麻雀牌の選び方大全【価格別おすすめ牌あり】

「麻雀牌を買おうと思ったはいいがどれを買えばいいのかわからない、ポイントを教えてほしい」という人は意外と多いのではないでしょうか。

そこで、麻雀牌の材質の違い、買える場所から選び方、ネタ牌とオーソドックス牌の違いやサイズの違い、メンテナンスの方法など、麻雀牌についてのノウハウを以下にまとめました。

また、併せて、10000円以上、5000円程度、3000円程度という3つの価格帯での「予算別のオススメの麻雀牌」についても紹介していきます。

では始めていきます。よろしくお願いいたします。

動画版も作りました!

麻雀牌とは何か(枚数、材質の話)

majyanpai-gaiyo

まずは麻雀牌とは何か、という話からスタートしていきます。

これは当然っちゃ当然ですが、麻雀というボードゲームをプレイするための道具となります。

この項では、麻雀牌の枚数、材質、サイズなどについて紹介していきます。

麻雀牌の選び方のポイントについては後述しているのでよかったら参考にしてください。

麻雀牌の枚数

まずは枚数についての話です。

日本式の麻雀牌は、34種類の牌がそれぞれ4種ずつあり、計136牌で構成されています。

ちなみに、日本式と書いたのは国によって枚数が違うからで、中国麻雀では花牌が加わり144牌、アメリカ麻雀ではジョーカー牌などが加わり、166牌となります。

日本でも、麻雀に似たゲームとされるドンジャラは81牌が基本ですのでドンジャラの牌で麻雀を打つことはできません。(大寿司というドンジャラと麻雀牌が両方打てる牌もある)

いちおう日本式の麻雀で使用する牌を全てあげると以下の通り。(赤牌はオプションです)

麻雀牌の材質

続いて麻雀牌の材質についてです。

麻雀牌の材質としては、樹脂製のもの、竹製のもの、象牙や牛骨をつかったものがありますが、市販されているものは基本的にはユリア樹脂やアクリル樹脂製が多いです。

アクリル樹脂製牌

アクリル樹脂製の特徴としては、値段が安く、様々な色に加工しやすいメリットがありますが、独特のにおいとべたつきがあるのと衝撃に弱く壊れやすいというデメリットもあります。

透明なワシズ牌などはアクリル樹脂製が多いです。

 

ユリア樹脂製の牌

ユリア樹脂製は、重量感があってしっかりしていて匂いもあまりないですが、牌は均一な感じで面白味がある牌は少ないです。初心者で初めての牌に迷ったらユリア樹脂製を買っておけばまあ間違いないかなと思います。

 

竹牌

竹牌は現在では製造量があまり多くなく、主にオークションやリサイクルショップなどで中古品を購入することで手に入れることができます。

牌の背の部分が竹でできており、手に吸い付くような独特の手触りが特徴です。基本的に小さめの牌が多く、扱いやすいのも魅力です。

ただし竹牌に関しては湿気に弱く、ジメジメした場所に放置するとカビが生えてしまう恐れもあるので管理には注意が必要です。

象牙牌・牛骨牌

象牙牌は、まず前提としてワシントン条約により現在では国内への輸入が禁じられております。

なので象牙牌は、輸入が禁止される以前に輸入された牌のみが細々と流通しているような状況で、オークションなどでごく稀に見つけることができるのみの、かなりレアな牌です。

ちなみに、象牙牌といわれている牌の大半は牛骨牌であるとも言われており、高い金を出しても偽物をつかまされることもあるみたいなので注意が必要です。

余談ですが、マンモスの牙は取引が規制されていないのでマンモス牙牌を作ることは可能!

その他の材質

その他の材質としては、記念品として有田焼(陶器)でできた麻雀牌や、老人ホームでの交流用に作られた木の大型牌、あるいは紙で作られたカード麻雀牌などがあります。

スポンジや段ボールで牌を自作する大学生なども出てきているそうです。

まあ極論では、均一な136枚が用意できればなんでも牌にすることができます。

あとは変わり種で再生ペットボトルで作られた牌などもありましたが、現在では生産終了。

麻雀牌のサイズ

麻雀牌のサイズは手積み用の牌では高さ26mmが一般的です。
ただ、全自動卓用の牌はそれよりも大きく28mm程度になります。

なので普段から全自動卓で打ちなれている人は一般の手積み牌だと少し小さく感じるかもしれません。

このサイズ感はあくまで一般論で、それよりも大きな牌もあれば小さな牌もあります。

一般に小さい牌のほうが値段が安く、大きくなるにつれて高くなる傾向があります。

例えばドンキホーテでは、牌のサイズが一回り大きくなると1000円ずつ値段が高くなっていきます

牌の扱いやすさでいうと、少し小さめの22~25mmくらいが初心者でも扱いやすいサイズ感です。(それより小さいと逆に持ちづらく、大きくても積むときに崩しやすい)

