【全自動麻雀卓の最安値レビュー】5万円台のマークン(麻君)

makun-rebyu

全自動麻雀卓の最安値に一品、5万円台のまーくんについて機能や評判をレビューしていきます。

全自動麻雀卓が5万円という破格の安さのまーくん

まずはマークンの概要を紹介すると、中国製の全自動卓となっています。

特徴は、とにかく値段が安いことで、Amazonで5万円台(59,999円+送料)で売られています。おそらくこの5万円台というのは全自動卓の最安値で、とにかく安く手に入れたい人にはおすすめの卓となっています。

詳細情報としては、以下の通りです。

  • 商品名:全自動麻雀卓 麻雀卓(マークン)
  • 商品寸法:95x95x76cm 枠色:黑
  • 付属品:専用麻雀牌(青・緑色)・点棒
  • 組み立て:要(1時間くらいかかる)
  • 牌:33mm牌(大型)

◆ローテーブルタイプ


(麻君マークン)全自動麻雀卓スーパー静音タイプ  PL保険加入(33ミリ牌)保証1年 安心 

◆ハイテーブルタイプ


(麻君マークン)全自動麻雀卓3人打ち可能(33ミリ牌)折り畳み静音タイプ (ブラック)

基本はAmazonで売られていて、一応Yahooショッピングにもありますが、こちらは8万円くらい。

 

全自動卓まーくんは安いけど一通りの機能はある

ではそんなマークンの機能について見ていきましょう。

安かろう悪かろうなの?と思う人もいるかもですが、最低限の機能は備わっています。

具体的には、

  • 日本式の136枚麻雀ができる
  • 三人打ちもできる
  • 1年間保証あり
  • 静音性が高い

といった基礎的なところは抑えられています。

なのでとにかく麻雀が打てればOKという人はマークンでも大丈夫です。

ただユーザビリティ面では課題もあるようで、以下ではそんなマークンの注意点を見ていきましょう。

でもやっぱり国産卓と比べるとユーザビリティは低い

マークンのユーザビリティ面での課題としては、以下の3つが挙げられています。

  • 牌が引っかかることがある
  • マニュアルがわかりにくい
  • 牌がでかい

それぞれ見ていきましょう。

牌が引っかかることがある

まず牌が詰まりやすい面は否定できないみたいです。1年間の保証があるとはいえ、2年目からはいつ壊れてもおかしくないというリスクがあります。

(1年間5万ならそれでも安いとは思いますが)

マニュアルがわかりにくい

続いてはマニュアルの分かりにくさがあるようです。

一応日本語版のマニュアルがついているそうですが、これが分かりにくく、組み立てでで子づる人が多いみたい。

作成動画も出ているそうで、そっちを参考にした方が良いかも!

牌がでかい

3つ目は牌のサイズ感です。

マークンは中国製の自動卓なので大陸仕様の33mm牌を使用しています。

日本式は26〜28mm牌が一般的なので、初めはサイズ感に戸惑うかもです。

サイズに関しては、67,000万円くらいで28mmバージョンも出ています。


(麻君マークン)全自動麻雀卓3人打ち可能(28ミリ牌)折り畳み静音タイプ 保証1年

終わりに。とにかく最安を攻めるならまーくん。

ここまでマークンの評価や機能を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

最低限の機能はあるけど、やっぱりちょっと微妙な点もある

というのがマークンの評価みたいですね。

あとは値段とのトレードオフかなと思っていて、古い全自動卓からの買い替えとかであればおそらく静音性などでむしろプラスになります(全自動麻雀卓は基本新しい方が強い)し、目的が全自動卓の導入により仲間内で一目置かれること、とかであればまーくんは最強の全自動卓です。

でももし、快適な麻雀を自宅でも打ちたいというのが目標であれば、もうちょいグレードを上げるのがオススメです。

そんな感じです。ぜひ検討して見てください。

ではまた。良い麻雀ライフを!

全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種】価格別におすすめの全自動麻雀卓をまとめていきたいと思います。 価格帯としては10万円以下、20万円以下、50万円以下、50万円以上...
mj-revo-grande
10万円以下全自動麻雀卓でUSB充電機能を搭載のMJ-Revo GrandeUSB充電機能搭載。 全自動麻雀卓の機能としてはサブな(メインでない)機能ですが、あると地味に嬉しいですね。 全自動卓を囲ん...
点棒移動を短縮!サンコーの新作全自動麻雀卓の魅力【値段は98000円で点数表示付き】点棒のやり取りは常々めんどくさいなーと思っていた。 そこにサンコーから新作全自動麻雀卓が登場! ボタン押下だけで、点棒移動が...