【木造住宅にマッチする茶色】自動雀卓木彫り調FR-X2(FreeShine社製)

freeshine-frx2

全自動卓を家に置きたい、そう考える麻雀打ちの中には、他のインテリアとのマッチングの面で二の足を踏む人もいるかと思います。

「この完全に計算され尽くした自然な木の色の部屋に、機械感丸出しの自動雀卓を置いては景観が乱れてしまう・・・

という悩みです。

今日は、そんな自然派おしゃれな部屋を持つ麻雀打ちに向けて、木造住宅にマッチする茶色の木彫り調自動雀卓(FreeShine社製)を紹介します。

FreeShine社はおしゃれ雀卓に定評あり

まずは今回紹介する全自動卓を開発、販売するFreeShine社についてみていきましょう。

freeshine-majyan

FreeShine社は2009年に設立の日本の会社で、LEDパネルの会社となっています。なぜか全自動麻雀卓も販売していて、「PSE付き全自動麻雀卓 FR-Xシリーズ」がFreeShineのブランドとなります。

特徴としてはPSE付きである点、デザインがおしゃれである点、静音である点などで、10万円以下でそこそこ良い卓を提供するというのが魅力です。

さらにライト事情と組み合わせた全自動卓専用のライトアップ器具とかも売り出されているため、照明が暗い部屋でも安心!

freeshine-light

・・・これで席ごとの明るさ格差は撲滅される!

FreeShine社の木彫り調自動雀卓FR-X2

では実際にFreeShine社の自動雀卓を見ていきましょう。

まず見た目ですが、こんな感じです。レトロモダンな雰囲気ですね。

freeshine-jidoujyantaku

この雀卓モードでも十分応接間に置いても差し支えないようなデザインですが、カバーをつけるとさらにテーブル感が増します。

freeshine-frx2-table

こうなるともはや完全にテーブルですね!誰が麻雀卓(しかも自動!)と予測できようか・・!

詳細情報は以下の通り。

  • 機能:山を積む機能(点数表示、自動配牌はなし)、USB充電機能(4口)
  • 値段:93,800円(Amazon価格)
  • 卓サイズ:950mm×950mm 高さ 790mm
  • 牌サイズ:高さ33mm×幅24mm×厚さ18mm(28mmVerも出ています)
  • 牌背色:水・竹色 点棒付・自動サイコロボタン付 牌乾燥用ファン付!
  • 重量:約55kg

 

逆に超メタリックスタイルの自動卓も出ている!

ちなみにこのFreeShine社ですが、木目調の麻雀卓だけでなく、逆に他の追随を許さないほどのメタリックな自動卓も出ています。

それがこちら!

freeshine-frx0

・・・これはこれで、超近未来的なSF感があっていいですね!

近代的なオフィスとかに置いたら映えそう!

詳細情報は以下の通り。

  • 機能:山を積む機能(点数表示、自動配牌はなし)、USB充電機能(4口)
  • 値段:88,600円
  • 卓サイズ:950mm×950mm 高さ 790mm
  • 牌サイズ:高さ33mm×幅24mm×厚さ18mm
  • 牌背色:水・竹色 点棒付・自動サイコロボタン付
  • 重量:約55kg

 

終わりに

ここまでFreeShine社の木目調自動卓について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

これならどんなに木造カントリーなレイアウトでも景観を損ねることはありません。

景観が原因で決済が下りなかったという人は是非この卓を提案してみてください。

ではまた。良い麻雀ライフを!

10万円以上の超高級麻雀牌おすすめまとめ【散財したい金持ち向け】「麻雀打ちって実はお金をかけるところがあまりない!」 という意見はたまに聞きます。 「全自動麻雀卓を導入!」というのはお金の...
全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種】価格別におすすめの全自動麻雀卓をまとめていきたいと思います。 価格帯としては10万円以下、20万円以下、50万円以下、50万円以上...
麻雀卓の選び方とオススメテーブルまとめお疲れ様です。ワンルームに2台の麻雀卓を置いているたkるです。 今日は、雀士最大の買い物である「麻雀卓」の選び方について書いていき...