麻雀関連

イオンと麻雀の関係性!日本麻雀連盟との提携のうわさも。

イオンと言えば、地方では何でも買えるショッピングモールというイメージが強いですね。

そんなイオンですが、麻雀に力を入れているみたいです。

健康マージャンを促進することで、朝の売り上げを伸ばす狙いがあるようですね。朝の営業時間を早めることで売り上げを伸ばした店舗などもあるそうです。

イオングループの麻雀教室

実際、イオングループのカルチャー教室であるイオンカルチャーでは、麻雀教室が数多く開催されております。

◆イオンカルチャー(コース名/麻雀)
https://www.aeonculture.jp/products/genre.php?cid=0006&sid=0009

イオンモールで開催される麻雀教室に来れば、昼ご飯は当然イオンで食べることになるし、夜ご飯も麻雀で疲れていて作れないからイオンで買っていくかーとなりがち。

なかなか売り上げが伸びそうですね。

イオンファンタジーと日本麻雀連盟が業務提携

さらに、2017年にはイオンの子会社であるイオンファンタジーと日本プロ麻雀連盟が業務提携を結んだとの報道もあり、かなり麻雀に力を入れていることがわかります。

イオンファンタジーでは、健康マージャンの雀荘を展開しており、ゲストプロとして麻雀プロを呼んでいく感じになりそうです。

ちなみに今後のビジョンとしては、2018年に5店舗、将来的には100店舗を展開する予定だとか。

すごい野望ですね。

◆参考記事
https://mj-news.net/column/2018011185623

イオンの賭け麻雀に対する出方は不明

同じく日本麻雀連盟のプロを自身の主力コンテンツである麻雀格闘倶楽部に採用しているコナミでは、プロ連盟に「オンレートのゲストは辞めてほしい」とクレームを入れたこともあるそうですが、イオンの出方も気になるところです。

今のことろ特にプレッシャーはかかっていない模様。

イオンで買える麻雀牌

そんな麻雀に力を入れているイオンですので、イオンで買える麻雀牌もあります。

実店舗での牌の品ぞろえは正直店それぞれといった感じですが、イオンのオンラインショップでは、麻雀牌としては大洋化学の麻雀牌AMOSギャバンが、マットとしてはトンシーマットが購入可能です。

この麻雀牌ギャバンは、日本健康麻雀協会推奨製品ですので、健康マージャンを推進していくというイオンの方向性ともマッチングしていますね。

牌の品質としては標準サイズで柄が見やすいオーソドックスな良牌です。


AMOS 麻雀牌 ギャバン カラー(牌の背):イエロー

終わりに

今後さらにイオンの雀荘や麻雀教室が増えていくと、さらにイオンで購入できる麻雀牌も増えそうですね。

将来的には、「今日は麻雀打ちにイオンに行くか」みたいになるのかもしれませんね。

そうなったら買い物も麻雀も同時にこなせて一石二鳥でありがたいですね。個人的には期待。

麻雀グッズ研究所の「Line@」始まりました!

麻雀グッズ研究所の公式Lineがスタートしました。

  • 初めての麻雀牌選びで不安・・・
  • 自分に合った全自動麻雀卓を一緒に選んでほしい!
  • 大会をするんだけど良い景品ない??

というような質問に回答します。

その他、麻雀用品関連の最新情報についてもお届けいたします。

登録無料ですのでぜひどうぞ!

友だち追加