麻雀本

麻雀格闘倶楽部本についての書評

麻雀格闘倶楽部の本が出版されたということで読んでみました。

『麻雀格闘倶楽部で覚える 超実践型 最強の打ち方』というタイトルです。

何切るのパクリ騒動とかいろいろあったみたいですが、内容はどうなのか。

以下に感想を書いていこうかなと思います。

一貫性のなさを感じた

結論からいうと、全体として何言ってるのかよくわからなかったです。

まず「初めに」のところでマニュアル人間が増えているくだりを出してきた理由もよくわからないし、マニュアルはだめだけど基本は大事で、基本の上にプロの技みたいななのが乗ると魅せる麻雀になるみたいな内容があんまりよく理解できなかったです。

まあいいかと思って読んでみると、本の内容は「愚形リーチのみはリーチするな」、「マンガン確定の良形はリーチせよ」とかそういうマニュアルみたいな内容が書かれていました。

なんか一貫性のない本だなと感じました。

良い点3つ挙げてみよう

正直微妙な内容でしたが、面白いと感じたところを3点挙げていこうと思います。

1.麻雀格闘倶楽部のオーブの違いや昇段の仕組みがわかる

麻雀格闘倶楽部をプレイしない身としては、戦型によって違う4つオーブの手に入れ方とか、昇段の仕組みとかについて知ることができたのは面白かったです。

2.シリアルコードで壁紙がもらえる

本書には、特典があります。

袋とじでシリアルコードがついていて、それを入力すると麻雀格闘倶楽部で使える限定の壁紙が手に入るようですね。

自分は麻雀格闘倶楽部をやらないので要らないですが、プレイする人は嬉しいかも。

3.オールカラー

本書は最初から最後まですべてカラーページのオールカラー本です。

牌譜も麻雀格闘倶楽部の画面なので色味が豊かでした。

その他の魅力

他にも、プロごとの麻雀格闘倶楽部での戦績が公開されており、タイプの違いとかのデータもありました。ファンのプロがいる人は面白いかも。

あと、結構色々なプロの声とかを取り入れていて、ゲストが豪華なのもよいかなと思いました。

終わりに

内容としては、愚形リーチのみはリーチしない、良系リーチのみはツモを狙ってリーチする、といったように場面ごとの打つべき最適解の考え方みたいな感じの内容が多かったです。

麻雀のルールがぎりぎり分かるか分からないか、ぐらいの人が読むといい感じに勉強になりそうだな、と思いました。

本書のコンセプトとして、麻雀格闘倶楽部の本を出すというのは新しい試みだし、全ページカラーというのも気合入っているし、プロもたくさん呼んでいる。

ただ、内容がどうにも微妙という本当にもったいない感じの1冊。

次回作での挽回に期待したいところ。


Amazon:麻雀格闘倶楽部で覚える 超実践型 最強の打ち方
楽天:麻雀格闘倶楽部で覚える超実践型最強の打ち方 [ 日本プロ麻雀連盟 ]

麻雀本を安く読むにはKindleUnlimitedがおすすめ!

麻雀本は麻雀の技術を飛躍的に向上させることのできる魔法のアイテム。

しかし、1冊1500円くらいが新刊の相場で、何故か古本になってもなかなか値が下がらないのが特徴なんです。

対して、KindleUnlimitedだと新刊本でもいきなり0円みたいなこともざらにあります。

そして対象の麻雀本の数も、漫画・戦術書込みで計500冊くらいはあります!

つまり麻雀戦術書をできるだけ安く、たくさん読むにはKindleUnlimitedがおすすめなんです。

>>KindleUnlimitedを見にいく

◆ KindleUnlimitedとは?

Amazonが提供する電子書籍サービス。月額980円で対象本10万冊が読み放題!専用端末なしでもOKです。

>>KindleUnlimitedを見にいく

さらになんか30日までは無料トライアル実施中!みたいなキャンペーンもあるので、1ヶ月からでも試せます。

1日麻雀を打つよりも1ヶ月KindleUnlimitedで戦術本を読みまくる方が勉強になるときもあるので、強くなりたい人はKindleUnlimitedをぜひどうぞ!