麻雀牌をサイズ別にお探しの際は以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

大きい牌

大きな牌としてはアメリカや中国の牌は非常に大きく、最大で高さ42mmの牌を確認できています。

詳細は以下の記事に書いていますので、興味のある方は参考にしていただきたいのですが、42mmというと28mmの1.5倍あり、これはむちゃくちゃデカいです。

日本の牌だと富士3Lスーパージャンボ牌が高さ36mmで最大だといわれています。


高級麻雀牌 富士 3L スーパージャンボサイズ牌 日本娯楽

このサイズ感になってくると持った時にずっしり重いです。普段からこのデカ牌で慣れておけば全自動卓の牌すらも小さく見えるようになります。

小さめの牌

逆に、小さめの牌としては、持ち運びに便利であり子供でもプレイしやすいなどの利点があり、結構色々出ています。

最小で高さ10mm程度のものまであります。

正直小さい牌は扱いづらいですが、旅行先などで麻雀をしたいときなどは小さめの牌があると便利です。小さめの牌はケースがマットになるタイプのモノも多く、マットを別で用意しなくてもよいものが多いのも魅力です。

麻雀牌が買える場所について

麻雀牌を買える場所は主に以下の3つに体分されます。
それはドン・キホーテ、Amazon、リサイクルショップです。

それぞれのメリットデメリットの違いについては以下のような感じです。

  • 価格(安い順番):リサイクルショップ>Amazon>ドンキ
  • 種類の豊富さ:Amazon>リサイクルショップ>ドンキ
  • 品質:ンキ>Amazon>リサイクルショップ
  • 手に入るまでの速さ:ドンキ>リサイクルショップ>Amazon

ドンキはそれなりの牌が手軽に手に入ることが利点ですが値段はやや割高、Amazon(などのネットショップ)は比較的安価で牌が手に入り種類も豊富ですが、試し打ちができないのでミスマッチが起こりやすい、また届くまでに時間がかかります。

リサイクルショップは、非常に安価で牌を手に入れることができますが、ヒビ牌や欠け牌などの不良品を掴みやすいので注意が必要。また品ぞろえが店ごとに違うため、行ってみたら目当ての牌がないこともあります。

個人的には、友人宅で質感を確かめて同じものをネットで購入するのがオススメ

それぞれの場所でのノウハウについては以下の記事にまとめました。

麻雀牌の値段について

麻雀牌の値段についてはピンキリで、1000円くらいで買える安価なものから数万円する高価なものまで様々です。

実用性を無視した記念品用途の牌では数百万円するものもあります。

値段と品質の関係ですが、牌の値段が5000円くらいのものであれば、まあ麻雀を打つうえでストレスがないレベルのモノを手に入れることができます。

それ以上の値段は牌の塗りがキレイとか、装飾のついた牌であるとか、竹牌や象牙牌など材質にこだわっているといった装飾的な要素がプラスされていきます。

逆に、1000円~2000円くらいの牌だと、牌のサイズが極端に小さかったり、へんなにおいがしたりすることもあるので注意が必要です。

また麻雀牌の予算は、麻雀牌+マットで計算する必要があります。牌だけあってもマットがないと麻雀は打てません

なのでもし麻雀をスタートするときの予算を1万円で考えていたら、牌に8000円、マットに2000円といった感じで割り振っていくことが重要です。牌とマットがセットになって7000円とかで売られていることもあるので、面倒な人はセットで買ってしまうのもオススメ。

麻雀マットの選び方はこちら

めんどうくさがちな人にオススメなマット+牌セット

以下に高めと安めの値段別のオススメ牌の記事をまとめましたので参考にしていただければ幸いです。

◆参考記事

1万円以上のお値段の高級麻雀牌まとめ!【本気の人向け】

麻雀牌を1000円から3000円くらいの値段で購入する方法

変わり種麻雀牌の種類について

続いては牌の種類についてです。麻雀牌には大きく分けてオーソドックスな牌とネタ牌があります。

オーソドックス牌は基本的には背面が緑か青か黄色で、無駄な装飾とかはあまりついていません。機能性を重視した競技用の麻雀牌です。

 

一方で変わり種の牌、いわゆるネタ牌は、牌の一部が透明なワシズ牌全身真っ白(真っ黒)な牌盲牌できない牌キャラ物の牌などがあり、本来の麻雀というゲーム以外にも楽しみ方があるのが特徴です。

