麻雀関連

Mリーグファイナルシリーズの進出チーム、放送時間などのまとめ

2018年10月よりスタートしていたMリーグ。数か月の死闘の末、2019年2月12日についに第一ラウンドの決着が付きました。

これからは上位4チームによるファイナルシリーズとなります。このファイナルシリーズというのは、プロ野球でいう日本シリーズ、クライマックスシリーズみたいなものになります。

今日はこのMリーグのファイナルシリーズについて紹介していきます。

Mリーグの勝者はレギュラーシーズン+ファイナルシリーズの合計で決まる

まずは、Mリーグのルールから簡単におさらいしていきましょう。

いきなりお金の話で恐縮ですが、Mリーグというのは優勝賞金5000万円という破格の大会。

さらにMリーグの出場者には、推定400万円以上の年棒を保証され、安定した収入の得にくいプロ雀士にとってお金面で見ても夢の舞台となっています。

※Mリーグの選手は、Mリーグの掲げるゼロギャンブルの思想に賛同したものとして、オンレートの雀荘のゲストなどを受けられなくはなり、その分を補う意味でも年俸制が採用されている

で、このMリーグの勝敗ですが、1チーム3人の勝敗の合計点数で決まります。

シーズンは2つに分かれていて、まずは、第1ラウンドとなるレギュラーシーズンを1チーム80半荘を戦い、そこでの上位4チームが第2ラウンドのファイナルシリーズに進むことができます。

そして上位4チームがレギュラーシーズンでの得点を半分持ち越した形でファイナルシリーズ24試合を戦い、合計得点によって優勝チームを決定するのです。

2018年度のファイナルシリーズ出場チームはこの4チーム

続いて、2018年度のMリーグで、ファイナルシリーズに出場する栄誉ある4チームを紹介していきます。

出場チームは以下の4チーム

1位通過:EX風林火山(281.7pt)

2位通過:渋谷ABEMAS(184.5pt)

3位通過:KONAMI麻雀格闘倶楽部(39.2pt)

4位通過:赤坂ドリブンズ(-8.7pt)

では、続いて惜しくも第1ラウンドで敗退となった3チームを紹介します。

5位敗退:U-NEXTパイレーツ(-99.2pt)

6位敗退:セガサミーフェニックス(-170.2pt)

7位敗退:TEAM雷電(-227.5pt)

麻雀は野球みたいにマジックは点灯しないですが、けっこう段々で離れた結果となりました。

 

下位通過チームに逆転はあり得るのか

けっこう点数が離れているなーと感じる方も多いかと思います。

「実際これ逆転可能なの?」という視点で見ると、私見ですが十分可能であると考えられます。

というのも、ファイナルシリーズへの持越しは半分になるので、トップの風林火山と4位通過の赤坂ドリブンズの差で見ても、150pt程度です。

対して半荘数は24半荘もあります。

1日麻雀を打ち続けた日を想像してみていただくと分かると思いますが、10半荘くらいで150ポイントくらいの差が覆ることはざらにあります。

なので全チームにチャンスがある白熱の展開が予想されます。

Mリーグ・ファイナルシリーズの放送予定

最後にMリーグファイナルシリーズの放送予定について紹介していきます。

レギュラーシーズンは、主に平日に行われていましたが、ファイナルシリーズは土日に行われます。

また、時間帯も違っていて、ファイナルシリーズでは、3月16日、17日を除く3月の土日の15時から、1日3試合を行います。

具体的には以下の日程ですね。

◆Mリーグ・ファイナルシリーズの日程

第1日目 3月2日(土)15:00~
第2日目 3月3日(日)15:00~
第3日目 3月9日(土)15:00~
第4日目 3月10日(日)15:00~
第5日目 3月23日(土)15:00~
第6日目 3月24日(日)15:00~
第7日目 3月30日(土)15:00~
第8日目 3月31日(日)15:00~

なぜ3月16日、17日を外しているのかは不明ですが、前半戦を終えて修行パートに入れるように配慮しているのかもしれません。

Mリーグファンの方は3月の土日はなるべく開けておくようにしましょう。

終わりに

ここまでMリーグファイナルシリーズについてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

なんだかんだでMリーグが盛り上がっていてよかった!と1麻雀ファンとして思います。

自分は特にどこのチームのファンというわけではないので、フラットな視点で楽しんでいきます!