4.戦術

麻雀におけるションパイの意味と戦術について!序盤、中盤、終盤で危険度が変わる!

麻雀におけるションパイの意味と戦術を解説します。

たkる
たkる
ションパイとはまだ場に出ていない牌のこと。

このション牌の使い方については結構扱いが難しかったりもするので、以下で意味を学んでいきましょう!

広告

麻雀におけるションパイの意味とは?場に出てない牌のことです。

まずはションパイの意味を見ていきましょう。

ションパイというのはまだ場に出ていない牌のことを指します。

たkる
たkる
主に字牌のことを指します。
shonpai-miwakekata

上の画像でいうと、東がまだ出ていないですね?

これが初牌(ションパイ)となります。

枚数による呼び名の違いとしては

  • 1枚目・・・ションパイ
  • 2枚目・・・1枚切れ
  • 3枚目・・・地獄待ち
  • 4枚目・・・ラス牌

みたいな感じです。

麻雀におけるションパイの扱い方!先に切るかベタオリするか

続いては実際に麻雀中にションパイをどのように扱うかについての戦術です。

具体的にションパイの扱いで難しいのは序盤と終盤

それぞれで扱い方が変わるので注意が必要です。

ではそれぞれ見ていきましょう!

序盤のションパイの使い方

まずは序盤ですね。序盤ではションパイは割と残す方向で進めます。

というのはションパイは残り3枚が山に生きているかもしれない牌であり、対子になる可能性が高いからです。

なので、1枚切れとションパイの字牌があった場合、ションパイを残していく方向になります。

shonpai-jyoban

6巡目以内くらいならションパイを切るのもそんなに怖くない!

中盤のションパイの使い方

続いては中盤(6〜10巡目くらい)のションパイの使い方です。

この辺になるとションパイであることがちょっとレアな状況になってきます。

ここで考えるべきはションパイであることで逆に相手に持たれている可能性があるということと、相手に鳴かれるリスクはどのくらいかという点です。

たkる
たkる
ションパイは逆に持たれているかもなので、1枚切れの方が重なりやすい説もある!

つまり自分の手がめっちゃよければ気にせずにションパイを切り捨てていきますし、そうじゃない場合は自分の手と兼ね合いつつ切るかどうかを決めていく必要があります。

shonpai-chuuban

こういう特殊な場の時はやや苦しい・・・!

終盤のションパイの使い方

最後は終盤です。終盤は突如やってくることもありますが、大体10巡目以降くらいです。

終盤になるとションパイはめっちゃ怖い牌となります。

なので、自分の手がめっちゃ良くてすでにテンパイしているというとき以外はションパイを掴んだらベタオリです。

shonpai-utenakatta

打つとロンされるリスクが高いので注意。

ションパイを使いこなして麻雀の勝利を得よう!

という感じがションパイでした。

ションパイを切るタイミングは割と重要なので、ぜひマスターして勝利をつかんでいきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

mahjong-words-matome
麻雀業界用語一覧集・あいうえお順!【計1000ワードの完全版!】麻雀用語をまとめていきます。 まずはざっくり重要そうなワードをアイウエオ順で解説したつもりが、なぜか1000ワードになりました! ...
麻雀における地獄単騎の和了の確率速い聴牌を地獄単騎に受けると「こいつ素人か?」と思われがちです。実際はどうなんでしょうか。ちょっと計算してみました。 6巡目で地獄単騎...