2-1.麻雀本・漫画

麻雀漫画レビュー「鳴かせてくれない上家さん」ComicWalkerで連載中

nakase-ueie

麻雀漫画の新作をレビューします。

今回は近代麻雀以外の「鳴かせてくれない上家さん」。こちらはComicWalkerで連載中です。

では以下でどんなお話しなのかを見ていきましょう。

2020年8月2日(日)20:00~8月9日(日)1:59で楽天お買い物マラソン開催中!
>>楽天市場

漫画「鳴かせてくれない上家さん」とは?

麻雀漫画「鳴かせてくれない上家さん」とはどのような物語なのかを簡単に紹介します。

ジャンルとしては学園麻雀漫画(日常系)です。

屋上で一人でネット麻雀をしていた主人公が、後輩の女の子に誘われ、麻雀部でリアル麻雀を打つようになる…というお話。

鳴かせてくれない理由としては、技術的にというよりも

可愛すぎて鳴きそびれる

とかそんな感じ。打牌描写とかもざっくりしてて、どちらかというと初心者向けな感じです。

ちなみに麻雀漫画というと大体は近代麻雀発の者が多いんですが、本作はComicWalkerというWEB漫画サイトで連載している作品となります。

あと監修にはMリーガーの内川幸太郎さんを起用しているとのこと!

2020年7月現在では、4話まで出ていて全部無料で読めちゃいます。

漫画「鳴かせてくれない上家さん」のレビュー

nakase-ueie

ではそんな「鳴かせてくれない上家さん」のレビューをしていきます。

まだ4話しかないんですが、4話まで読んだ感想としては、今後化ける可能性はあるな!という感じがしました。

初心者向けのコンテンツとして良さそう!

具体的には以下の点がすごいと思っていて、

  • キャラが可愛い
  • 1話ごとにルール説明が地味になされている

雀魂とか咲から入って麻雀を始めたばかりの人に刺さりそうなテイストかなと思っています。

さらに1話ごとにその話で出てきた役の解説が1P分入るんですが、これが分かりやすい!

なのでこのマンガを何となく読むと

具体例➔役分かる

という流れで一気に役をマスターできてしまいそう!

あと

  • 第一ツモの取り忘れ
  • 表情を隠しきれていない

とか、そういうネトマではないけどリアルだとある間違いがちポイントも解説されているのでネトマ勢のリアル予習にもよさそう!

本当に鳴かせていない

ちなみに本マンガでは、打牌描写は捨て牌がほとんど描かれないという独特なスタイル(自分の手と空いての表情だけ)なんですが、一つだけめっちゃコダワリなポイントもあるんです。

それが上家にいる上家さん(←名前)からは絶対に鳴けていないということで、よーく見ると

  • ポンしかしていない(上家が鳴かせないのでチー出来ない)
  • ポンもちゃんと対面か下家からになっている

といった感じ。

麻雀をそこそこ分かる人はその辺を意識しながら読むとちょっと楽しいかもです。

キャラにもポテンシャルがある

あとはまだ4話なので何とも言えないですが、ちょこっと出ているサブキャラたちもキャラが立ってそうな感じはしました。

なので、今後さらにキャラが深堀されていくと世界観が深まって、めっちゃ伸びそうな感じもします。

そんな感じが「鳴かせてくれない上家さん」でした。

まだ単行本とは出ていないですが今後のトレンドになりそうなオーラがあるのでぜひチェックしていきましょう。

たkる
たkる
雑誌「コミックフラッパー」とあとウェブだとComicWalkerで連載中!

ではまた。良い麻雀ライフを!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です