【麻雀役解説・二盃口(リャンペーコー)】大車輪まで伸びるダブル一盃口について

麻雀役・二盃口(リャンペーコー)について紹介していきます。

一言で言えば一盃口が2つある形で七対子とは複合しません。

では始めていきます。

麻雀役・二盃口とは?成立条件は一盃口が2つあること

まずは麻雀役・二盃口(リャンペーコー)とはどのような役なのかを紹介していきます。

二盃口の成立条件ですが、これは一盃口の進化形となります。

【麻雀役解説・一盃口(イーペーコー)】ヨッシーストーリーとの意外な関係とは?麻雀役の一つ一盃口(イーペーコー)。 1翻役で難易度も高くないので、そこそこ出やすい役ですね。 「イーペーコーのみ1300点...

一盃口では223344というような同じ色で同じ数字の組み合わせが2つあることが条件ですが、二盃口ではこの223344というような組み合わせが2セットあることが条件です。

つまり「223344五五六六七七白白」というような形は二盃口となります。

面前のみ可で、点数は3翻役。難易度の割には報われない役となっています。

二盃口の注意点!七対子とは複合しない

この二盃口について難しい点の一つとしては、同じ形である七対子とは別物であるという点です。

どういうことかと言えば、例えば、「223344五五六六七七白白」という形は二盃口であると同時に、七対子であるともとれますね。

◆「223344五五六六七七白白

⇨234、234、五六七、五六七、白白とみれば二盃口

⇨22、33、44、五五、六六、七七、白白とみれば七対子

じゃあ、この手は「二盃口、七対子で5役!」となるかというとそうはなりません。

七対子と二盃口はどちらか一方しか取ることができず、麻雀では高い方の点数を優先するルールがあるため、二盃口が優先されます。

【麻雀役解説・七対子(チートイツ)】リャンペーコーと複合しない理由や関係性について麻雀役はいろいろありますが、中でも例外的なものといえばやはり七対子(チートイツ)が挙げられるのではないかなと思います。 麻雀役は基...

ちなみに二盃口として見た場合はさらに平和なども複合できますが、七対子の場合は2個ずつとしてみているため、平和などは複合不可です。

二盃口の最終進化形は大車輪

続いては二盃口の最終進化形について紹介します。

二盃口は3役ですが、ピンズの2〜8を2枚ずつ集めた清一色、タンヤオ、二盃口の形は「大車輪」という役満となります。

一応ローカル役満ですが、ローカル役の中では最もメジャーなので採用されることも多いです。

元々はピンズのみ対象だったものが、今ではだいたいマンズやソウズでも可となっています。

詳しい話は以下の記事を参照ください。

【ローカル役満解説・大車輪】4つの聴牌系の違いについて麻雀役の一つである大車輪。 一応ローカル役満とされていますが、ローカル役満の中ではもっともメジャーな役の一つです。 今日はそ...

終わりに

ここまで二盃口について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

二盃口は七対子へ一手で移行できるので、そっちで上がることも多いかなと思いますが、たまーに二盃口となることもあるので是非覚えておきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!