2-2.ゲーム・アプリ

雀魂がeSports化するらしいんだ!でもユーザー人口100万人突破はマジらしい!

雀魂がe-sports化するのでは??という噂で麻雀界がにぎわっています。

え、マジで??と思いつつ、そういえば確かに最近プロがこぞって雀魂を始めたりしていたのもあり強ち否定もしきれない。

噂の出どころはどこなのか。e-sports化するとしたらどんな感じなのか、などを調べてきました。

広告

雀魂e-sports化の噂の出どころと思われる公式発表

esports_game_taikai

まずは噂の出どころですが、おそらくこれかな、、というのが雀魂を運営する株式会社Yostarのこちらの発表。

ざっくりまとめると、イメージを損なわなければ

  • ゲーム実況
  • 二次創作

をしてもいいよーという発表です。

詳しい話は以下。

このような公式発表がなされるということはe-sports化の話があるのでは??という憶測が噂を読んでいるものと思われます。

ちなみに王の間、王座の間においては5分間おいてからの配信を行わなくてはなりません。

これは天鳳とかと同じですね!

やっちゃいけないことの「当社のイメージを損なうこと」がやや曖昧ですが、実況配信をする分には問題なしとの公式見解が出たのでさらに人気が出るかもですね。

追記:2020年11月23日に咲コラボでV-tuberの公式大会とかもやるそうです。

詳細↓

雀魂って実際人気出てるの??V-tuber界隈でめっちゃ流行りです。

suzumetamashii-top

という若干e-sports化するかどうかは微妙なままで終わってしまったんですが、これであってるんだろうか??

それともなんかクローズな情報がプロ麻雀界とかで流れているのか。

その辺はよくわからないですが、雀魂は実際いま飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びています

売り上げが1月(ひとつき)で2億という話も↓

当サイトのアクセスでも2020年4月ごろから雀魂関連記事のアクセスが増えていますし、V-tuberを中心にかなりの配信者が参入しています。

ユーザー数は100万人を突破したとのこと↓

100man-user

また、麻雀ゲームの中で世界展開がうまくいっているゲームとしても雀魂は特徴的です。

段位が上がるまでは世界共通のサーバーにアクセスすることになり、実は知らぬ間にグローバルな対戦を行っていることになります。

あとこれはどこまで影響があるかは不明ですが、FF14も世界的に有名なゲームでそこでも麻雀があります。

そのため、YoutubeなどでFF14の麻雀動画に世界的な人気が集まっています。

domapai
FF14のドマ式麻雀とは何か?麻雀牌も発売されるので買える場所もまとめた!FF14のゲーム内でプレイできるドマ式麻雀について解説していきます。 2020年3月に麻雀牌も発売されました! 【FF1...

そんな感じで日本式麻雀への注目は日に日に高まっている状況と言えるので麻雀のe-sports化は今でなくても今後は十分あり得るかなと思います。

e-sportsというと、実力主義で運の要素が低いものだけ!というイメージの人も多いかもですが、わりと序盤が群雄割拠で運ゲーになりやすいFortnaightなどもe-sports化しておりその限りではありません。

たkる
たkる
とはいえ、過去には将棋や囲碁などのマインドスポーツの仲間入りすべくデュプリケート麻雀というのが海外で開発されたりもしている

いずれにしても雀魂がe-sportsになれば麻雀界は発展すること間違いなしなので期待して待つことにします。

ちなみに自分はたまたま最近雀魂を再開していたのでこのまま続けてみることにしました。

どこかの卓であったらよろしくお願いいたします。

以上です、よい麻雀ライフを!

たkる
たkる
ちなみに雀魂は咲コラボも発表されておりそっちも気になる。
雀魂グッズのおすすめまとめ!キャラなりきりコスプレなど!オンライン対戦麻雀「雀魂」のグッズのおすすめを紹介していきます。 実は、コスプレグッズとか一姫Tシャツとかいろいろでてるんです。 ...
saki-jyantama-colabo
咲saki×雀魂コラボ「雀魂バーチャルインターハイ」開催!アニメ化、漫画化、グッズ、VRもあるか? 本記事では雀魂×咲コラボについて解説していきます。2020年11月23日現在の情報では 11/23に「バーチャルインタ...
雀魂で銀の間「雀士」へ最速で昇段するコツ!かかった対局数は20戦でした。雀魂というゲームを最近コツコツとプレイしているたkるです。 いまいちまだ勝手が掴めていないんですが、なんとか一番下の卓(銅の間)を...
天鳳ユーザーが雀魂(じゃんたま)をプレイした感想と違いまとめ【修正版】2019年5月に新たにサービスインされた「雀魂(じゃんたま)」というオンライン麻雀ゲームがあります。 遅ればせながらプレイしてみた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です