2-1.麻雀本・漫画

『論理的思考で勝つ麻雀』天鳳十段・中嶋隼也プロの解説書

最高段位天鳳十段という実力派の中嶋隼也プロの解説書『論理的思考で勝つ麻雀』が発売されました。

この本の概要を簡単に解説していきます。

\最新ニュース/
  • 2020年MリーグファイナルシーズンはU-NEXTパイレーツが優勝!対局を振り返りたい人はABEMA
  • 点数表示付き全自動卓「アモスJP-EX」が7/31まで¥23,000オフセール!ボーナスが出たら即購入だー!
  • 2019〜2020年発売!全自動麻雀卓の最新動向をまとめました!おすすめ5選徹底比較です!

『論理的思考で勝つ麻雀』の概要

マイナビ出版より出版された『論理的思考で勝つ麻雀』という本ですが、著者は日本麻雀プロ協会の中嶋隼也プロとなっています。

中嶋隼也プロは、天鳳名人戦準優勝とか、最高段位天鳳十段という実力派のプロですね。

で、この論理的思考で勝つ麻雀という本ですが、がちがちの上級者向けの本かと思いきや、意外にも入門書的な面が強い1冊となっています。

手組の考え方とか、麻雀において何を考えたらよいのか、とか、そういった論理的に麻雀とは何か?ということを理解したい人にオススメの本です。

 

配牌、序盤、中盤、終盤という分け方

本書で面白いなと思ったのは、配牌、序盤、中盤、終盤という分け方という分け方をしている点。

アガリルートを最初に描いてそれに向かって進んでいくというのは確かに論理的ですね。

配牌時にルートを決めて、序盤はこういう考え方、中盤はここを見る、終盤は形式聴牌の比重を上げる!みたいにやるべきことが明確化されるので、なあなあと手を進めてしまっていたという人は学びになるはずです。

自分はけっこうそうだったので学びました(笑)

論理的なので数式が苦手な人は要注意かも

タイトルに論理的思考で勝つ!と書いてある通り、内容はけっこう論理学みたいなところもあります。

ざっくりと「こんな手はこんな感じで」みたいな書き方が苦手だったという人は、本書を読むとなるほどな!と理解が深まるはず。

ただ逆に定義がどうとか、理屈っぽいのは嫌な人は要注意かも。

あと、けっこう文字がぐあーと続くので、本読むの苦手な人も要注意。

終わりに

本書は、考え方のおおもとの部分の思考を学べる本です。

入門書を読んで、何切る問題を一通り解いて、ある程度の基礎はできてるけど、いまいち応用は苦手!みたいな人は本書を読むと一気に伸びるかも。

そんな1冊です。

天鳳で言うと2~4段くらいにオススメかなと思いました。

そういえば、天鳳でも『論理的思考で勝つ麻雀杯』が2019年2月23日、3月2日のそれぞれ18:00-26:00で開催されるそうですね。

著者のアカウント「大和田頭取」も登場!

P.S.大和田頭取懐かしいですね。半沢直樹の敵キャラです。

麻雀本を安く読むにはKindleUnlimitedがおすすめ!

麻雀の技術を飛躍的に向上させることのできる「麻雀戦術書」

しかし、戦術書は1冊1500円くらいが新刊の相場で、何故か古本になってもなかなか値が下がらないのが特徴なんです。

対して、KindleUnlimitedだと新刊本でもいきなり0円みたいなこともざらにあります。

そして対象の麻雀本の数も、漫画・戦術書込みで計500冊くらいはあります!

つまり麻雀戦術書をできるだけ安く、たくさん読むにはKindleUnlimitedがおすすめなんです。

kindle-unlimited

◆ KindleUnlimitedとは?

Amazonが提供する電子書籍サービス。月額980円で対象本10万冊が読み放題!専用端末なしでもOKです。

さらに30日までは無料トライアル実施中!1ヶ月からでも試せます。

1日麻雀を打つよりも1ヶ月戦術本を読みまくる方が勉強になります。
強くなりたい人はKindleUnlimitedをぜひどうぞ!