春夏秋冬に合わせ季節感のある牌を使うのもまた乙なものなり

麻雀ではまだツモられていない裏向きになった牌の塊のことを「山」といいます。

つまり麻雀牌はある意味、山を作るためのアイテムと言えますね。

となれば、やはり四季折々の山の色に合わせた背の色の牌を使うのが日本人として粋なのではないだろうか。

ふいにそう思ったら、むしょうに春夏秋冬のオススメの牌をまとめたくなったので、以下にまとめました。

完全に勢いだけで書き始めたのですが、山の写真と照らし合わせると、意外にも結構それっぽくなりました。

麻雀牌の季節牌について

季節ごとのオススメ牌に入る前に、シーズンついでに麻雀牌にある意味不明な春、夏、秋、冬と書かれたパイの意味を説明しておこうかなと思います。

あれは季節牌(キセツハイ)と呼ばれるもので、一般的な日本の麻雀ルールでは使用されません。

じゃあ、何であるんだといわれたら、所説あります。

例えば、麻雀ケースの都合上4ケースに効率よく入れるためには136牌よりも赤牌4枚と季節牌4枚を加えた144牌のほうが都合がよいという説とか、季節牌ありルールを楽しみたい人向けに入っているとか、1牌なくしたときのスペア牌として、とかです。

季節牌の使い方

季節牌を使うルールでの使い方としては、サンマにおける抜きドラの北のような感じで、手牌にきたら抜いてドラにするというのが一般的です。

サンマの北と違うのは、季節牌は春夏秋冬それぞれ1枚ずつしかないので手役に組み込むことができないという点です。

もしもドラが季節牌となってしまった場合は、ほかの季節牌がドラ2役分になるルールがあるみたいですね。

あと、実際にやってみるとわかるのですが、季節牌を入れるとそれぞれが積むべき山が奇数になるのでちょっとだけ見栄えが悪いです。(2人が18牌つめばいいだけですが)

他には中国式麻雀では、季節牌と、あと松竹梅菊と書かれた花牌と呼ばれる牌がルール上組み込まれています。使い方は日本のローカルルールと大体同じです。

なので季節牌を入れて、赤牌4枚を花牌として使えば、日本の牌でも中国式麻雀をすることはいちおう可能です。

各シーズンに最適なおすすめ牌

では、ここからは 春、夏、秋、冬というそれぞれの季節におすすめな麻雀牌を紹介していきます。

春のおすすめ牌

春はあけぼの。と枕草子では語られていますが、実際、若葉の芽吹く、黄緑色こそいとおかし(趣がある)。

イメージとしてはこんな感じの若葉が山を多い、桜が咲いているようなパステルカラーな感じ。

で、この春の山のイメージに合うオススメ牌はこちら↓


選べるカラー シンプルなマージャンパイ 麻雀牌 女性向けにピンクも (グリーン)

春から心機一転麻雀を始めてみようかなという初心者を出迎えるときなどに、この若葉牌を使ってみてはいかがでしょうか。

サイズも小さめで初心者向けです。

◆春のお花見に関するおすすめ記事

花見の場所取りで麻雀をして暇つぶしをするコツそろそろ花見の季節ですね。 花見というとセットになるのが場所取りです。 新入社員や下級生など下っ端は、場所取りに駆り出されがちに...

夏のおすすめ牌

夏は夜がよいですね。夏の夜は夏の大三角形など星座がよく見えますし、月夜はよいものです。

また闇夜であっても、田舎では蛍が飛んでいたりする夜というのも、またオシャレ。

イメージとしてはこんな感じの月が輝き星が良く見えるようなミッドナイト。

こんな夏のイメージに合うオススメの牌は以下の2つです。

まずは、前身真っ黒な黒牌の中でも最高級なこちらの一品。
「麻雀牌 月」という名前の通り、黒い山に対し、蛍光色の牌の表面が、まるで月に照らされた河のようにキレイなのが魅力です。

黒牌の中では最も本格的で、カッコいいだけでなく実用性が高い牌としても知られています。


楽天:【送料無料!高級麻雀牌販売】オール黒牌 麻雀牌 月(つき)

