5-2.雑学

麻雀大会を主催し運営するコツの話。オンラインと雀荘イベントの両面で解説します

youhin-radio

本記事では麻雀大会の主催・運営ノウハウについて解説します。

麻雀大会の主催をしてみたい!という人は多いのではないでしょうか。

しかし、大会の運営ともなると何をして良いかわからないという人がほとんどかと思います。

そこで今日は、

これから麻雀大会を企画してみたい!

という人に向けて、すでにオンラインでの麻雀大会を複数回運営し、さらにオフラインのイベントも企画中のぴんふさんに麻雀大会運営ノウハウを伺いました

こっちの方が詳しい↓

この記事の著者
たkる

麻雀用品レビューブロガー

たkる

プロフィール

麻雀グッズが好きすぎて麻雀用品サイトを作りました。麻雀グッズをさらに広める活動をしています。
麻雀牌、マット、卓の用品レビュー、本、漫画、グッズの関連商品も詳しいです。用品選びに迷ったらなんでも聞いてください
プロフィール詳細

広告

麻雀大会の分類。大きくネットと雀荘イベントに分かれる

blober-majyantaikai

まずは麻雀大会の分類です。

これは大きく

  • オフラインイベント・・雀荘を貸し切って行う
  • オンラインイベント・・ネット麻雀で行う

の2つがあります。

オフラインイベントの場合には、雀荘貸切費用、人数の調整などが必要となるため、より難易度が上がります

ではそれぞれのノウハウについて以下でみていきましょう。

ネット麻雀大会・オンラインイベントのやり方

esports_game_taikai

まずは比較的難易度の低いオンラインイベントのやり方を解説します。

ステップは以下の通り。

  • 会場を決める
  • 大会費用を払う
  • 大会の詳細を決める・告知を出す
  • 大会を開催する

ゲストを呼ぶ場合などは別途調整が必要になります。

ではそれぞれについて簡単にみていきましょう。

会場を決める

jyantama-tenho-vr

まずは会場ですが、これはネット麻雀のいずれかを利用するのが一般的です。

具体的には

  • 天鳳
  • 雀魂

の2択になるかと思うのですが、これは後者の雀魂がオススメです(ぴんふさん談)。

天鳳と雀魂は共に

  • 大会用ロビーがある
  • 自動マッチングができる
  • 連続何戦のカウントができる

というように基本機能は両者とも揃っています

しかし、天鳳では結果の集計が出るのが20分ごと(バッチが回ってるっぽい)なのに対し、雀魂は即時ででます。

なので大会終了時の待ち時間を減らせるという点で雀魂の方が便利なんだそうです。

また大会のルールの詳細は雀魂では個室同様にかなり細かく設定可能です。

大会費用を払う

money

続いては大会費用についてです。

これは天鳳の場合では無料ですが、雀魂では少しだけ費用がかかります

雀魂の場合では大会専用ロビーから輝石60個(120円くらい)を納入することで大会が開催可能。

jyantama-taikai-price

この費用分を差し引いても雀魂の方がおすすめとのこと。

大会の詳細を決める・告知を出す

jyantama-taikaikanri

続いては参加者集めです。

大会に人を集める集客力がもともとあるひとは「大会します!」だけで良いかもですが、そうでない場合は何らかのコンセプトがあった方が良いと言われています。

たkる
たkる
ぴんふさんの場合だと、初心者OKとかが多いそう。

告知はしつこいほどに何度もやった方が良いそうです。

大会を開催する

jyantama-taikai-checklist

当日の大会運営に関しては、主催者の他にもう1人運営を置く方が無難です。

なぜかというと、通常の運営とトラブル時に対応できる人員を分けた方が良いため。

特に始まりと終わりについてはトラブルが起こりやすいので、ここだけは経験者を配置するのがおすすめです。

具体的な例でいうと、へこきむし(@he_ko_ki)さんがエキスパートなのでお願いすると良いそう。

また当日は配信を行うなどして、参加者と対話ができる体制を整えるとなお良い。

(Twitterで完結でも良いけど、結果発表などは配信で行った方が盛り上がる)

景品について

itijyoiroha-goods

景品の選択は重要です。

何もないよりはあった方が良いですが、出せば出すだけ赤字になるからです。

もしあなたがクリエイターなら似顔絵を描く、自分のグッズを出すなどはオススメの方法と言えます。

逆に現金、Amazonギフト券などは味気ない上に金目当ての人間を引き寄せ、イカサマを誘発するリスクがあります。

転売ヤーなどには価値がなく、参加者にとって価値のある景品が理想です。

yakumansho-osusume
【麻雀景品】役満賞のルールとオススメまとめ!チップや祝儀も良いけどプレゼント熱いよね 本記事では役満賞にオススメの景品を紹介します。一般的な役満祝儀の相場についても解説するのでルール決めの参考にもどうぞ。 ...
kanshajyo
【予算別で選ぶ】麻雀大会にオススメな景品まとめ麻雀仲間が10人、20人と増えてくると、誰が一番強いのかというのはやはり気になりますよね。 そうなると決着をつけるしかない! ...

