【麻雀役解説・小三元】点数はなんはん?合計4役ですなリトルドラゴン

shousangen

麻雀役の一つである「小三元」。

白、撥、中の三元牌のうち2種類をメンツに、残りの1種類をトイツにすることで成立する役です。

dora3mode-shousangen

ちなみに、英語ではリトルドラゴンと呼ばれます。(大三元はビッグドラゴン)

この小三元ですが、読む本によって2役だったり4役だったりする、点数の数え方がめんどくさい役でもあります。

たkる
たkる
結局何翻(なんはん)なの??

そこで今日は小三元の意味や数え方を確認していきましょう。

また、麻雀役の一覧については以下の記事を参照ください。

kihonyaku-soukanzu-style
【5分で覚える基本役!】麻雀初心者が覚えるべき出る順15!【麻雀講座3】 初心者向けにルールの説明をするときなど、麻雀役の一覧をダウンロードして印刷したりする場面ってあると思います。 でも一気に全...
広告

麻雀役「小三元」の成立条件と確率

まずは小三元とは何か、という話から始めていきたいと思います。shousangen

小三元というのは麻雀の役の一つで、「白、撥、中の三元牌のうち2種類をメンツ(3枚集める)に、残りの1種類をトイツ(2枚集める)にすると成立する役」です。

こいつらを集める↓

haku_tilechun_tilehatu_tile

詳細情報はこんな感じ。

役名小三元
条件三元牌(白、發、中)のうち2種類を3枚、残り1種を2枚集める
タイプ役牌系
点数2役(役牌を含めると4役)
鳴きOK(喰い下がりなし)
確率0,07~0.13%程度(20番目くらいの難易度)

鳴いてもOK(食い下がりもなし)なので、おそらくは和了された小三元の99%くらいは鳴き手だと思われます。

小三元自体の出現率は0.07~0.13%くらい(天鳳統計より)で全37個の役のうち20番目くらいの難易度です。(雀魂の200万局のデータでも0.12%と出ておりだいたい一致)

たkる
たkる
中難易度の役です。

そんな小三元ですが、例を挙げると以下のような形が小三元となります。

dora3mode-shousangen

この形を見て大三元に似ているなーと思った方もいるかと思います。

小三元は大三元の下位互換的な役です。実際、大三元を和了したかったけど小三元になってしまったというケースも多いです。

3つずつ集めると大三元という役満になる

daisangen-yakupai

そんな小三元の点数は4役(または2役)

