2-1.麻雀本・漫画

雑誌・麻雀界の入手場所と内容について【近代麻雀と違いあり!】

麻雀雑誌というと、「近代麻雀」が有名ですが、実はもう一つ「麻雀界」という雑誌があるんです。

ただかなりレアで本屋とかではほとんど見かけない(キンマも最近は本屋であんまり見かけないですが)ため、読みたいなーと思いつつも読む機会がない雑誌でもありました。

たkる
たkる
知る人ぞ知る麻雀業界紙です

今日はこの麻雀界という雑誌について、

  • 内容
  • 入手可能場所

について解説していきます。

広告

麻雀雑誌「麻雀界」は業界の動向が知れる雑誌!プロ事情も詳しい

まずは麻雀界の立ち位置について、同じく麻雀雑誌である近代麻雀と比較しつつ見ていきましょう。

mahjongkai

近代麻雀と麻雀界、どちらも麻雀雑誌であり、Mリーグや最強位戦などの大きな大会は取り上げていたりして違いがわかりにくいですが、違いはざっくり言うと以下の通り。

  • 近代麻雀・・架空の麻雀(漫画)を楽しむ雑誌。
  • 麻雀界・・実在の麻雀事情を楽しむ雑誌

近代麻雀は、漫画やグラビアなどが中心の雑誌で、健康麻雀についてはあまり大きく取り上げられないですが、麻雀界はどちらかと言うと大人向けの雑誌で、漫画はほとんどなく麻雀業界の成果報告みたいなコラムがたくさんあります。

  • Ex1:世界に日本の麻雀を普及させてきました。
  • Ex2:健康麻雀の大会を開催しました。

などです。そんな感じで、ミクロな視点で麻雀そのものを楽しむなら近代麻雀が最適ですが、マクロな視点で麻雀業界全体の動向を俯瞰したい人は麻雀界も必読です。

雑誌「麻雀界」で特に面白かった3つの内容【感想レビュー】

majyankaiではそんな麻雀界を実は初めて読んだんですが、2019年12月号での感想として、面白かった点を3つほど紹介していきます。

具体的には以下の通り。

  • 健康麻雀の市場規模知れた
  • グローバルな麻雀活動に勤しむ人たちの存在を知れた

それぞれ見ていきます。

健康麻雀の市場規模知れた

まず一つ目は健康麻雀の活動をしれた点が楽しかったです。

健康麻雀がブームであると聞いてはいたものの、麻雀というのが如何せん表には出てこない活動であることもあり、どのくらい流行っているのかがよくわかっていませんでした。

しかし、麻雀界を読むと、「東京千代田のホテルグランドパレスで百人規模の健康麻雀大会が開催されている」など健康麻雀のプレイヤーがすごい多いことがわかりました!

たkる
たkる
すげえ!これで老後も安泰だ!(麻雀仲間に困らない的な意味で)

グローバルな麻雀活動に勤しむ人たちの存在を知れた!

次に驚いたのが、麻雀業界のグローバルへの進出でした。

日本式の麻雀は、アメリカ式や中国式とはルールが違うという話もあり、国内だけのものかと思っていたんですが、実は日本式麻雀は世界中で結構人気なんだとか。

で、実際に麻雀ライターの福地誠さんがポーランドにワークショップに行ったりとか、世界麻雀団体の設立に向けた動きなどの活動があることがわかりました。

世界的に高齢化社会の問題はあるから、そこを健康麻雀で対応しましょう!みたいな流れがあるんだそうです。

たkる
たkる
え、なにめっちゃグローバルじゃね?全然知らなかったわー!

レア雑誌「麻雀界」の買える場所!ネットか秋葉原の書泉ブックタワー

ちなみにこの麻雀界ってどこで買えるのか、というと以下の2つです。

  • オンライン書店fujisan.com
  • 秋葉原にある書泉ブックタワー

それぞれ解説します。

オンライン書店fujisan.com

まずは買える場所その1としての雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp です。

麻雀界は割とマイナーなので、普通の本屋には売っていない上、Amazonとか楽天でも過去ナンバーは売られていません。

そこでおすすめなのが雑誌のオンライン書店Fujisanで、ここなら年間購読(割引あり)とかも可能です。

>>雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp

たkる
たkる
Amazonとかでも買えるけどたまに売り切れる

秋葉原にある書泉ブックタワー

続いてはリアル店舗の販売情報です。リアル店舗で見ると超大型の本屋でも麻雀界は置かれていません。

しかし唯一売られている本屋があって、それが秋葉原にある書泉ブックタワー。

shosen-book-tower-gaikan

9階建てという縦に長い大型書店で、割とマイナーな本まで置いてあるこの本屋、麻雀界も取り扱いありです。(4階の麻雀エリアにあります。最新号のみですね。)

shosen-book-tower-flore

ここでも購入可能です。

mahjongkai

ちなみに毎月1日発売の麻雀界を10日くらいに買いに行ったら売り切れていたこともありました。

mahjongkai-urikire

こだわりがなければネット(雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp)の方が無難かも。

麻雀界を読むと、麻雀業界の未来に希望を見いだせる!

という感じで麻雀界を読むと、「若者の麻雀離れ」とか言われますが、麻雀業界は意外と未来が明るいなと思います。

麻雀ブログをやっている身としては、かなり面白く読ませていただきました。

たkる
たkる
今後もぜひ購読したい!

あと日本各地の健康麻雀教室の場所とかもまとめてあって、これから麻雀を始める人の参考にもなるかも!

麻雀業界の動向を知りたい人はぜひ読んでみてください。発売は毎月1日だそうです。

ではまた。良い麻雀ライフを!

kinma-gekkan-top
近代麻雀は廃刊になった?月刊誌化して値段と発売日が変わっただけです。麻雀漫画の雑誌として知られる「近代麻雀」。 月2回隔週発売というわりあい特殊な出版スタイルが特徴でしたが、どうやらこれが変わるよう...
majyanhon-matome
【8ジャンルに分類】麻雀本おすすめレビュー59選!さらに激選の18冊は必見!麻雀を強くなろうとしたときに麻雀の戦術書を読むというアプローチは有効です。 とはいえ「本屋に行くといろいろな麻雀本があってよくわからな...
ma-jan_tsumo_man
【初心者向け】健康麻雀の始め方とオススメの用具、上達法のまとめ【老後の趣味はこれで決まり!】麻雀というと、暗い室内で、たばこの煙がもくもく上がっていて、怖い人たちが金を取り合っている。 そんなアンダーグラウンドなイメージを...