小物

麻雀専用サイコロ【パッコロ】で捻りサイの使い手に対抗せよ!

最近の打ち手(全自動卓派)の方にはなじみがないかもしれませんが、その昔、麻雀にはサイコロが必須アイテムでした。(手積み卓では今もですが)

手積み麻雀では、場決めの際に東南西北の牌をランダムに引いて席を決め、その後2個のサイコロを振って、出た目に応じて親を決めるのが一般的です。その後、各局ごとに親がサイコロを振り、手牌を取り出す位置を決定します。

これを普通はよくある6面体のサイコロで行うのですが、サイコロの出目を操るイカサマ使いもいましたし、サイコロ2個の合計値で取り出し位置を決めるため、厳密にいれば出目も公平ではありませんでした。

そこで、この問題を解決するために、さらに麻雀の場決めに特化したサイコロ「パッコロ」というものを開発。

しかし、その後全自動卓が流行りだし、パッコロブームは起こらずにお蔵入り。

今日はそんな、その場決めと親決め、取り出し位置を公平に決められる悲劇のアイテム「パッコロ」を紹介します。


【麻雀(マージャン)専用サイコロ】パッコロ

従来のサイコロの課題

まずは、従来のサイコロの課題をおさらいしましょう。

課題は2点あり、一つは出る目が偏るということ、もう一つはイカサマがしやすいことです。

ではそれぞれ見ていきます。

出る目が偏る

従来の6面体のサイコロで取り出し位置を決めた場合には、2つのサイコロの目の合計値を出る関係上、出やすい値と出にくい値があり、出る目に偏りがあるという問題がありました。

サイコロを2つ振った場合、出る目は2-12の11通りですが、確率的には6,7,8が多いですね。


麻雀用品 サイコロ 6個 12mm

念のため以下に確率をまとめてみました。

◆サイコロを2個投げた場合に、それぞれの合計値が出る確率

2が出る確率:1/36
3が出る確率:2/36
4が出る確率:3/36
5が出る確率:4/36
6が出る確率:5/36
7が出る確率:6/36
8が出る確率:5/36
9が出る確率:4/36
10が出る確率:3/36
11が出る確率:2/36
12が出る確率:1/36

これにより、取り出し位置が公平にならない問題がありました。

例えば、親の山が取り出し位置になる場合は、5,9が出たときだけなので8/36と1/4を下回っています。

一方で対面の山から取り出すケースは、3、7、11が出たときで、確率は10/36で1/4よりやや多い。下家と上家から取り出す確率はちょうど1/4です。

敢えて自分の山からは取り出しにくくしているのかもしれませんが、それにしては確率差が少なすぎて片落ちですね。

まあ、要は6面体のサイコロを振った場合には、出る目が偏り、厳密には公平でなかったということです。

一方でパッコロは正12面体のサイコロなので、1~12の値が出る確率はお互いに同確率です。

パッコロはイカサマがしにくい

出る目が公平であることはわかった。ただ、それだけでは、正直そんなにパッコロの存在意義はないかなと思います。

理論上はすべての山のどこをとっても確率は同じなのだから、別に親の山が残りやすくても問題はないはずです。

ではなぜパッコロが必要になるかというと、従来の6面体のサイコロにはびこるイカサマの存在があったからです。

本当にサイコロの目が操れるのかというところに疑問を感じる人もいるでしょうが、実際、手積み麻雀が全盛期だった戦後間もないころなどは、置きサイ、ひねりサイといった技がマスターし、サイコロの目を操る技術をもっていたプロの麻雀師が多数存在したそうです。

なぜ6面体のサイコロがイカサマがしやすいかというと、12面体に比べて面が少なく、角がとがっているからです。

一つの頂点を軸にコマのように回転させて軌道を操ったり、縦に回転させる力を覚えておくことで「この力で転がせば5回転する」といったように確率をコントロールしやすかったのです。