なんでかっこついてるの?という理由は事項で説明していきます。

たkる
たkる
その他の役について知りたい人は以下をどうぞ(開けます↓)。
麻雀役の一覧表
麻雀役名面前点数鳴き点数タイプ出現頻度確率(%)条件
役牌1役1役1.役牌系★★★★★40.2役牌を3枚集める
タンヤオ1役1役4.順子系★★★★★22.12〜8で手を作る
平和1役なし4.順子系★★★★★19.6すべての面子を順子でそろえ、かつ頭が役牌でなく、待ちが両面待ちであること(頭に関しては、自風牌、場風牌、三元牌以外で作る必要あり)
リーチ1役なし6.手なり系★★★★★43.5面前での聴牌時に、リーチを宣告して1000点棒を支払ったうえで和了すること
面前清自摸1役なし6.手なり系★★★★★19.4面前で手牌を揃え、自らのツモで和了すること
ドラ1役1役7.偶然役系★★★★★42.3(?)1枚もつに付き1役となる。ドラのみで和了することはできない
ホンイツ3役2役2.染め手系★★★★05.94マンズ、ピンズ、ソウズのいずれか1色+字牌で手を作る
チャンタ2役1役3.チャンタ系★★★★01.03メンツとアタマを1、9+字牌を含む形で作る。(123,789はあり)
対々和2役2役5.対子系★★★★03.01全ての面子を刻子(同じ牌3枚の組み合わせ)で作る(123などの順子は不可)
七対子2役なし5.対子系★★★★02.40同じ牌2枚のペアを7つ作る
一気通貫2役1役4.順子系★★★★01.57マンズ、ピンズ、ソウズのいずれかで123,456、789の3面子を揃える
三色同順2役1役4.順子系★★★★03.09萬子、筒子、ソウズの数牌で同じ組み合わせの順子を作ること(例:234ソウ,234萬,234筒)
一盃口1役なし4.順子系★★★★04.27同じ組み合わせの順子を2つつくること(例:223344ソウ)
純全帯3役2役3.チャンタ系★★★0.302メンツとアタマを1、9牌を含む形で作る。(123,789はあり)
一発1役なし7.偶然役系★★★09.30リーチ宣言後、鳴きの入っていない状態での翌順のツモまでに和了すること(リーチ宣言した巡目のロンと、翌順のツモが有効)
海底撈月1役1役7.偶然役系★★★0.353その局の最終ツモで和了すること
河底撈魚1役1役7.偶然役系★★★0.504その局の最終捨て牌でロン和了すること
小三元4役4役1.役牌系★★0.123白發中のうち2種類を3枚、1種類を2枚集める
清一色6役5役2.染め手系★★0.852マンズ、ピンズ、ソウズのいずれか1色で手を作る
国士無双役満なし3.チャンタ系★★0.037113種類の1、9、字牌を全て1枚ずつ+13種のどれかをもう1枚の形を整える
混老頭2役2役3.チャンタ系★★0.0621メンツとアタマを1、9+字牌のみで作る(123,789は不可)
三暗刻2役2役5.対子系★★0.673手の中でアンコ(鳴かずに作った同じ牌3枚の組みあわせ)を3つ作る
三色同刻2役2役5.対子系★★0.0437萬子、筒子、ソウズでそれぞれ同じ数の刻子をそろえること
四暗刻役満なし5.対子系★★0.0416手の中でアンコ(鳴かずに作った同じ牌3枚の組みあわせ)を4つ作る
二盃口3役なし4.順子系★★0.0442同じ組み合わせの順子2つの組み合わせを2セットをつくること(例:223344ソウ、445566ピン)
ダブル立直2役なし7.偶然役系★★0.201鳴きの入っていない状態で、子の第一ツモでリーチを宣言して1000点棒を支払ったうえで和了すること
嶺上開花1役1役7.偶然役系★★0.328カンを宣告後、嶺上牌でツモ和了すること
大三元役満役満1.役牌系0.0334白發中の3種類を3枚ずつ集める
小四喜役満役満1.役牌系0.0105東南西北のうち3種類を3枚、残り1種を2枚集める
大四喜役満役満1.役牌系0.000525東南西北のうち全部を3枚ずつ集める
字一色役満役満2.染め手系0.00573字牌のみで手を作る
九蓮宝燈役満なし2.染め手系0.000951マンズ、ピンズ、ソウズのいずれかで1112345678999+何か同じ色1枚の形を作る
緑一色役満役満2.染め手系0.00178ソウズの23468、字牌の發のみで手を作る
大車輪役満なし2.染め手系ピンズで22334455667788の形を作る(ローカル役)
清老頭役満役満3.チャンタ系0.001331、9牌のみで手を作る
三槓子2役2役5.対子系0.004853つのメンツがカンされたものであること
四槓子役満役満5.対子系0.00001094つのメンツすべてがカンされたものであること
天和役満なし7.偶然役系0.000375配牌時に和了していること
地和役満なし7.偶然役系0.000879鳴きの入っていない状態で、子の第一ツモで和了すること
人和倍満or役満なし7.偶然役系鳴きの入っていない状態で、子の第一ツモをするまでにロンアガリする
槍槓1役1役7.偶然役系0.0597他家が加カンを宣言した牌、その牌でロン和了すること

小三元の2種類の点数の数え方(結局なんはんなの?問題)

shousangen-tensu

小三元は麻雀で唯一(?)役の数え方が2種類ある役です。

なぜ、2種類の数え方があるかというと、撥や白、中を小三元の役の中に含めるか含めないかの議論があるため

yakupai-yakukaisetu
たkる
たkる
小三元の場合、役牌(1役)が2つ複合します。

そのため、三元牌の役を

  • 小三元の中に含めた場合は4役
  • 含めない場合は2役

となります。

とはいえ、含めない場合でも役牌(1役)+役牌(1役)+小三元(2役)となり4役になり、結局は同じです。

整理学だけの話ですね。

小三元を4役で数えたうえでさらに役牌を乗せたダブルカウントをしないようにだけ気を付けましょう

ちなみに三元牌以外の役牌(東とか)は普通に数えてOKです。

そういえば全然関係ないですが、カメラのレンズの世界でも大三元、小三元という言葉があったりするらしいですね。

↓ソニーの小三元レンズ

 

