麻雀本

『傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考』とは?正直その発想はなかったわ

近代麻雀で連載中のコラム『傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考』というのが面白かったので、それを紹介していこうかなと思います。

傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考とは?

『傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考』とは何かという話から始めていきます。

近代麻雀で連載中の麻雀戦術のコラムで、内容はけっこう真面目です。

書き手は『ゼロ秒思考の麻雀』などで有名なZEROさん。天鳳の強者ですね

コンセプトは、漫画『むこうぶち』の主人公?の傀さんの打ち筋から学びを得ようというもの。

むこうぶちは確かに打牌描写がかなり良くできた漫画ではありますが、正直、傀さんだけはいつも牌効率とか確率の外側にいる印象があるので、ちゃんと学びを得られるんだろうか・・・とも思っていました。

 

傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考の読みどころ

ただ実際にコラムを読んでみると、着目しているのは『むこうぶち』の読みどころとなっている傀さんの意味不明な打牌ではなくて、その前段階とかで「300-500」とかをサラっと和了するときの捨て牌とかそういうところ。

そっちかよ!正直その発想はなかった!

という感じなんですが、『むこうぶち』ってそういうメインじゃない捨て牌もきっちり作ってあるみたいで、意外とコラムは実践的。

タンヤオに向かいやすいようにする牌の残し方とか、そういう話が知ることができます。

と同時に

「着眼点そこ!?」

という驚きと

「・・・むこうぶちってマジで作り込まれてんな」

という驚きを得ることができるのも魅力です。

『傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考』の出版は2018年12月予定

で、この『傀に学ぶ! 麻雀強者の0秒思考』というコラムなんですが、実はすでに出版が決まっているみたいです。

時期は2018年12月15日とのことで、見逃した回がある人はそこで挽回可能です。

 

終わりに

自分も漫画『むこうぶち』は結構好きでわりと読みこんでいたつもりでしたが、何気ない手の捨て牌というコンセプトはノーマークでした。

ゼロさんもかなりの『むこうぶち』マニアですね。

むこうぶち力に自信のある人は、自身の記憶を試す意味でぜひ読んでみてはいかがでしょうか。