アルバン社の最新全自動麻雀卓スリムプラス2020年モデルが発売開始!特徴をまとめた

slimplus-top

麻雀メーカー・アルバン社の主力全自動卓SLIMに2020年度バージョンが登場したというので情報をまとめていこうかなと思います。

商品名はスリムプラス、ちょっと機能がプラスされた新型モデルです。

ではみていきましょう!

そもそもSLIM(スリム)とは何か?国内産多機能全自動麻雀卓です。

まずはSLIMとは何かを簡単に振り返っていきましょう。

SLIMというのはアルバンという会社から出ている国産の全自動麻雀卓です。

値段は10~15万円(足の種類などによって若干変動あり)で、メジャー機能としては山を自動で積んでくれる機能のみ(点数表示や自動配牌はなし)となっています。

この15万円以下という価格帯が国内産の自動卓ではかなり安くて、最近でたアモスJP2が来るまでは、ぶっちぎりの安値でした。

しかも安いだけじゃなくてSLIMは割と多機能で、例えばこんな感じのメリットがありました。

  • メリット1:安い
  • メリット2:折りたためる
  • メリット3:軽くて持ち運びやすい
  • メリット4:モバイルバッテリーで野外対局も可能
  • メリット5:座卓タイプとテーブルタイプが変形可能
  • メリット6:普段はおしゃれテーブルになる
  • メリット7:トランプ牌も楽しめる

個人的にすごいなと思うのはモバイルバッテリーを使って野外でも対局可能という点で、持ち運びの自動卓ならSLIMみたいなところがあります。

(レアケースですが笑)

スリムの詳細機能については以下の記事にまとめたのでよければ参考にしてください。

【超便利!】全自動麻雀卓スリム(SLIM)が初心者にオススメな7つの理由廉価で買える国産の全自動麻雀卓として、人気があるものの一つに「SLIM」があります。 このSLIMは値段が15万円程度とそこそこ安...

SLIM(スリム)プラスの新機能まとめ

slimplus-top

SLIMのこれまでの機能を振り返ってきたところで、今度は2020年モデルであるSLIMプラスではどのような機能が追加されるのかをみていきましょう!

具体的には以下の3つですね。

  • サイコロゾーンが進化!丸⇨四角になったりランプが見やすくなったり!
  • スマートな折りたたみを実現
  • 低消費電力化

それぞれ簡単に解説していきます。

サイコロゾーンが進化!丸⇨四角になったりランプが見やすくなったり!

alimplus-dice-zone

まず大きな進化の一つ目はサイコロゾーンの変化です。

これまでのSLIMは中央部分が丸型だったのが、SLIMプラスでは四角になっています。

これにより、牌を6枚切りしやすくなりました!

たkる
たkる
大洋技研のAMOS系はずっと四角だったのでそれに合わせてきた模様!

スマートな折りたたみを実現

slim-plus-oritatami

続いてはハイテーブルの一つ足のタイプのみですが、折りたたみがスマートになりました。

スリムは基本的に重量が軽いので今までも折りたたみは全然苦ではなかったんですが、それがさらに楽になりました。

レバー的なものを引いて本体を持ち上げると、自然と折りたためて、折りたたみが完了すると自動でロックされる仕様とのこと。

ネジを緩めたりはする必要なし!

・・・これは強い!

たkる
たkる
折りたたみ機能に関しては国産卓でいうとSLIMの専売特許でしたが、アモスJPシリーズも2019年12月に折りたたみ機能搭載型を発表し、SLIM側がさらに進化して逃げ切りを狙う構成!

低消費電力化

slim-shoudenryoku

3つ目の進化は低電力化です。

これもSLIMはもともと電力消費が少ないことで有名だったんですが、さらに進化した模様。

詳しい原理はわかっていないんですが、中国卓は120-190WのAC(交流モーター)なので消費電力が多いけど、SLIMは45WのDC(直流)だから少ない!とのこと。

・・・なるほどな(わかっていない)

SLIMの進化は止まらない!

というのがSLIMプラス(2020年モデル)の特徴だそうです。

最後にSLIMを提供するアルバンのホームページで見かけた以下の言葉を引用して終わろうかなと思います。

もちろん、スリムの進化はこれに留まりません。

今回のアップグレードは、次の進化への布石です。

引用:https://www.alban.co.jp/user_data/slim_plus.php

なにこれカッコよくない・・・?

そんな感じで、さらにパワーアップした全自動卓スリムをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

SLIMプラスは今はまだAmazonのみ販売中っぽいです↓


家庭用全自動麻雀卓「SLIM P+/スリムプラス」ホワイト/座卓タイプ/2020モデル/業界最軽量最薄・超静音/箱から出したら2分で設置完了/1年保証/AMAZON仕様


家庭用全自動麻雀卓「SLIM P+/スリムプラス」ホワイト/テーブルタイプ/2020モデル/業界最軽量最薄・超静音/箱から出したら2分で設置完了/1年保証/AMAZON仕様


家庭用全自動麻雀卓「SLIM P+/スリムプラス」ホワイト/折りたたみ・移動式脚タイプ/2020モデル/業界最軽量最薄・超静音/箱から出したら2分で設置完了/1年保証/AMAZON仕様

P.S.点棒表示機能+瞬間点棒収納機能を搭載したスリムプラスSCOREも2020年に登場予定!プロトタイプを打たせていただきました!

alban-slimplus-score
【2020年3月発売!】点数表示付き全自動卓「スリムプラスSCORE」のプロトタイプ見てきた!SLIMの新バージョンが出たと聞きつけ、先月に引き続きアルバンショールームへ2度目の訪問をしました。 とか思われつつ、ガッ...

ではまた。良い麻雀ライフを!

全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種】価格別におすすめの全自動麻雀卓をまとめていきたいと思います。 価格帯としては10万円以下、20万円以下、50万円以下、50万円以上...
alban-showroom-taku
【アルバンショールーム体験レビュー】全自動麻雀卓の試し打ちができる施設へ行ってきた!麻雀グッズへの理解を深めるために、アルバンショールームへ行ってきました。 結論から言うと、すごい楽しかったです。なんかもう無限にい...
amosjp-oritatami-top
【国内メーカーの本気!】全自動麻雀卓アモスJPに折り畳みタイプが登場!大洋技研から2019年に発売されたアモスJPシリーズ。 点数表示機能なしで10万円代のアモスJP2と点数表示機能ありで20万円代の...
AbemaTVプレミアムでMリーグの見逃しを解消!

2018年から始まった麻雀プロ統一リーグ戦「Mリーグ」

各団体から選りすぐりの人気雀士たちが集められ、チームを組んでペナントレースを戦うというこれまでにない麻雀のスタイルで人気を博しています。

そんなMリーグは、AbemaTVで無料視聴ができますね。

しかし、Mリーグの放送時間は平日の夜・・・!

仕事が忙しいとつい見逃してしまうこともあるかと。

でも大丈夫!実は、Mリーグの見逃し配信ができるサービスがあるんです。

それがAbemaTVプレミアム

abematv-premium

月額960円の有料サービスではありますが、全ての過去配信が見放題で、かつコメントも楽しむことができます

このAbemaTVプレミアムに契約すれば、Mリーグを見逃した際も安心です!

Mリーグ好きで忙しい方、渋谷Abemasのファンの方は、ぜひ契約を検討してみてはいかがでしょうか。

初回は1ヶ月無料トライアル可能です!

>>AbemaTVを見に行く!