なぜ小四喜は役満なのに小三元は満貫なのか

ちなみにこの大三元と小三元に似た役としては、大四喜と小四喜という役があります。

shousushi-daishushi

これは東、南、西、北の4種の風牌を全てメンツにしたものが大四喜、3つをメンツにし、残る一つをトイツにしたものが小四喜です。

…なるほど、じゃあ小三元と同様に小四喜は満貫だな!

と思ったら実は違います。

小四喜も大四喜もともに役満(13)なのです。

自分はこれを初めて知った時、小三元と小四喜の扱いに格差があると思い憤慨しましたが、最近は一概に小四喜が優遇されているわけではないなと思うようになりました。

というのも、小四喜は4種類の牌を集めなくてはならないので、3種類でよい小三元よりは難易度が高いし、かつ風牌を3種類しか集めなかった場合何の役もつかないからです。

例えばもしも東場の親が、北と南と西をメンツにしても、東を2枚以上持っていなければ小四喜どころか1役もなくて和了することすらできません

たkる
たkる
四天王は4人いないと意味がない的な

そういった意味では、いつでも和了できる小三元はそもそも三元牌が優遇されているのかもしれないな、と思いました。

まとめると小三元と小四喜は一長一短ということですね。

 

小三元の作り方と使い方、相性の良い役

では最後に実践での小三元の和了の仕方について書いていきたいと思います。

小三元と相性のいい役としては以下のような感じ。

◆小三元と相性のいい役(※リンクは役の詳細説明に飛びます)

大三元・・・役満をちらつかせて相手の手を遅らせる、あるいは高め大三元で両天秤!

対々和・・・小三元は既に2メンツがコウツなので、あとの2つをコウツにすればいいだけ

チャンタホンロー・・・小三元は既に2メンツとアタマがヤオチュー牌なので残りの2メンツもヤオチュー牌で作ればいいだけ

ホンイツ・・・すでに2メンツとアタマは字牌なので、後の2メンツを一色でつくればよいだけ

小三元の作り方としては、とにかく鳴きを駆使していくことになり、大三元をちらつかせるというのも有効な手です。

例えばあなたが撥と白を鳴いて、もし中が場に一枚も見えてなければ、他家は嫌でも大三元を警戒します。

実際には中が1枚しかなかったとしても悠々と手を進めることができます。

他にも、小三元は計4役なので、2役のホンイツや対々和との組み合わせが相性がよくコンビで跳満を作りやすいです。

ホンイツトイトイ小三元なら倍満です。

すでに3種目の役牌が2枚切れていて、しょせんは小三元だと思って油断している相手に手痛いダメージを与えることも可能となります。

あとは小三元の条件はすべて字牌(ヤオチュー牌)なので、チャンタ、ホンローなども組み合わせやすいです。

 

終わりに

小三元は大三元に比べればやはり地味ですが、それでも組み合わせ次第ではけっこう強力な打点になります。

三元牌が完成している場合、意外と待ちが読みづらい役でもあるので、手が入った時はペテンや脅しも踏まえつつ、確実に和了したいものですね。

ぜひ使いこなしてドラゴン使いを目指していきましょう!

麻雀グッズ研究所のYoutubeチャンネルで麻雀用品にさらに詳しくなろう!
youtube-mahjonggoods-link

麻雀用品に詳しくなれるYoutube「麻雀グッズ研究所チャンネル」が本格始動!

  • 全自動麻雀卓の山積みの様子
  • 他では語られない麻雀技術の話
  • 最新の麻雀用品レビュー

などなど、麻雀用品に関するコンテンツを数多く取り揃えております。

gazz-skeltonjyouge-seiretu
slimplusscore-topamosjp2-top

今後麻雀牌や自動卓を買うかもしれない人は、最新製品が出た際にチェックできるよう念のためチャンネル登録しておくのがおすすめですよ!

\麻雀用品にさらに詳しくなる/麻雀グッズ研究所
チャンネルへ