ゲーム・アプリ

雀魂「最初の魂天」プレイヤーハピリットとは?その打ち筋を解説

2019年5月にリリースされたオンライン麻雀ゲーム「雀魂」

リリースされて数ヶ月の2019年7月、早くも最高段位「魂天」に到達した最初のプレイヤーが登場したとのことで情報を紹介していきます。

ハピリットというプレイヤーのようです。

「最初の魂天・ハピリット」とは何者なのか?

まずはハピリットとはどんなプレイヤーなのかを簡単に紹介していきます。

雀魂では、上位プレイヤーの成績とか一覧情報を見ることができるので確認してみたところ、こんなプレイヤーであるようです。

使用キャラは、マスクをしていますが、多分四宮夏生です。

本人ツイッターはこちら。

天鳳においても、四麻八段、三麻九段経験という高段位プレイヤーのようですね。

で、雀魂でもその力を発揮し、すぐさま魂天へ!

雀魂のサンマもプレイ中の模様!

ちなみに最初に魂天に到達したことで、公式から特別な称号「最初の魂天」をもらったそうです。

天鳳は称号制度がないですが、雀魂は対戦時に称号とか出るので、いい感じですね。

ハピリットさんの打ち筋と成績について

では、続きまして、ハピリットさんの成績をみていきましょう。

2019年7月28日現在では、東風戦を165戦、東南戦を941戦の計1200戦くらいを打っていますが、その成績については驚異的です。

東風戦、半荘戦問わず、トップ率はなんと30%オーバーラス率はわずか16%程度しかありません。

副露率は34%くらいで、まあオーソドックスな範囲かなと思います。

平均打点もそこまで高くはなく、むしろ放銃率の11%台というのが非常に低いので、守備的な選手なのかなと予測。

実際に打ったことはないんですが、多分オーソドックスに強いタイプかなと。

P.S.参考にMリーグの平均打点を見ていたら、だいたいみんな6000点オーバーとかでびっくり。そんなに平均打点高いの!?

終わりに

簡単にハピリットさんについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

今後はじわじわと魂天のプレイヤーが増えるかもですが、最初の魂天の称号はヨンマではハピリットさんだけに与えられた称号となります。

対戦で当たったときは気圧されないように気をつけましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

雀魂で銀の間「雀士」へ最速で昇段するコツ!かかった対局数は20戦でした。雀魂というゲームを最近コツコツとプレイしているたkるです。 いまいちまだ勝手が掴めていないんですが、なんとか一番下の卓(銅の間)を...
天鳳ユーザーが雀魂(じゃんたま)をプレイした感想と違いまとめ【修正版】2019年5月に新たにサービスインされた「雀魂(じゃんたま)」というオンライン麻雀ゲームがあります。 遅ればせながらプレイしてみた...