例えばアメリカ麻雀のイエローマウンテン製の牌などは背面にホトトギスや金魚などが描かれていて、非常にきれいです。芸術性を求める人はぜひ調べてみてください。


[イエローマウンテンインポート]Yellow Mountain Imports American Mahjong Set of 166 Tiles Little Bird US-AT021-C [並行輸入品]

あとは、カードタイプの麻雀牌があったり、ドンジャラと麻雀を両方楽しめるタイプのものもあったりします。

 

オーソドックス牌とネタ牌、どちらを買うべきかという質問をよく受けますが、個人的には、両方持っておくとよいのかなと思います。

普段用のしっかりしたオーソドックス牌と飽きてきたときなどに使う面白いネタ牌の両方があると、あなたの家の麻雀卓としての価値は高まります。

初心者はまずはオーソドックスな麻雀牌を買い、慣れてきたら気に入ったネタ牌を購入するというステップアップがオススメです。

変わった牌や強みのハッキリした牌が欲しいという方は、以下にオススメをまとめているので、よければ参考にしてください。

麻雀牌の選び方

ここまで、麻雀牌について知っておくべき基礎知識をまとめてきました。

で、実際に購入しようという場合は、素材、値段、大きさなどのパラメーターを加味して最適なものをチョイスしていく必要があります。

竹牌や象牙牌へのこだわりはあるか、オーソドックス系か変わり種か、サイズは大きめと小さめどちらがよいか、色は何色がよいか、など麻雀牌を選ぶ上で決めるべき各項目の選択肢については、以下の記事に詳しくまとめています。

きっちり選んでいきたい人はそちらを参照していただければ幸いです。

本記事では、そこまで厳密に決めるのは面倒だから、大まかな価格帯ごとのオススメを教えてほしいという人向けに、以下で価格別オススメ牌を紹介していこうと思います。

価格別オススメ麻雀牌

では、以下では実際に自分が考えるオススメの麻雀牌を紹介していきたいと思います。

麻雀牌を選ぶ上でなんだかんだで一番気になるのはやはり予算ですね。

とはいえ、そりゃあ価格が高いほうが高品質というのは道理ですので、価格帯別にコスパのよいオススメ麻雀牌を紹介していきます。

1万円以上の部のオススメ麻雀牌

1万円以上の高級麻雀牌として個人的にオススメなのは、以下の2つです。

任天堂の麻雀牌「鳳凰」

まずは任天堂の麻雀牌「鳳凰」です。

majyanpai-houou

「なぜTVゲームの任天堂が麻雀牌を?」と思う方もいるかもしれませんが、任天堂はもともとは花札屋で、トランプやボードゲームにおいてもベテランです。

この麻雀牌「鳳凰」でもユリア樹脂を使って竹の目模様を再現していたり、5ピンをさりげなくターゲットを壊せのような模様にしていたり、イーピンに任天堂タートルがなっていたりといろいろと趣向を凝らしてあります

希望販売価格は19440円と決して安くはありませんが、ほかにはない出来栄えなので予算に余裕のある人はぜひ検討してみてほしい一品です。

 

市川屋のギャラクシー麻雀牌

続いては高級麻雀牌の製造・販売で有名な市川屋のギャラクシー麻雀牌です。


Amazon:麻雀牌 GALAXY牌

この牌では各牌の模様が筒子は惑星、ソウズは星座、萬子は惑星記号というように宇宙仕様になっています。

この牌で打つと、異世界で麻雀を打っているような感覚に陥ることができます。

オススメは部屋を暗くして卓の部分だけをライトアップして打つこと。
そうすると、さらに宇宙で麻雀を打っているような感覚を味わうことができます。

市川屋は他にも全牌モノトーン色な「山水」とかパステルカラーの「杏仁」とか、面白くて実用性も高い牌が色々あるので高級変わり種志向の方はぜひ以下の記事を参照ください。

3000円以上の部のオススメ中級麻雀牌

続いて3000円から10000円の中流麻雀牌のオススメを紹介します。

3000円から10000円の範囲であれば、品質はそこそこよくて、そのうえでプラスアルファがある牌が良い牌になります。

個人的にオススメなのはドンキホーテで買える牌です。

なぜドンキ牌がオススメなのか

donki-majyanpai-matome

なぜドンキに売っている牌がいいのかというと補充が効きやすいから。
ドンキでは牌のばら売りをしている店舗もあり、牌のリニューアルに併せて1牌あたり20円とかで売られています。