一方でパッコロは12面体であるため、面が多く、頂点も平たいのでボールのようにコロコロ転がります。

制御が困難で、イカサマがしにくいというのがパッコロの大きな魅力だったのです。

パッコロを使えば時短になる

またパッコロ第3の利点としては、親決めや取り出し位置決めを一度のダイスロールで行えるという点も挙げられます。

従来のサイコロではイカサマ防止のために、二度振りをする必要がありましたが、イカサマが困難なパッコロなら一度でよく、1回分得でした。

ゲームが回れば回るほど収益が上がるフリー雀荘などにとってもメリットがあるアイテムだったのです。

こんな有能なパッコロが売れなかったわけ

ではなんでこんなコペルニクス的発想のパッコロが売れなかったかというと、ちょうとタイミングが悪かったからです。

パッコロが発売されたのは、ちょうど全自動卓が導入され始めた1970年代くらい。全自動卓では積み込みは機械任せなので、イカサマをできない。

だから、積み込みとセットになるサイコロ技はほぼ警戒する必要はなくなり、パッコロも需要がなくなってしまったというわけです。

そして、全自動卓メインの現代麻雀では、わざわざ使いどころのないサイコロ技を練習するイカサマ師もいなくなりましたが、パッコロは往年のマイナーアイテムとして細々と販売がされています。


【麻雀(マージャン)専用サイコロ】パッコロ

パッコロの使い方

麻雀専門のさいころ、パッコロの使い方を紹介します。

パッコロは親決め用の赤のサイコロと、山の取り出し位置を決めるの黒のサイコロの2つからなります。

赤のパッコロにそれぞれ東南西北が3つずつあり、黒のパッコロには1-12の数字が一つずつ書かれています。

親決めの時は仮親が赤のサイコロを投げて、出た目の席に固定。それに合わせて全員が移動します。

(仮親がパッコロを振り、北が出たら仮親が北家になり、それに合わせて仮南家が東家、仮西家が南家、仮北家が西家となる)

そして、山を積んだら、親が黒のパッコロを振り、出た目の取り出し位置から牌を取っていき、ゲームスタートです。

赤のサイコロに関しては、一局精算の麻雀でも用いられることがあるそうです。
(和了者がこれを投げて、南が出たらその人を南家とする)

まとめ

まとめると以下の通りです。

パッコロは、角が丸く回転しやすい正十二面体であり、イカサマが防止できると同時に、出る目は均等で公平に取り出し位置を決めることができ、かつ時短になる。

ちなみに、このパッコロというアイテムですが、発明者はかなり気合をいれて特許出願などもしたそうですが、あまり流行らず、そうこうしてるうちに全自動卓が主流になってお蔵入りとなったそうです。

発想自体はすごく面白いと思うので、これからでも流行らせてあげたいと個人的には思ってます。

アイデアは面白いし300円程度と安価なので、イカサマの技術の高い友人と麻雀を打つ場合などにはぜひパッコロを採用してみてはいかがでしょうか。

 


Amazon:【麻雀(マージャン)専用サイコロ】パッコロ
楽天;パッコロ

併せて買いたい電動ダイスカップ

もしかするとパッコロですらも出目を操れるパッコロマスターがいるかもしれない。そんな不安がある方には、電動サイコロカップがオススメです。

全自動麻雀卓についているような自動サイコロで、ボタン一つでサイコロを振ってくれる優れものです。


Amazon:【ぴぴっと】 電動 ダイスカップ 自動 サイコロ 振り機 ダイス5個セット

楽天:【★送料無料★】POKAH 電動ダイスカップ ダイス5個セット 

心配性な人にオススメな100面ダイス

いやダイスカップすらもボタンの押し方で操ってくる可能性があるのでは、という超心配性な人は、この100面ダイスなどもオススメです。

この面数ならイカサマはほぼ人間業では不可能です。

欠点は、4で割って余りいくつかを毎回計算する手間がかかることですね(笑)

4で割ってあまり0⇒北家の山
4で割ってあまり1⇒親の山
4で割ってあまり2⇒南家の山
4で割ってあまり3⇒西家の山


楽天:100面ダイス 45mm

Amazon:GAMESCIENCE 100面ダイス D100 ZOCCHIHEDRON サイコロ ブラック 米国製