5-2.雑学

麻雀打ちにおすすめ便利ツールまとめ!牌譜検討や実力把握に使える奴ら!

麻雀はアナログなボードゲームではありますが、現代麻雀においてはツールの力も無視できません。

例えば

  • 牌譜検討をする上では手牌状況をわかりやすく伝えること
  • 実力を測る上では長期スパンでの段位効率

などが重要となりますが、これを人力で用意するのは大変です。

そこでツールの出番となります。

ツールなんて作れないよ・・・

と言う人も大丈夫!

麻雀業界はアイデアと才能が豊富な人々がたくさんいて、便利なツールを色々とシェアしてくれているんです。

今日はそんな麻雀上達に欠かせないツール類を紹介していきます。

たkる
たkる
麻雀ツールで真のデジタル雀士を目指そう!
広告

麻雀初心者にオススメなルール把握のためのツール類

mahjong-tools

というわけで早速見ていきましょう。

まずは初心者向けとしてのルール把握のためのツール類です。

点数計算ツール「HAYAHAYA」

hayahaya-tensukeisan

まずは大洋技研から出ている点数計算ツールHAYAHAYAです。

こちらは

  • 牌を購入したときについてくるアナログ版
  • 誰でも利用できるWEB版

の2つがあり、今回は後者の紹介となります。

使い方としてはこんな感じの画面が出てくるので、

hayahayaweb-kan2tuhayahayaweb-pinhunomi

流れに従って

雀頭(アタマ)、メンツの形、カンした回数

などを入れていくと勝手に点数が算出されるというもの。

hayahayaweb-70hukekka

点数計算があやふやかも・・・という人におすすめ。

麻雀中級者にオススメな実力アップのためのツール類

続いては中級者向けです。

こちらではすでにルールは覚えたという人に向けて実力アップのためのツール類を紹介していきます。

NAGAの牌譜解析

naga-colabo

続いては麻雀AIを用いた方法についてです。

期間限定ではありますが、天鳳八段の麻雀AI・NAGAが天鳳大会参加者の全牌譜を検討するという試みが2020/8に行われました。

naga

で、そのデータが大会終了後も閲覧可能なのでそれを使ってAIから正着打を割り出すのも一つの手。

詳細↓

【見方を解説】天鳳大会で麻雀AI「NAGA」が牌譜解析してくれた!

牌効率チェックツール

続いてはこちら。

天鳳位のたけおしゃんさんが開発した「牌効率チェックツール」です。

有効牌の種類と枚数をカウントしてくれるという優れもの。

何切るの議論などは空中戦になりやすいので、受け入れ枚数を計算してファクトに基づいた議論を行うと効率的です。

たkる
たkる
他にも色々ツールがあるので要チェック

麻雀上級者にオススメな実力把握のためのツール類

最後に上級者向けです。

ここでは実力を正確に把握したり、牌譜検討を効率的にするツールを紹介します。

2334ちゃん

まず紹介したいのが2334ちゃんです。

2334chan-top

こちらは牌譜作成を行えるLineのチャットボットとなっています。

使い方は簡単で、

  1. 2334ちゃんの友達追加する
  2. 2334ちゃんに牌の形をメッセージで送る
  3. 2334ちゃんが牌勢を作成してくれる

というもの。

こんな感じ↓

2334chan

ちなみに牌の伝え方としては、

  • 数字+m、p、s
  • 字牌はそのまま

で伝えます。できた牌勢に関してはブログとかSNSでシェア可能とのことで、よりわかりやすく自分の手牌を伝えたいときにおすすめ。

たkる
たkる
スクショの取れないリアル麻雀を振り返るときにも良い!

男冥利(天鳳段位測定ツール)

otokomyouri

続いては天鳳を使っている人におすすめの実力把握ツールです。

それがこちらの男冥利というサイトです。

こちらのサイトでは特上卓・鳳凰卓の全プレイヤーデータを保管しており、

  • 月別
  • 直近○○戦

での戦績を確認することができます。

自分自身の段位効率を調べたり、あるいはライバルの戦績を調べたりが可能。

たkる
たkる
天鳳高段位を目指す人におすすめ

雀魂牌譜屋・金

ちなみに雀魂でも同様に自分や他家の戦績を測るツールが作られました。

それがこちらの「雀魂牌譜屋・金」というサイト。

こちらでは

  • 人に絞った牌譜検索
  • 直近の戦績
  • 座席別の順位率

などを知ることができます。

たkる
たkる
中国の方が作っているため中国語、英語、日本語とグローバル対応のサイトとなっています。

麻雀ツールを使いこなして実力アップを図ろう!

こんな感じが麻雀ツールのまとめでした。

気になるものがあれば是非使ってみましょう!

そんな感じ。ではまた。良い麻雀ライフを!