすすめなんです。

kindle-unlimited

◆ KindleUnlimitedとは?

Amazonが提供する電子書籍サービス。月額980円で対象本10万冊が読み放題!専用端末なしでもOKです。

さらに30日までは無料トライアル実施中!1ヶ月からでも試せます。

1日麻雀を打つよりも1ヶ月戦術本を読みまくる方が勉強になります。
強くなりたい人はKindleUnlimitedをぜひどうぞ!