10万円以上の超高級麻雀牌おすすめまとめ【散財したい金持ち向け】

「麻雀打ちって実はお金をかけるところがあまりない!」

という意見はたまに聞きます。

「全自動麻雀卓を導入!」というのはお金の使い方としてスマートではありますが、人によっては置き場に困るとか、「そもそも手積み派なんだわ!」とか色々事情があることと思います。

それに一回買ったら買ったでむしろ場所代がなくなって、お金がまた貯まってきた!という人もいるかと。

そこで今日は、金はあるけど使い道に困っているという勝ち組or金持ちな打ち手に向けて、10万円以上する超高級麻雀牌を紹介していきます。

皆様のよいお金の使い方を手助けできれば幸いです。

では参ります。

1.象牙麻雀牌【平均20万円】

まずは超高級麻雀牌の王道である象牙麻雀牌です。

象牙はワシントン条約で新規の輸入が禁じられていることから、プレミアがついて値段が高まっています。

完全に禁じられているわけではなく、ワシントン条約制定前に輸入されたものとかはOKです。

象牙製の判子とかも売られています↓

で、この象牙牌のヤフオクでの落札価格は20万円程度とのこと。偽物とかもあるみたいなので、輸入証明書付きの正規の象牙麻雀牌を選ぶようにしましょう!

本物の見分け方のコツとか、手に入れ方についてのあれこれは以下の記事にかいているので、よければ参考にしてください!

2.フェラーリ社の麻雀牌【30万円】

続いては高級車の王道・フェラーリ社から出ている麻雀牌を紹介します。

フェラーリマークのオリジナル牌も↓

車の会社として知られるフェラーリ社ですが、実はチェスやダイヤモンドゲームなど、ボードゲームもたまに発売しているのです。

その中の一つが「カーボンファイバー麻雀牌セット」で、こちらの商品はフェラーリ社純正商品の麻雀セットとなっており、値段は30万円ほど。

車好きな方にオススメ!

3.市川屋の完全オリジナル特注象牙牌【87万円】

続いては高級麻雀ショップとして知られる市川屋の特注牌です。

単に模様をオリジナルにするだけであれば数万円程度でできますが、これで素材を象牙をチョイスすると値段は一気に跳ね上がります。

市川屋のサイト上では

光龍用特製象牙牌  890000円

となっており、89万円でオリジナル象牙牌を作ることができるようです。

ただ、どこから象牙を調達してくるのかはよく分からなかったです。

ちなみに象牙以外にも金とか銀とかで牌を作りたい場合も応相談で請け負ってくれるそうですね。

素材とお金が余っている人は謎の麻雀ショップ・市川屋へ依頼をかけてみましょう。

4.早野精工の純金牌のゴールド麻雀牌「至高」【一式72万円、1つ5300円】

続いてはゲーム会社のセガがかつて(2008年に)発売したと言われる幻の高級牌「至高」です。

この牌はすべての牌に職人が一つ一つ金メッキで仕上げていったという気合の入った牌で、メーカー希望小売価格は販売価格 2,400,000円 とのこと!

当時は税率5%でしたが、それでも税込みで252万円という車レベルの単価です。

レアものらしく今も買えるのかは不明。

⇨セガでの売り出しは終わっていますが、現在では早野精工にて一個5200円、一式72万円で販売されている模様!

ougonnpai
早野研工の金メッキ麻雀牌!一個5300円、一式72万円のプレゼントとにかく高級な麻雀牌が欲しい、という人もいるかと思います。 そんな人に向けて、今日は早野研工から販売されている「黄金の麻雀牌」を紹...

5.ふるさと納税で手に入る有田焼の陶器牌【寄付金400万円以上】

続いては、ふるさと納税のお礼の品として手に入る有田焼の陶器麻雀牌です。

それがこちら↓

これ全部陶器でできているらしいです。

側面まできっちり模様が入った気合の入った牌ですが、陶器なので強打したらたぶん割れます。

あくまで観賞用ですね。

お値段は寄付金400万円以上とのこと!

◆参考記事:ふるさと納税で麻雀関連グッズが手に入る自治体まとめ

ふるさと納税お礼の品で麻雀牌や卓を貰える自治体まとめある地方自治体に寄付金を払うと払った額に応じてお礼の品がもらえるふるさと納税。 ふるさと納税で麻雀牌と麻雀卓が手に入るという話(麻...

終わりに

ここまで10万円以上する超高級麻雀牌を安い順に紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

海外にはさらに高い牌とかもあるかもなので、金があぶいている人はぜひ検討してみてください。

いや、ちょっと数万円くらいの予算でふつうの高級牌を買いたいんだけど…

という人は以下の記事を参考にしてください。

オシャレで手が届くオススメ牌を紹介しています!

まあ、麻雀牌は武士で言えば日本刀みたいなところもあるかと思うので、ぜひ良いものを使っていきたいものですね。

では今日はこの辺で。よい麻雀ライフを!