1-3.卓

全自動麻雀卓DeepSea(ディープシー)ブルーマットなささき商事社の新作レビュー!

deepsea-top

「麻雀界2020年11月号」をカフェでゆるゆると読んでいると、裏面の広告に見慣れぬ自動卓が発見されました。

全自動麻雀卓「DeepSea(ディープシー)」というやつです。

deepsea-koukoku
たkる
たkる
こんなブルーマットの卓は知らない!

と思って調べてみました!

たkる
たkる
まだ実際に確認できてはいないのでスペック周りだけ
広告

ささき商事の新作全自動麻雀卓「DeepSea(ディープシー)」の機能スペック概要

deepsea-top

というわけでまずは調べてみました。

ささき商事さんのサイトへGO!

で値段的に多分山積みのみだろうなーと思って、「点数表示なし」をみてみたんですが、まだ情報はなし

たkる
たkる
おそらく更新が間に合っていないとみた!

手詰まりなので広告の内容をまとめます。

deepsea
名前全自動麻雀卓「DeepSea(ディープシー)」
機能山積みのみ?折りたたみ可能
サイズ90cm × 90cm × 76cm
牌サイズ28mm
値段64,800円+税+送料11,000円〜(地域による)

こんな感じ。

本体価格は現状最安値と言っても過言ではない(確かマークンが72,000円だったはず)のですが、送料がつくと75000円ほどになってしまうので店頭受け取りがおすすめとのこと。

卓サイズはややデカい全自動卓ゴリラサイズですが、折りたたみもできるとのことで邪魔にはならなそうですね。

◆ゴリラのスペック

  • 値段…68,800円
  • 卓サイズ…縦78 × 横90 × 幅90 cm
  • 牌…33mm or 28mm
たkる
たkる
牌サイズは違うけどなんとなく似ている!

ゴリラ↓

gorilla-seino

あと特徴的なのがなんと言ってもブルーのマット!

deepsea-koukoku

手積み卓用ではたまにブルーのマットがありますが、自動卓ではおそらく初!

ブルーカラーで部屋をいい感じにしたい人にはおすすめです。

8月に発売の全自動麻雀卓AQUA(アクア)とDeepSeaの違い

aqua-deepsea

ちなみにささき商事さんは2020年8月に79,800円でオリジナル卓「AQUA(アクア)」を売り出しています。

これとどう違うの・・・?

と思った人も多いのではないでしょうか。

これらの違いとしては、ベースとなる卓が違うように見えます。

というのは、アクアの場合はほぼスパイダーハッシュと同じで、足の形もタコっぽい感じになっています。

左がスパイダーハッシュ、右がアクア

spider-hashaqua-reg

一方、今回の機種はゴリラ系の大型1つ足方式(折りたたみも可能)。

左がDEEPSEA、右がゴリラ

deepsea-upgorilla-seino

機能的には共に28mm牌で山積みのみですが、折りたたみが可能であるという点が今回のDeepSeaのメリットで、逆に卓サイズの小ささではアクアに軍配が上がります。

あとは色合い的にもアクアはクリーム色の可愛い系でしたが、このDeepSeaは黒と青で深海系のかっこいいテイスト。

この辺も違いかなと思いました。

たkる
たkる
似ている卓のレビュー↓

終わりに。DeepSeaについての詳細情報入りましたら追記します!

deepsea-top

とりあえず机上でわかる範囲としてDeepSeaについてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

まだささき商事さんのサイトにも売り出されていないので、電話での問い合わせのみとなりそうですが、コスパ面ではかなりいい感じですね!

詳細については情報入り次第追記していきますので興味ある方はちょくちょくみていただけると幸いです。

そんな感じ。ではまた。良い麻雀ライフを!

おすすめ記事↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です