オフライン雀荘イベント・麻雀大会の主催・運営方法

jyanso-mitame

続いてはオフラインのイベントです。

こちらでは新たに、

  • 雀荘を予約する
  • 人数を調節する
  • 予算が赤字にならないようにバッファーを組む

などが必要となり高難易度となります。

以下でそれぞれ見ていきましょう。

雀荘の予約

cafe

まずは会場を押さえる必要があります。

この場合、馴染みの雀荘に行って空いてる日と予算感を確認し、予約を取ります。

オフラインイベントの場合、雀荘ありきなので日程や規模はこの予約ステップで決まり重要です。

ゲストを呼ぶ、人を集める

jinmyaku-hitorime

続いてのステップはゲストを呼び、大会のコンセプトを決め、人を集めることです。

前の2つはオンラインイベントと同様ですが、3つ目について、オフライン(雀荘)イベントではより重要となります。

なぜかというと、雀荘イベントの場合、雀荘の貸切料をペイしなくてはならないため。

つまり1日3万円の費用がかかっていたとして1人2000円取るとします。もし16人以上くれば良いですが、10人しか来なければ赤字です。

そんな感じで予想した人数から欠けるとそれだけ主催者がダメージを負うことになります。

たkる
たkる
ほぼ人数制限なしのオンラインと大きく違う点ですね。

なので人数集めはよりシビアに行う必要があり、

  • Twitterなどでの告知
  • 知り合いをあたる
  • 雀荘の常連客にも声をかけてもらう

など総合的なPRを行い、早めに人数を埋めるようにしましょう。

バッファーを組む

majyanutteruhito

人を集める前の段階での話にはなりますが、損益分岐点にバッファーを持たせるのも重要です。

つまり4卓16人が最大人数だとしたら、16人きてやったトントンにするのではなく、12人くらいで黒字になるように設定する。

このバッファーが重要となります。

というのは、

  • どうしても人を集めることができない
  • 予期せぬ事情等で当日キャンセルになる

などはリスクとして存在しているからです。

オフラインイベントは準備もオンラインイベントより大変なのもあり、頑張ったのに大赤字ではモチベもガタ落ちですね。

そうならないようにバッファーを持たせ、(儲けてると思われたくない人は)余った分をゲストや雀荘などに還元していきましょう。

番外編:ゲストの頼み方は?知り合いにDMで!

Mahjong_gamemntu

最後にゲストの呼び方について解説します。

といってもこれはそんなに難しいことはなく、基本的にはDMで声を掛ければOKだそうです。

ただし連盟のプロについては団体を通してという噂もあるそうで、そこだけ要注意。

ぴんふさんにコツを伺ったところ、普段からゲストに呼びたいプロや雀士と仲良くしておくことも重要とのこと。

気軽に話せる関係をSNS上で作っておけば、DMで依頼をかけても不審がられることは少ないでしょう。

予算感についても決まっているのであれば、あらかじめ「このぐらいなのですが大丈夫ですか」と聞いてみるのもありです。

麻雀大会をやってみよう!詳しい話は動画版もどうぞ

そんな感じがぴんふさんに伺った大会運営ノウハウでした。

より細かい話はラジオ版(Youtube)で話しているので興味ある方はぜひお聞きください。

今回は(ぴんふさんがお酒入ってないこともあり)かなり真面目な内容です。

麻雀大会は、麻雀打ちなら誰もが一度は参加する機会があると思います、一度運営して運営側の立場を理解してみるというのも良いかと思います。

今日にある方はぜひチャレンジしてみてください。

ではまた。良い麻雀ライフを!

麻雀グッズ研究所の公式オンラインショップがオープン!
shop-top-min

麻雀グッズ研究所でのレビュー実績とノウハウを活かして麻雀グッズのショップをオープンしました。(2021/09〜)

たkる
たkる
捨てられてしまう麻雀用品(特に牌)が少しでも減らせればという思いで作りました。

取扱い商品としては

・中古の麻雀牌
・オリジナルグッズ(点数早見表など)
・海外の珍しい麻雀用品

などです。

雀士1
雀士1
「ちょっといい牌をお手頃価格(5000円以内くらい)で、失敗せずに手に入れたい!」
雀士2
雀士2
「初心者に麻雀を教えるときにちょっと便利なグッズが欲しい」
雀士3
雀士3
「変わり種の麻雀系のボドゲで遊んでみたい」

(麻雀系ボドゲの貸し出しもしてます)

という人はぜひ覗いてみてください。

たkる
たkる
まだオープンしたばかりでやり方が固まってないところもありますが、基本的には要望に柔軟に対応していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

\麻雀用品・グッズの専門ショップ/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です