5-2.雑学

カゴバックとは?フリー麻雀で負けたアウトすれすれの状態

フリー麻雀でたまーに聞く用語「カゴバック」を解説します。

意味は「最初にお預かりしたカゴ(例えば3000円分)」を崩さないと支払いを行えない状態を指します。

つまりカゴバックさせられた人はアチい状態です。

以下で詳しく解説します。

フリーとは?という人は以下の記事をどうぞ。

雀荘とは何か?全自動麻雀卓の利用料金、セットとフリーの違いなど【店舗数は8000】雀荘とは何か?について解説していきます。 雀荘とは、一言で言うと「麻雀を打てる施設」のこと。 ただ、麻雀を打つ料金体系として...

>>雀荘とは何か?全自動麻雀卓の利用料金、セットとフリーの違いなど

この記事の著者
たkる

麻雀用品レビューブロガー

たkる

プロフィール

麻雀グッズが好きすぎて麻雀用品サイトを作りました。麻雀グッズをさらに広める活動をしています。
麻雀牌、マット、卓の用品レビュー、本、漫画、グッズの関連商品も詳しいです。用品選びに迷ったらなんでも聞いてください
プロフィール詳細

広告

フリー麻雀では最初にお預かり金が必要になる

まず前提としてなぜカゴという概念が登場するのかについて簡単に解説します。

フリー麻雀(レートあり)では、無一文で現れて負けたら支払わないという太え客が来ないように、最初に1〜2ラスを引いても大丈夫な額を預けるのが一般的です。

これを「お預かり金(お預かり)」と言い、

  • てんさん・・・2000-3000円くらい
  • てんご・・・3000-5000円くらい

が必要となります。

預かり金の一部がカゴとなり、最後にバックする

そしてこの預かり金がカードなどに変換され、カゴに入れて渡されます。

この時、カゴが3000円分、5000円分というようにお店によって決まっています。

このカゴは、最後に精算する時に返してもらえます。

これは、負けて残金がギリギリになった人が、負けたら払えないのにアツ続行することを避けるためにあるルールです。

残金が少ない状態で負けても、カゴを崩すことで支払いを行うことができ、カゴがなくなったら次のゲームには参加できません。

手持ちが少ない人はATMなどに一度寄らないといけないというわけです。

このカゴを最終精算時ではなく、ゲーム中に崩すことを「カゴバック」と言います。

カゴバックを避けるには3ゲーム負けても大丈夫な額を持っていくのが無難

カゴバックはけっこう恥ずかしいし、なんか切ないフリー麻雀の醍醐味(長村大さん談)です。

できれば避けたいところなので、カゴバックになりそうな時はカゴバックになる前に帰る方が良いでしょう。

(カゴバックになるとラス半コールなしで急遽帰ることになり、お店にとっても迷惑なため)

そこでいくら持っていけばいいのかという話ですが、大体3ラス分くらいが目安と言われています。

預かり金は1〜2ラス分のことが多いので、その1.5〜2倍くらい。

具体的には

  • てんご…ワンラス2500円くらいなので1万円くらい
  • てんぴん…ワンラス5000円くらいなので2万円くらい

があれば安心です。

このくらいあれば、減ってきたなーじゃあラス半!というように余裕ができるので、カゴバックを避けることができます。

ぜひ試してみてください。ではまた。良い麻雀ライフを!

雀荘とは何か?全自動麻雀卓の利用料金、セットとフリーの違いなど【店舗数は8000】雀荘とは何か?について解説していきます。 雀荘とは、一言で言うと「麻雀を打てる施設」のこと。 ただ、麻雀を打つ料金体系として...

>>雀荘とは何か?全自動麻雀卓の利用料金、セットとフリーの違いなど

初めてのフリー麻雀の持ち物とコツ!おすすめ雀荘やマナーについても解説!フリー麻雀に初めて行く際は、かなり緊張した思い出があります。 仲間内ではレートありの麻雀を打ったことがあっても、知らない人と打つと...

>>初めてのフリー麻雀の持ち物とコツ!おすすめ雀荘やマナーについても解説!

雀魂の最新情報まとめ!
jyantama-tenho-vr

雀魂のまとめ記事を作りました。

  • 天鳳との違い
  • 最新イベント情報
  • キャラの入手方法と一覧
  • 攻略のコツ

など大体全情報がここにあります。

ぜひチェックしてみてください!

\話題の雀魂を完全攻略/

関連コンテンツ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。