ルール

西入(シャーにゅう)の条件!三万点以下のサドンデスとは?

麻雀のルールの一つに「西入(シャーにゅう)」というものがあります。

これはオーラス終了時点で誰も3万点に達していない場合、ゲーム終了とならずにさらにサドンデスステージへ突入するというもの。

一種のルーカルルールですが、天鳳、雀魂などの大手ネットゲームでも採用されており、注意が必要です。

天鳳ユーザーが雀魂(じゃんたま)をプレイした感想と違いまとめ【修正版】2019年5月に新たにサービスインされた「雀魂(じゃんたま)」というオンライン麻雀ゲームがあります。 遅ればせながらプレイしてみた...

今日は、この西入について解説していきます。

西入とはオーラス終了後のサドンデスルールである

まずは西入のルールを簡単に解説します。

「西入」とは半荘戦において東場⇨南場ときて、普通は南4局がオーラスとなりますが、そこで終了せずに、次に西場に入ることを指します。

西場に入るから「西入」と言います。読みは「シャーにゅう」です。

で、この西入の条件として一般的なのが、全員の持ち点が3万点未満であること。

この条件を満たす場合において、西入となります。

例えばこんなケースですね。

東家:29000

南家:28000

西家:18000

北家:25000

⇨全員が三万点以下なので西入

ちなみに東風戦の場合は、東場で終了のため、西入と同じ感じで南入となります。

西入のルール!誰かが3万点を超えたら終了

続いては西入のルールを説明します。

西入の成立条件としては、先ほども書きましたが、「全員の点数が3万点以下であること」です。

そのため、誰かの点数が3万点を超えた場合、西場は終了します。

(二万八千点の人が二千点を上ったりとかすると終わりです。)

もしも誰も3万点を超えないまま西4局を迎えてそのまま流れると、それは北場へは入らず(2万点台のままでも)終局となります。

基本的にはこれが全てなんですが、ちょっとだけ例外もあります。

以下では西入中の例外パターンを紹介していきます。

西入が続行する例外パターン!親連荘中は3万点ごえでも続行

では西入中に3万点を超えても局が続行するパターンを紹介します。

例えば、親の連チャン中に関しては、3万点を超えた場合であっても連チャンが優先されます。

どういうことかというと、以下のような点数状況の場合。

東家:28000

西家:29000

ここで東家と西家の2人テンパイで流局した場合、東家と西家はそれぞれ1500点ずつを受け取り、点数は以下となります。

東家:29500

西家:30500

ここで西家の点数は3万点を超えたから終了だ!

となるかというと、終了にはならないです。

なぜかというと、親の連チャンが続いているため。

西入していないオーラスにおいても親が連チャンしている場合は、オーラスが続行されますが、基本的にはそれと同じ概念です。

終局となるのは、親がトップで上がり、またはテンパイ連チャンした場合か、親以外が上がった場合です。

他にもチョンボがあって罰符によって3万点を超えた!というような場面でも、局が進まないため、西入は終わらないので注意。

終わりに

ここまで西入について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

西入があると、ラス目のオーラスとかでもトップを直撃して西入して逆転を狙う!というような戦略も取れるようになり戦略性が上がります

「オーラスの向こう側へ!」に行ってみたい人はぜひ採用してみてください。

ではまた。良い麻雀ライフを!

日常的な麻雀用語チョンボの意味を一般人にもわかる形で説明する試み麻雀用語の中には、日常で普通に使われるものも結構あります。 ワンチャン(ワンチャンスの略)とか、テンパる(聴牌するの略)とか、断ト...
オンライン麻雀天鳳のローカルルールまとめ!フリー上級者が注意すべきポイントとは麻雀上級者がちょっとネット麻雀でも始めてみるか、とオンライン麻雀をプレイすると、意外と勝てなかったりします。 特に天鳳では、初めの...
鳳凰卓へ昇段するために重要なこと【天鳳七段タッチのコツ】オンライン対戦麻雀「天鳳」といえば、画面やエフェクトはシンプルながらもユーザ数が400万人と日本最大級で、かつプロを含めてかなりレベルの...