麻雀本

「闇麻のマミヤ」麻雀は人生を福本調で絶妙に表現【福本伸行最新本】

yakima-mamiya

2019年から近代麻雀で連載している漫画に福本伸行さんの「闇麻のマミヤ」というのがあります。

この漫画の第3話がすごく面白くて「麻雀は人生」という割とよく聞くフレーズをすごい絶妙に示していて感動しました。

今日はこの「闇麻のマミヤ」について紹介して行きます。

「闇麻のマミヤ」はアカギ死後20年の世界を描く福本漫画最新作!

yakima-mamiya

まずは「闇麻のマミヤ」という漫画の概要を簡単に紹介します。

この「闇麻のマミヤ」の作者は福本伸行さん。アカギ、カイジなどで知られる博打漫画の大御所ですね。

独特の・・・間!圧倒的ひらめき・・・!電流走る倒置法・・・!

とかが魅力です。

で、この福本伸行さんアカギが2018年に連載終了しまして、HEROも原画協力をしているもののちょっと稼働が空いたし、新しい連載を始めてみるか!ということで始まったのが「闇麻のマミヤ」となります。

最新の麻雀本事情【2018年7月出版予定】梅雨で雨ばかりですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 麻雀は室内スポーツなので雨の影響は少ないですが、雨だと雀荘に行くまでの足が少...

まず世界観としては、アカギや天などと同じ世界線。時間軸としては、アカギの死後20年後の令和の時代を描いたストーリーとなっています。

主人公はとしてはマミヤと呼ばれる一人の博徒、アカギと関わりのあった治もラーメン屋の店主として主にセッティング役として登場。

治がマミヤにアカギの面影を見て、マミヤを代打ちに立てて困った人々の頼みを聞いていく・・・!みたいなストーリーです。

闇麻のマミヤの特殊ルール!「闇麻雀」とは?

そして福本麻雀といえば鷲巣麻雀をはじめとした独特な特殊ルールですね。

この「闇麻のマミヤ」でも「闇」と呼ばれる特殊ルールが登場します。

これはどういうルールかというと、自分の任意の捨て牌を切るときに「闇」を宣言して牌を裏返すことができるというもの。

闇の発動に必要な点棒は1000点。リーチと同じですね。

この闇を使い、相手にロンされにくくすることができるというわけです。

ただ、相手はその「闇」に対し、2000点を払うことで「闇返し」ができ、これをすると牌は表にされてしまいます。

そしてそれが嫌な時は闇を仕掛けた側は最終手段として4000点棒を払い「完闇」とすることも可能。この完闇はひっくり返せません。

ちなみに「完闇」のまま牌を見ずにロンをして当たりだった場合、和了した手役の倍の支払いとなります。

スケスケだった鷲巣麻雀とは逆の発想の闇麻雀、気軽に真似できるし面白そうですね!

漫画アカギのワシズ麻雀牌が初心者指導に最適な件について!麻雀牌は萬子、筒子、ソウズそれぞれ9種と、字牌が7種、各4枚ずつで計136枚の牌からなっています。 基本的にはこれらの牌はすべて相...
透明牌だけじゃない!ワシズ麻雀の雰囲気を出すおすすめグッズまとめ!特殊な麻雀ルールとして有名なものの一つにワシズ麻雀があります。 これは漫画『アカギ』で10年近くも連載されたデスマッチが元となった...

「闇麻のマミヤ」第3話の麻雀は人生感がやばい!

で、この「闇麻のマミヤ」の中で個人的に気に入っているのが近代麻雀2019年10月号に掲載されていた第3話。

ここではマミヤ遅刻中につき、臨時代走をしている治が闇麻雀に挑んでいるのですが、この話がすごく面白いです。

独白の圧倒的福本調・・・!

初っ端のマミヤが治を心配する独白が以下のような感じ。

「ぶっちゃけあいつ
思い込みが激しくて
けっこう一人相撲
場がみえていない
相手の真意……」

この倒置法をふんだんに用いた福本調!

「けっこう一人相撲」から「みえていない相手の真意」のつながりが語呂良すぎて感動しました。

 

怯懦(きょうだ)とかいうパワーワード

で、もう一つすごいなと思ったのが「怯懦(きょうだ)」という表現。

治が差し馬相手の鬼頭のリーチに対して初めて闇を使用し、それがあまりにも弱気であるという意味で用いられたこの「怯懦(きょうだ)」という言葉、音だけ聞くと「強打(きょうだ)」と同じだしすごい上手いなと思った。

「強打かい?」「・・・怯懦だよ」

みたいなのが雀荘で流行りそうですね!

全ツッパ(ゼンツ)とは何か?その心理的ハードルを越える方法を解説初心者のときは誰もが出来たのに、技術を身に着け始めるとできなくなる人もいる。 そんな技術が全ツッパです。 全ツッパ(ゼンツ)...
日常的な麻雀用語の由来を解説【明日から自信を持って使える】テンパる、断トツ、チョンボなど、麻雀で使われる用語の中には日常でも使えるものがけっこうあります。 今日は、日常で使われる麻雀由来の...

麻雀は人生が腑に落ちるストーリー

で3つ目に感動したのが、「麻雀は人生」という比較的よく使われる表現がすごく絶妙に表現されたストーリー。

ちょっとだけ紹介すると以下のような感じです。

「麻雀は、
どこか心の深いところ
奥底で
人生の代理戦争
・・・
ありえたかもしれないもう一つの人生を
想起させる!
一局・一人生の胡蝶の夢!
・・・
やりがいのある仕事
そういう充実した航海
成功の感覚を束の間味わえることがある
・・・
治は自分で自分を
・・・
だいぶ冴えない人生
・・・
ミシミシと孤独を感じる夜もある
そんな治に・・・この人生!(タンピン三色聴牌)
・・・
成就したい!降ったら終わり!
くっ、結局、闇!」

こんな感じ。ここまで臨場感を持って「麻雀は人生」を表現した作品があっただろうか(反語)

ここで読めます↓

 

終わりに

ここまで「闇麻のマミヤ」について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

久々にキンマを買って読んだら久々の福本調にグッと来るものがありました。

アカギロス・・・!圧倒的福本不足・・・!

という人はぜひ読んでみてください。次のトレンドに来る可能性は十分あります。

ではまた。良い麻雀ライフを!

ハロウィン向け!麻雀打ちにオススメの仮装とコスプレそろそろハロウィンが近づいてきましたね。 ハロウィンともなると、仮装麻雀パーティを企画されている麻雀打ちの方も多いのではないでしょ...
majyan-tshirt
麻雀Tシャツオススメまとめ!普段使いからネタTまで麻雀うちの中には、麻雀Tシャツ、通称「雀T(ジャンティー)」を欲する人も多いのではないでしょうか。 麻雀合宿のネタとしてきて行った...
麻雀漫画のリアル度まとめ!勉強になるおすすめ漫画はこれだ!麻雀漫画には華があります。冴えわたる1点読み、神のような豪運、それぞれに与えられた特殊能力など、現実離れした内容の作品も多いですが、その...