「パイリーダー」点数計算が自動化されるただ一つの麻雀卓

paireader_mat-1

麻雀の点数計算が苦手という人は一定数いると思います。

4人いれば誰か1人くらいは点数計算ができるからいいかーと思ってたら、しまった!今日は誰も点数計算ができないぞ!みたいな展開もあり得ますね。

そんな人におすすめなのが点数計算を自動化してくれる麻雀卓です。

それがこちらの「パイリーダー」

paireader-zentai

一見すると普通な卓にも見えますが、実はICチップ付きの麻雀牌を卓でスキャンして読み取るという超ハイテクな麻雀卓なんです。

たkる
たkる
ちなみに、発売はなんと2010年・・・!

そんな昔からあったこのハイテク機器について以下で解説していきます。

ジョイスが開発したパイリーダーとは?

ではパイリーダーについてみてきましょう!

まずはこちらの動画の2:37あたりを中心にご覧ください。(普通に打牌している時間が長いので飛ばし推奨!)

文章で簡単にサマリーを書くと、麻雀牌にICチップを導入しており、これにより上がりの際、所定の牌を置くと役と点数を自動で判別してくれるというのがこのパイリーダーの機能となります。

実際、動画の中では「チャンタ、70符1翻、3400点」というように音声で教えてくれています!

たkる
たkる
え、何これオーバーテクノロジーでは???

と思ったんですが、値段が手積み卓で30万、自動卓80万円くらいするみたいで、高すぎるためあんまり浸透していないみたい。

たkる
たkる
麻雀用品って、たまにこういうハイテクすぎるやつ出してくるの好き・・・・!

パイリーダーの機能!

ではパイリーダーの機能を詳しくみていきましょう。

パイリーダーの機能としては、以下のようなものがあります。

  • ゲームルール決め
  • 取り出し位置がわかる
  • ポンとチー、アガリ牌を判別する
  • アガリ点を読み取る
  • 点数の増減を計算する

それぞれ見ていきましょう!

ルール決め

まずはルール決めです。

パイリーダーでは上がり点を読み取る必要があるため、どんなルールに基づいてパイを計算するかを最初に決めます。

paireader_1

具体的には、3人対戦(サンマ)か4人対戦(ヨンマ)か、持ち点はいくつスタートで何点返しか、点数表示はどうするか、ウマや箱下計算はどうするか、といったような感じの設定を決定していきます。

その辺の情報が決まったら実際にゲームスタートです。

サイコロを振る際の起親や取り出し位置もわかりやすい

続いてはサイコロを振って親を決めていくわけなんですが、ここもサービスが行き届いています。

具体的には、サイコロを回すと誰が親かを表示してくれるんです。

親が振った後の取り出し位置もこんな感じで表示してくれます!

paireader_2

いちいち数えなくていいので、地味にありがたし!

ポン、チーやリーチ、ツモなどは所定の位置に置く

そして対局中の鳴きはあらかじめ決められた場所に置くことにより、自動で判別の対象となります

paireader_mat-1

こんな感じでマットに色々と書いてあるので、その通りに配置すればOKです。

例えば、ツモ牌は上がり時にツモ牌ゾーンに置くことで、それが上がり牌(ツモ牌)だと認識される仕様。

アガリ点を読み取り

で、所定の位置に置いたらアガリ点が読み取られます。

その際にロンなのか、ツモなのかは中央のボタン操作により行います。

paireader_12

正しいアガリ方を選んだら、点数の移動が行われます。

paireader_15

全て卓上のボタンにて完結するという上級者不要の卓となっています。

用途としては、介護施設とか老人ホームとかで、今まで麻雀の複雑な点数計算にちょっと苦手意識があったけどそこを自動化してくれるならプレイしたい!という人を狙っている模様!

かなりコアなサービスですが、めっちゃ技術力高いですね!

パイリーダーを導入している団体

続いてはパイリーダーを実際に導入している団体を紹介します。

それがこちらの脳トレ麻雀推進連合会さんです。

動画↓

脳トレ麻雀推進連合会さんは東京都荒川区西日暮里にある脳トレに特化した健康麻雀クラブです。1日打ち放題2000円とのこと。

パイリーダーに興味がある方はぜひ遊びにいってみましょう!

パイリーダーに未来はあるか?

とここまでパイリーダーについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

めっちゃすごいシステムなのにあまり一般的でないのは個人的にはすごい意外でした!

なんで伸びないんだろうと思って考えてみたんですが、このパイリーダー、あくまで初心者向けというところが結構厳しいのかなとも思っています。

例えば、従来の全自動卓はパイリーダーと同じく30万円とかする高価なものですが、全自動卓は麻雀が好きすぎる人がさらに効率よく麻雀を打つためのアイテム!

高くても需要はあります。

しかし、パイリーダーは点数計算を覚えるくらい麻雀好きな人にとってはすぐ不要になってしまう通過地点のようなアイテムです。

なので、めっちゃ麻雀を打ってもらいたい人がいる!みたいな人以外にはそこまで需要が出なかったのかなと思いました。

ただ、これから麻雀を始めようという人が多い環境、例えば老人ホームや大学などでは、ファーストステップとしての需要は生まれそうなアイテムでもあります。

ちなみに楽天とかで売り出されていたんですが、今は生産中止中とのこと。

パイリーダー|楽天市場・・・売り切れ中ですが詳細を見れます!

ただ、個人的にはかなり期待しているアイテムなので、ぜひ生産再開してほしいところ!

(そしたら本サイトが全力応援の構えあり!)

そんな感じでした。ではまた。良い麻雀ライフを!

時短で考える麻雀用品の自動化の歴史【ゲームの効率化はボドゲ界でも群を抜いている!】麻雀とは時間短縮の歴史でもあります。 麻雀というゲームは非常に長く時間がかかるため、少しでも多く効率よく対局を行うためにさまざまな...
発想豊かな麻雀便利グッズまとめ!麻雀業界アイデアマン多すぎ現象!麻雀業界って、実はアイデアが多彩です。 イカサマの積み込みやすり替えなども手が込みすぎてもはや芸術的といわれることもあります。 ...
販売終了となった麻雀グッズまとめ【失われし古の牌テクノロジー】麻雀グッズの中には、アイデア的には素晴らしいにも関わらず、時代の流れやマーケティング戦略の失敗、あるいは母体企業の倒産などにより日の目を...
AbemaTVプレミアムでMリーグの見逃しを解消!

2018年から始まった麻雀プロ統一リーグ戦「Mリーグ」

各団体から選りすぐりの人気雀士たちが集められ、チームを組んでペナントレースを戦うというこれまでにない麻雀のスタイルで人気を博しています。

そんなMリーグは、AbemaTVで無料視聴ができますね。

しかし、Mリーグの放送時間は平日の夜・・・!

仕事が忙しいとつい見逃してしまうこともあるかと。

でも大丈夫!実は、Mリーグの見逃し配信ができるサービスがあるんです。

それがAbemaTVプレミアム

abematv-premium

月額960円の有料サービスではありますが、全ての過去配信が見放題で、かつコメントも楽しむことができます

このAbemaTVプレミアムに契約すれば、Mリーグを見逃した際も安心です!

Mリーグ好きで忙しい方、渋谷Abemasのファンの方は、ぜひ契約を検討してみてはいかがでしょうか。

初回は1ヶ月無料トライアル可能です!

>>AbemaTVを見に行く!