もう一つは、星座をテーマにしたGALAXY牌。

背面は濃いめの青色で、夏の空の宇宙のような色合いです。牌はピンズが惑星、ソウズは星座、萬子、字牌は天体記号、宇宙記号となっており、卓全体がプラネタリウムのような世界観を作り出すことができます。

まさに夏の夜にうってつけな牌。
野外でのキャンプなどで満天の星空の下で行うのもオススメです。


Amazon:麻雀牌 GALAXY牌

◆夏の脱衣マージャンに関する記事

脱衣麻雀文化研究概論にみる歴史と文化そしてノウハウ麻雀の入り口はいくつかあります。 例えば友人に誘われて、あるいはネット麻雀から始める人、ボードゲームから派生して麻雀を始める人、会...

秋の牌おすすめ

秋は夕暮れがよいと、清少納言は言っていますが、やはり秋は、昼でも夕方でも、山が紅葉で色とりどりに染まるのを見るのがいいですね。

イメージとしてはこんな感じでしょうか。

そんな秋にオススメなのが、こちらの牌です。
結構スタンダードな牌ではありますが、秋に打つと季節感があってまたよいかなと思います。

銀杏並木の下などで、その黄色な世界観にマッチした牌で麻雀を打つのがオススメです。


麻雀牌 水仙 + ライトマット ◎ 高級麻雀牌【水仙】と麻雀マット(LIGHTMAT)のセット

◆秋のサンマに関する関連記事

サンマ好きならこれを読め!オススメの3人麻雀戦術本のまとめ意外と知られていないけど実は存在している「サンマ本」のオススメを紹介していきます。 三人麻雀を効率よく上達したい人は参考にしていた...

冬のおすすめ牌

冬はつとめて。昨晩の雪が止み、晴れて貼るけれどキーンと冷えた早朝の雪景色などはテンション上がりますね。特に雪で休校になったりするとさらにテンション上がった記憶があります(笑)

イメージとしてはこんな感じ。雪が積もってはいるけど、いい天気でつい犬が外に出たがるような天気が最高です。

そんな冬にオススメの牌はこちら。

ハローキティ麻雀牌です。


ハローキティ麻雀牌

この牌では、牌の表面は雪が積もったような白色で余白が多めの模様で冬っぽさがある一方で、背面はややピンクがかった色合いで、日差しのような温かさをイメージさせてくれるので、雪の翌日の晴れの景色にぴったりです。

コタツでぬくぬく麻雀を打つのにオススメです。

◆冬のこたつ麻雀の関連記事

ドンキは麻雀マットが弱い!こたつを雀卓に変える天板でぬくぬく麻雀自宅で手積み麻雀を打つ場合、麻雀マットが必要です。 麻雀マットがないと机が傷だらけになってしまいます。 先日ドンキホーテに友人と...

終わりに

春夏秋冬のオススメ牌をまとめましたがいかがだったでしょうか。

正直、個人的には写真とのマッチング度がわりと高いのではないかなと思っています。

友人が家に遊びに来たときなどに、なぜか牌を4つもっていて、季節に合わせて使い分けているといったら、なんか遊びがわかっている雅な人みたいな感じで一目置かれること間違いなし。

かもしれませんね。

ぜひ、季節感のある旬な牌を用意して、粋な麻雀を打っていきましょう。

◆関連記事

麻雀牌の方角の読み方の理由!なぜ東西南北ではないのか麻雀をプレイする人にとってはおなじみですが、それ以外の人から見ると奇妙に見える点というのがいくつかあります。 そのうちの一つが、「...
日常的な麻雀用語チョンボの意味を一般人にもわかる形で説明する試み麻雀用語の中には、日常で普通に使われるものも結構あります。 ワンチャン(ワンチャンスの略)とか、テンパる(聴牌するの略)とか、断ト...
麻雀におけるメンバーとメンツの意味の違い麻雀ではメンツとか、メンバーという言葉が飛び交います。 初めて雀荘に行った人などはかなり混乱することかなと思います。 そこで...