なのでもし1牌だけなくしてしまったような場合でも、バラ牌をかって補充ということがしやすいのがドンキ牌の利点です。

では、実際の牌を見ていきましょう。

例えばこちらのマーテルは、牌サイズ28mmと全自動卓サイズですが値段は6000円程度と安価ですし、500点棒が導入されているのも地味に嬉しいところ。


麻雀牌マーテル 牌サイズ 28 mm【500点棒8本 + 8段100枚綴り得点記録帳1冊付】

一つ前のバージョンになる麻雀牌「竹」や「水仙」であればより安く3000円くらいで手に入れることも可能ですが、500点棒がついてなので、そこはコストと便利さの兼ね合いかなと思います。


本格的麻雀牌 高級重量麻雀牌【竹】 プロ仕様

他にも、2019年現在ドンキに現役で売られている牌としては、山、海、空シリーズなどもあり、こちらは山、海、空の順でサイズが大きくなっていきます。

3000円以下の部の激安オススメ麻雀牌

majyanpai-hurusatonouzei

続いては、3000円以下の激安牌の部に移っていきます。

3000円以下の部でオススメの麻雀牌はMONSTERです。

楽天:【ふるさと納税】麻雀牌『MONSTER』
Amazon:AMOS 麻雀牌 モンスター カラー(牌の背):イエロー

3000円以下の牌は結構、品質がアクロバットな牌が多い中、しっかりした品質を保っている点が非常に評価できます。価格は2000円程度。

流石は日本一の麻雀牌メーカー大洋化学!

ちなみにこの麻雀牌モンスターは、和歌山県御坊市のふるさと納税のお礼の品としても挙げられており、寄付金1万円以上することで、実質負担2000円の手数料のみで手に入れることも可能です。

まあとはいえ、普通に買っても2000円くらいなのでどっちでも同じですね。

和歌山県御坊市は他にも麻雀卓JUNROADなどもお礼の品で出していて、こっちは定価2万円くらいなので、実質負担2000円だとかなりお得!

麻雀牌の保管とメンテナンス

最後に麻雀牌の保管方法とメンテナンスについてお話しします。

麻雀牌の保管について

まず麻雀牌の保管について、避けるべきは急激な温度変化です。

樹脂製の牌の場合、内部に重りとして金属が入っていることが多いです。そのため急激な温度変化があると樹脂と金属の膨張率の違いにより牌にヒビが入ったり、最悪の場合割れてしまう恐れがあります。

実際、寒暖差の激しい北海道の雀荘などでは、営業時間が終わると牌を一度取り出して、木箱にいれて毛布にくるんで保管するそうです。

あとは、素材の項でも軽く書きましたが、竹牌は湿気に弱かったりもするのでジメジメした場所に置かないように気を付けましょう。

麻雀牌のメンテナンス

麻雀牌を一日使うと指の油でテカテカになってしまうものです。

なので、牌を使った後は牌をきれいにする必要があります。

牌のメンテナンスの方法としては、基本は拭き掃除になります。

やり方としては、濡れたタオルで表面をふき汚れを落とした後で、そのあとで乾いたタオルで水分を拭き取ります。雀荘などでよくメンバーが高速で拭き掃除をしているときがあるので、詳しいやり方はそれを参照してください。

水拭きでは落としにくい頑固な汚れは、麻雀牌専用の洗剤「雀フレッシュ」をつけて落とすのもオススメです。

また、キレイに拭き取った後は「雀パイ・スベール・スプレー」というアイテムを使い、麻雀牌に薄い皮膜でコーティングし、汚れがつきにくくすると完璧です。

強打は牌を傷める

また牌を長持ちさせるためのコツとして、強打を避けるということも重要です。

強打をすると牌にひびが入り、ガン牌の原因となったり、最悪の場合割れてしまいます。牌は一つなくなると補充が面倒なのでなるべく丁寧に使いましょう。

特にアクリル樹脂製の牌などは衝撃に弱いので、強打するとぱっくり割れてしまうこともあります。

あと、牌に過度な衝撃を与えないという点で、麻雀マットを用いるというのも重要です。たまに、リバーシブルのこたつなどで「こっちの面は傷ついてもいいから」といってマットを敷かずに対局をしている人がいますが、そうすると牌は固い机面にたたきつけられることになり、机だけでなく牌にも傷がつきやすくなります。

まとめ

麻雀牌についてのノウハウまとめいかがだったでしょうか。

麻雀牌は買おうと思ったらどこに売ってるのかわからない系アイテムで、意外と最初は入手に苦労するのかなと思います。

しかも麻雀牌は買うときより捨てるときのほうが大変で、なにもなければ一生使えるものなので、ミスはしたくないですね。

麻雀牌の基礎をしっかり押さえて満足度の高い麻雀牌購入をしていきましょう!