麻雀関連

無料で麻雀を打ち続けるための方法4選

muryou-mahjong

麻雀を心ゆくまで打ち続けたいけどいかんせん金がない。

そんなこともままあるかなと思います。

今日は、そんな麻雀への熱いソウルと寒いお財布を併せ持つ打ち手に向けて、無料で麻雀を打ち続けるための方法4選を紹介します。

オンライン麻雀を打つ

まず、とにかくいち早く無料で大量に麻雀を打ちたい人にオススメなのはオンライン麻雀です。オンライン麻雀は基本無料です。

例えば、最大のユーザ数を持つ天鳳では、鳳凰卓のみ有料会員のみとなっていますが、その他はすべて無料。鳳凰卓に行くためには、どんなに強い人でも1000試合くらいは必要なため、1000試合くらいは何も考えず無料で対局が可能です。

そして、鳳凰卓に挑戦しようという段階になって、それでも無料でプレイしたいという人は、天鳳の大会機能を使って麻雀大会を開催するのがオススメです。

一定の人数以上が参加する大会を開催することで無料チケットをゲットすることができるので、毎月大会を開催するというのも一つの手です。

あるいは月額500円で打ち放題であるという点に着目し、KindleUnlimitedならぬ「麻雀Unlimited」だと考えるのもオススメ。

もし月500半荘打てば、1半荘当たりの代金はわずか1円。こう考えれば、有料チケットを購入する心の壁を取り除けるような気がします(笑)

そして天鳳チケットを買うならAmazonがオススメです。1年分をまとめて購入すると天鳳オリジナルクリアファイルが入ります。


天鳳無料チケット300日 + A4クリアファイル白黒各1枚付き

無料でセットを打つコツは自宅の麻雀環境を充実させること

オンライン麻雀では無料で打てることはわかった。しかし、わたしはリアルな牌をもちたいんだ、という人もいると思います。

ここからはリアル麻雀をより安く、より無料で打つための方法をお話ししていきます。

まずは、セット麻雀から。

セット麻雀せかかる代金は何かというと場所代です。
場所代をかけないようにするにはどうすればよいかというと、自宅で麻雀を打てばよいのです。

自宅で麻雀を打つためには、麻雀牌やマット、卓などを用意する必要がありますが、全て用意しても1万円程度です。

長い目で見れば金銭的には自宅麻雀のほうが完全にお得で、雀荘でセットを打つ代金を1時間400円(1人)としても、25時間程度で元が取れます。

そして、家での麻雀は、自宅でやるのがオススメです。

コーヒーメーカーを置く、全自動卓を用意するなど設備を充実させることで、キャッシュポイントを増やすことができます。

設備代として皆から少しずつ徴収することができれば、実質あなたの麻雀にかかる固定費はゼロ円またはプラスとなり、あとはレートに応じた勝ち負けがそのまま収入になるでしょう。

「麻雀打つならあいつの家だな」と認識されるような差別化を図っていきましょう。

雀荘での麻雀でゼロ円にするには場所代を超えるプラスが必要

雀荘での麻雀では場所代がかかります。

この場所代のマイナスを踏まえたうえで、収支をプラスに持っていくためには、レートごとに大体以下のような勝ち方が必要になります。

場所代は1時間400円(1人当たり)とする。

てん3…1時間で+13以上
てん5…1時間で+8以上
てんぴん…1時間で+4以上
てんりゃんぴん…1時間で+2以上

1時間当たりで計算すると、余裕な感じがしますが、例えばてんごで10時間打った場合には+80以上を取る必要があります。

フリー麻雀でも大体同じくらいの場所代が多いので、プラスになるにはこのくらいの収支が必要です。

レートが下がると結構厳しいので、基本的にはレートを上げて場所代の比率を下げていく必要があります。

バブル時代などは高レート麻雀と呼ばれるものがあったようで、うん十万が1半荘とか東風一回で動いていたそうです。ただ、その場合の場所代は1ゲーム1卓5000円のトップ払いとかで、レートを考えるとかなり格安だったそうですね。

逆にてん1で場所代込みでプラスになろうとしたら、1時間当たりのノルマは+40.ほぼトップを取り続けなければなりません。ノーレートフリーも同じで、トップのみ0円のところが多いので、無料で対局し続けることはほぼ無理ゲーです。

なので、もし雀荘での麻雀を無料またはプラスに持っていこうと思ったら、少なくともてんご以上、欲を言えばてんぴん以上でコンスタントに勝ち続ける必要があります。

フリー麻雀でプラスな人の本↓

フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ

メンバーのゲーム代キャッシュバックを使うという手も

フリー麻雀の雀荘では、基本的に店員も客と同様にゲーム代を払って、麻雀に参加しています。

なので、雀荘の店員(メンバー)さんの給料は、

(固定給)+(ゲームでの勝ち金)ー(ゲームでの負け金)ー(ゲーム代金)

となります。

ただ、の雀荘の中には、店員(メンバー)に対しては月末などにまとめて場所代をキャッシュバックしてくれる店舗もあるみたいで、その場合には純粋にゲームでの勝ち負けのみが収支となります。

腕に自信のある方はキャッシュバックのある店舗でメンバーをやるというのも一つの手です。

あるいは、メンバー以外の一般お客さんに対しても、ゲーム代金キャッシュバックキャンペーンを行っている店舗はたまにあるので、そういった雀荘を狙っていくのもオススメです。


Amazon:純黒ピン東メンバーが教える フリー麻雀で食う超実践打法
楽天:純黒ピン東メンバーが教えるフリー麻雀で食う超実践打法 [ 雀ゴロK ]

まとめ:オススメは自宅麻雀環境の充実

まとめると、以下の通り。

麻雀を無料で打ち続けるためには、

1.オンライン麻雀を打つ
2.自宅を充実させて自宅でセット麻雀を打つ
3.雀荘で場所代を超えるプラスを稼ぎ続ける
4.ゲーム代キャッシュバックのある店でメンバーをする

といった方法があります。

個人的にオススメなのは2の「自宅を充実させて、場所代を取れるような環境にする」ことです。

常に冷蔵庫にビールが冷やされていて、お菓子が置いてあって、好きな時に対局者がコーヒーを頼めるような環境であれば、まあ多少金をとっても文句は出ないかなと思います。その場合、あこぎな商売でなく、コーヒー1杯あたりの利益が10円とかそのくらいの良心的な価格がオススメです。

このくらいならコンビニで飲み物とかを買わずに安いスーパーなどで買ってくれば実行可能ですし、買う人も安く買え、売る側も儲かるというWin-Winな関係を築くことができます。

自宅を雀荘化する方法については以下にまとめたので、よかったら見ていって下さい。(⇒自宅を雀荘化するための方法と用意しておきたいアイテム

ぜひ、自宅を充実させてより豊かな麻雀ライフを送っていきましょう!

麻雀グッズ研究所の「Line@」始まりました!

麻雀グッズ研究所の公式Lineがスタートしました。

  • 初めての麻雀牌選びで不安・・・
  • 自分に合った全自動麻雀卓を一緒に選んでほしい!
  • 大会をするんだけど良い景品ない??

というような質問に回答します。

その他、麻雀用品関連の最新情報についてもお届けいたします。

登録無料ですのでぜひどうぞ!

友だち追加