戦術

【麻雀戦術・シャンテン戻し】早さを競うゲームで敢えて戻る勇気の一打

shantenmodosi

麻雀の初級者と中級者以上で最も意見が分かれがちなポイントの一つに「シャンテン戻し」というものがあります。

これは、聴牌からイーシャンテンへ、イーシャンテンからリャンシャンテンへ、というようにシャンテン数を敢えて一つあげる(戻す)という手法

「あーあるある。戻すこともあるよね!」

となるか

「え、何それ!上がりの早さを競うゲームで戻るって正気の沙汰じゃねえ!」

となるかでかなり違いがあります。

今日は、そんなシャンテン戻しについて解説していきたいと思います。

シャンテン戻しとは何か?

shantenmodosi

まずはシャンテン戻しとは何か、という話をしていきます。

シャンテン戻しとは冒頭でも述べましたが、聴牌からイーシャンテンへ、イーシャンテンからリャンシャンテンへ、というように「シャンテン数を敢えて一つあげる(戻す)手法」となります。

なんでそんなことをするのか、というと、シャンテンを戻した方が受け入れが広くなる場合があったり、今あるターツでは後々待ちがなくなることがわかっていたり、という場合があるため。

シャボの受け入れで両方とも2枚ずつ切れている!みたいな場面が現在、または未来に予想される場合などはシャンテン戻しをした方が効果的となります。

シャンテン戻しはむしろ早い

ではそのシャンテン戻しのメリットについてもう少し詳しく見ていきましょう。

まず、シャンテン戻しをする場面としては、主にイーシャンテンからリャンシャンテンくらいの時が多くて聴牌から戻すパターンはあんまりないです。

なぜかというと聴牌していたら「もうリーチをかけちゃえばいいや!」となるため。

多少待ちが悪くても先制でリーチをかけてしまえば、相手も降りるし、まあツモれる可能性もあるしメリットの方が大きい!というのが現代麻雀の考え方となります。

なので聴牌からイーシャンテンに戻すことはあまりありません。

ただ、一方でイーシャンテンはリーチをかけることができず、かつ、イーシャンテンは最も時間がかかる場面であるため、このイーシャンテンの受け入れが悪いと、いつまでたっても聴牌できないということになりかねない。

そこで苦しいイーシャンテンの場合とか、あるいはそうなりそうな場合はそれを避けるためにシャンテン戻しを行います。

具体的には、辺張、カンチャンが多いとか、シャボのトイツが苦しい、みたいなちょっと微妙なターツがある場合にシャンテン戻しをされることが多いです。

これをすることで、イーシャンテンという鬼門を素早くスルーでき、結果的に早く聴牌できるというわけです。

シャンテン戻しをすべき場面とそうでない場面

では続いては、実際にシャンテン戻しをすべき場面をいくつか見ていきましょう。

「あーなるほど。こういうイメージね!」

というのを掴んでいただければ幸いです。

・2枚枯れたシャボがある。

・愚形と、なんかすごい連続系がある

・1ターツ落とせば染まりそう

・三度受けとかで受け入れが偏っている

こんな感じのときは、シャンテンを戻した方が早かったりします。

終わりに

ここまでシャンテン戻しについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

シャンテン戻しは初級者から中級者に上がる上での必須スキルの一つです。

ぜひマスターして素早い聴牌が取れるようにしましょう!

ではまた。良い麻雀ライフを!

betaori
【麻雀の基礎戦術解説・ベタオリ】身の程を知り一歩譲れる勇気の一打麻雀の基礎戦術解説として、今日はベタオリという技術を紹介していきます。 「ベタオリって要は逃げでしょ?カッコ悪いからやりたくない・...
麻雀の「差し込み」のコツ!アシストを行う方法とマナーとは?麻雀で言う「差し込み」という言葉の意味について解説していきます。 結論を言うと差し込みとは他のプレイヤーへの合法的アシストの意味で...
スライド読みとは何か?意味とか見分け方のコツとか「スライド読みをされるからその手出しはやらない方がいいね」 上級者の人に後ろで見てもらっている際に、そんなコメントを受けたことはな...
麻雀本を安く読むにはKindleUnlimitedがおすすめ!

麻雀本は麻雀の技術を飛躍的に向上させることのできる魔法のアイテム。

しかし、1冊1500円くらいが新刊の相場で、何故か古本になってもなかなか値が下がらないのが特徴なんです。

対して、KindleUnlimitedだと新刊本でもいきなり0円みたいなこともざらにあります。

そして対象の麻雀本の数も、漫画・戦術書込みで計500冊くらいはあります!

つまり麻雀戦術書をできるだけ安く、たくさん読むにはKindleUnlimitedがおすすめなんです。

>>KindleUnlimitedを見にいく

◆ KindleUnlimitedとは?

Amazonが提供する電子書籍サービス。月額980円で対象本10万冊が読み放題!専用端末なしでもOKです。

>>KindleUnlimitedを見にいく

さらになんか30日までは無料トライアル実施中!みたいなキャンペーンもあるので、1ヶ月からでも試せます。

1日麻雀を打つよりも1ヶ月KindleUnlimitedで戦術本を読みまくる方が勉強になるときもあるので、強くなりたい人はKindleUnlimitedをぜひどうぞ!