ルール

麻雀において、なぜ多牌は少牌よりもギルティーなのか?

麻雀における手牌の数に関する2つの反則行為、少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)について説明していきます。

少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)とは何か

少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)意味について説明します。

少牌(ショウパイ)と言うのは、何らかの理由で既定の枚数より手牌が少なくなってしまうこと。

そして多牌(ターパイ)はその逆で、手牌が既定の枚数以上になってしまうことを指します。

具体的には、自分のツモ番でツモったときに牌が14枚でない場合、あるいは待ち番(自分のツモ番ではない)の状態で、手牌が13枚でない場合は、少牌または多牌となります。

原因としては第一ツモの取り忘れや、鳴きのあとの切り忘れ、あるいは単純に牌をなくしてしまって少牌となることもあります。

この少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)は、一見すると対になっているようなミスであり、どちらも同じ罰則のように思えますが、実は罰則規定が異なっており、少牌(ショウパイ)は和了放棄、多牌(ターパイ)はチョンボとなっているのです。

なぜ少牌(ショウパイ)より多牌(ターパイ)が罪深いのか

「大は小を兼ねるというけど、罪の量まで多くなるなんて納得がいかないばい!」

と考える人もいるかと思います。

ただ、これは単に「牌が多いから罰則も多めにとっておけ」とか雑な理由ではなくて、ちゃんとした理由があるんです。

というのも、少牌(ショウパイ)は基本的には和了することはできないですが、多牌(ターパイ)は手牌を1牌隠すことでいつでも和了できる形を創れてしまうからです。

もちろん少牌(ショウパイ)でも河や山からこっそり牌を持ってきて、枚数をそろえることはできますが、ぶっちゃけあまりメリットはありません。

ただ、多牌(ターパイ)の場合には、待ち番ですでに和了形となっていた場合、14牌の任意の牌を隠して、その牌でロンアガリすることができる点が危険視されます。

例えば、待ち番で多牌(ターパイ)となり、以下のような手になった場合、

123456789m456s88p

例えば、1mを隠せば1,4,7m待ち、4sを隠せば4,7s待ち、6sを隠せば3,6s待ちというように隠す牌に応じて待ちを変化させることが可能となります。

これを悪用されると、狙った相手が切った牌に合わせて手牌を作り上げてロンアガリするというような悪質なやり方が可能となるため、多牌(ターパイ)は見つかった時点で問答無用のチョンボ扱いとなるわけです。

なお、チョンボは2000オール払いや、満貫払いのルールが一般的です。

少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)を避けるために気を付けるべきこと

少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)が危険なのはわかったところで、では、どうすればこれらのミスを避けられるか、という話に移っていきたいと思います。

ぶっちゃけ気を付けるべきところは一点だけで、配牌から第一ツモの場面です。

これを忘れる人が非常に多く、少牌(ショウパイ)の9割はこの第一ツモ忘れといっても過言ではありません。

この第一ツモについては、配牌まで出てくるタイプの全自動卓では手牌が最初13枚なので第一ツモを取る必要があり、手積みや配牌の出てこないタイプの全自動麻雀卓では、親はちょんちょんといって最後に2牌取って14牌スタートとなるので特に第一ツモを取る必要がない、という紛らわしさがあります。

なので、配牌機能付きの全自動麻雀卓で打つ際は、必ず手牌が14牌あることを確認してから切り出すように気を付けましょう。

ちなみに多牌(ターパイ)となるケースというのは先ツモがあったりしてごちゃごちゃしない限りまずないです。

なので、多牌(ターパイ)している人がいたら、イカサマ師である可能性もあるので即指摘していきましょう!

終わりに

ここまで少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

多牌(ターパイ)の場合、誰にも気が付かれなければセーフみたいなところはありますが、少牌の場合はバレてもバレなくても同じく和了放棄となるだけなので、むしろ自分としてはいち早く気が付くことが重要です。

というのも、少牌(ショウパイ)のままそれに気が付かず和了に向かって、リーチがかかってから気が付いた!みたいになると安パイがなくて損だからです。

たまに少牌(ショウパイ)に気が付かぬまま鳴きを入れて、手牌が短くなってから気が付く!という人もいますが、けっこう恥ずかしいので少なくとも鳴きの前には気が付きたいものですね。

(少牌で4鳴きすると手牌がゼロ枚のツモ切りマシーンと化します(笑))

ぜひ、少牌(ショウパイ)と多牌(ターパイ)に気を付けて、盤石な勝利を掴んでいきましょう!