小物

自宅麻雀で点数を記録集計するための便利アイテム

雀荘に行くと置いてある点数を集計するための用紙がありますよね。

あれの名前はスコア記録表とか単に記録表といいます。

あれがあると「雀荘にきた!」って感じがしませんか。自宅での麻雀時にはなく、雀荘での麻雀時にはあるアイテムといえば記録表といっても過言ではありません。

しかし実はあれ、一般の人もネットで購入可能です。

今日はそんな麻雀のスコア記録表と、記録表同様の仕事をしてくれる統計ノートについて書きます。

麻雀の記録表の買える場所!ネットで購入せよ

記録表はどこに売っているかというと普通の文房具屋とかにはなかなか売っていません

かなり大きな文房具屋とかも見たのですが、売っていたことは一度もないので、たぶんリアル店舗ではどこにも売ってないです。

じゃあ、どこで手に入るかというと、Amazonや楽天などのネットショップで購入することができます。

価格は1冊100枚刷りで200円からで、2セット、4セット、10セットというようにまとめ買いも可能です。

Amazon:スコア記録帳8段 【麻雀】【得点記録帳】5冊セット(1冊100ページ)

友人が遊びに来た時などに、記録表が置いてあったら「こいつ、できる…」となって対局を有利に進められる利点もあるかもしれませんね。

ほかにも麻雀大会を開催するときなどは、きっちりした記録表があるとカッコが付いてありがたいですよね。麻雀以外でも複数人でトランプを行ったときなどにも記録表は重宝します。

家でよくボードゲームをするという方は、1冊持っておくと安心です。

 

麻雀記録表だけだと物足りない?クリップ板を併せて購入すると雀荘っぽくなる!

麻雀の記録をつけるという目的だけであれば、記録表だけあればOKですが、なんかコレジャナイ感を感じた人も多いのではないでしょうか。

あれ、これを置くと雀荘っぽさが出るかと思ってけど、正直あんまり雀荘っぽくないな、と。

 

なんか足りないような気がしますよね。

では、何が足りないのか・・?

そう!記録表を止めるスコアバインダーですね。


Amazon:麻雀電卓付バインダー得点早見表付【得点帳1冊付】スコアバインダー

スコアバインダーに挟まれてこそ、スコア記録表は雀荘っぽさを発揮します。

まあ、クリップ止めされた板というだけであれば100円ショップなどで簡単に購入することができますが、本格的なものでは、電卓と点数早見表がついたタイプがAmazonなどで購入可能です。

 

点数早見表は110符など予期せぬ高い符計算が必要になった場合にありがたい存在です。

高い符の点数計算があやふやという方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、高い符の点数計算の方法として、低い符の足し算を使うという方法があるのでここで併せて紹介します。

例えば70符2翻の場合、出上がりで4500点となりますが、これは実は30符2翻+40符2翻で概算を計算することができます。この場合だと30符2翻(2000点)+40符2翻(2600点)で計4600点というようにほぼほぼ概算を出せます。

うろ覚えで点数がぱっと出てこないときなどはこの方法で計算すると、(覚えた数値のうち)どの数値を思い出せばよいかを思い出すことができて便利です。

麻雀大会に向けて楽して点数計算を覚えようした話あれは大学1年生の秋ごろの話。 麻雀を始めて半年が経過したくらいで、仲間内で麻雀大会をしようという話になった。 「よしやった...

大人数での麻雀結果を1冊に記録できる統計ノートも

上で紹介した紙きれ型の記録表は気軽に破れて持ち運びやすいので雀荘向きですが、2つの問題があります。

一つは、6人以上で対局したとき点数を横並びで表記できないこと。この場合、1枚に結果が収まらなくなってしまい、後で集計するとき結構大変です。

もう一つは長期の記録を保管したいとき

1日雀荘で打った結果なら記録表で十分記載できますが、これが半年、1年というようなスパンで集計しようとすると、紙切れ一枚の記録表では100枚、200枚の管理が大変です。

自分は以前、仲間内の対局結果記録係をやり毎月記録表を100枚近く管理したことがあるのでその苦労がよくわかります。

でも大丈夫。これらの課題を解決するアイテムがこの統計ノートです。


Amazon:コクヨ 統計ノート A4 縦罫7本 40枚 ノ-270V

統計ノートは、一般には家計簿とかつけたりするのに使われるノートですが、これは実は麻雀にも最適です。

中身は、横長の四角が横に4~8個くらい並び、縦にそれがずらーっと30個くらい並んでいます。
まあ、要は雀荘にある記録表に近い構造になっているのです。

これなら見開きで使えば8人以上の麻雀大会でもばっちり記録できるし、日々の対局結果を数か月単位で1冊のノートにまとめることもできます。

大きめの文房具屋では、スコア記録表同様に統計ノートが売っているところもありますので探してみてください。実績のあるところだと、渋谷のロフトには売っていました。

大人数で打つことが多い人や、長期スパンで記録を取りたい人にオススメ。

 

麻雀の記録をバインダーに閉じたい人は集計用紙がオススメ

集計結果は穴をあけてバインダーに閉じたいという人もいるかと思います。

そんな人にオススメなのは、こちらの集計用紙です。これなら大人数の麻雀大会もばっちりですね。

ちなみにこれ、普通に文房具のはずですが、文房具屋ではまず見かけないレア用紙です。欲しい方はネットで購入したほうが無難です。


Amazon:コクヨ 集計用紙 B4 横罫45行・縦罫8行 50枚 シヨ-11N

麻雀記録表のエクセルダウンロード版も作りました!

ちなみに紙の記録表派じゃなくて、エクセルで管理するタイプなんだわ。

という人もいるかと思います。自分も昔仲間内の対局結果を全集計していた時は、最後はエクセル入力していました。

で、そんな人に向けて、簡単にエクセルテンプレを作りました。

イメージはこんな感じで、1日の対局結果と、月単位のまとめで2セルあります。

当日記録用↓

月ごとのまとめ用↓

kirokuhyo-monthly

以下のリンクからダウンロードできるのでよければどうぞ!

こちらからダウンロードできます

>>麻雀記録表

対局結果を記録して麻雀の上達を狙え!

麻雀のスコアをつけることは初心者がレベルアップする上でかなり重要です。

麻雀は確率のゲームでもあるので、長期的なデータを判断する癖をつけておくとより効果的に改善ポイントがわかるようになります

記録はまとめてエクセルとかで管理するよ!という人は記録表を、アナログで管理したいという人は統計ノートを購入し、麻雀力を高めていきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!