象牙麻雀牌を入手する3つの方法!ゾウがダメならマンモスの牙を使えばいいじゃない

麻雀打ちの人生で一度は打ってみたい憧れの牌として象牙牌というものがあります。

ゾウを保護するためワシントン条約で輸入が禁じられており、国内ではなかなか手に入らないため、オークションなどでは何十万円というような高値で取引されることも。

「金ならある。とにかく合法的に象牙牌で麻雀を打つ方法を知りたい」という人に向けて、象牙麻雀牌の3つの入手方法について紹介していきます。

象牙麻雀牌とは?その歴史や見分け方について

まずは象牙麻雀牌とは何かについて簡単に説明します。

象牙牌というのは、まあ、その名の通りゾウの牙で作られた麻雀牌です。

「136枚もある麻雀牌をゾウの牙から作るなんていったい何匹のゾウが必要なんだ…?」

と思われるかもしれませんが、実は1匹で十分です。

ゾウは非常に大きな生物なのでその牙も巨大なものだからです。

例えばヤフオクで落札されていたとある象牙牌は牌の重さが全部で1.3kg。これに対して象牙の大きさは、アフリカゾウの場合、長さが3m,重さ90kgということで、一本の象牙から何ダースもの牌を作成することが可能なようですね。

象牙麻雀牌はゾウが年々成長するにしたがって、木の年輪のように縞模様が入っているのが特徴です。

象牙製品の歴史について

象牙の歴史的としては、6世紀ごろに中国から輸入された装飾品が始まりといわれており、ゾウがいない日本でも結構歴史の長いアイテムみたいです。


夢をかなえるゾウ

江戸時代には印籠とかくしやかんざしとかにも使われたそうですね。

しかし、その後象牙目的でのゾウの乱獲により個体数が激減。ワシントン条約により1975年にアジアゾウ、1990年にアフリカゾウの象牙製品はすべて輸入禁止となりました。

なので、現在日本で流通する象牙麻雀牌は、1975年以降に正式に輸入されたものであるか、1975年以降(アフリカゾウは1990年以降)に密輸入されたもののどちらかになります。(条約締結前に輸入されたものの流通は許可されている)

このワシントン条約締結後に、象牙の価値はさらに跳ね上がり、象牙を用いた麻雀牌は、現在では超高級品として知られています。

ちなみに環境省はその後2度だけ輸入したことがあるそうです。

1999年と2009年には、生息が安定し絶滅のおそれの少ない個体群と位置づけられている南部アフリカ諸国のアフリカゾウのうち、自然死した個体などから集められた象牙が、条約の締約国の会議における決定に基づき、厳正な管理の下で日本に輸入されました

売り上げは条約に基づくルールに従い、全てアフリカゾウの保全と生息地や隣接地に暮らす地域住民の開発計画のために使われたそうです。

最近のルール変更:「種の保存法」改正等による象牙の国内市場の管理強化について

最近さらに象牙の管理体制が強化されたみたいです。

平成30年6月1日より、「種の保存法」改正に伴い以下の変更が実施されました。

ア)象牙製品等の製造販売事業について、現行の届出制を登録制に変更。登録申請には審査があること、5年毎の更新制とすること、法令違反により登録が取り消された場合は、その後5年間再登録不可となること。

イ)事業者が所有する全形牙の登録の義務化。

ウ)象牙のカットピース等の管理票作成を義務化。

エ)象牙製品等の広告・販売時の登録番号等の表示の義務化。

オ)事業者登録簿の公開。

カ)象牙取扱事業者に対する罰則の強化(懲役刑の新設、罰金の引き上げ)。

重要なのは、事業者は象牙製品を登録せねばならず、密輸など刑罰が厳罰化されている点です。

ネットなどで登録証がないものは違法になるので注意していきましょう。

偽物と本物の見分け方

象牙麻雀牌の話にもどります。登録制となっている象牙ですが実は偽物もけっこう多いです。

牛の角を象牙だと偽ったりとか、新象牙と呼ばれる別の物質で象牙に似せて作ったものなどが出回っています。

自分は専門家ではないので実際にはよくわからないのですが、ここでは一般的に言われている象牙の本物と偽物の見分け方について紹介します。

まずは麻雀牌になる前の象牙の見分け方から。以下の3つのポイントです。

・象牙取り扱いの証明書があるか(自然環境研究センター発行「象牙の登録票」)

・表面に縞模様がある

・象牙の先端に小さな黒いくぼみがある

あとは、まっすぐすぎるものとか、黄ばみがなく白すぎるものとかも偽物の可能性が高いそうですね。

上の3つのポイントのうち、象牙の取扱証明書があるかどうかと、表面に縞模様があるかどうか、麻雀牌になっても判別可能なので、ここを主に見ていくのが重要です。

象牙麻雀牌の見分け方のポイントをまとめると、以下の通りです。

・牌の表面に格子状の模様がある(牌になると格子状)

・象牙取り扱いの証明書がある

まあ、素人がみてもたぶん分からないので、もし家に象牙牌があるというような人は専門家に見てもらうほうが無難ですね。

◆参考記事(外部サイト)

以下の会社では鑑定費用1000円で見分けてくれるそうです。

https://www.o-shodou.com/item/zouge_kantei.html

象牙麻雀牌を手に入れる3つの方法

では、象牙事情をおさらいしたところで、象牙麻雀牌の入手方法に入っていきます。

象牙麻雀牌を入手する方法は、今のところ3つあります。それぞれについて説明していきます。

1.1990年以前に輸入された製品をオークションなどで購入する(相場は20万程度)

まず一つ目の方法としては、ワシントン条約によって輸入が禁じされる前に輸入された牌を、オークションなどで競り落として購入する方法です。

予算があれば一番手っ取り早い手段かなと思います。

用意する予算としては、ちょっと調べてみた限りでは、確認できるものとしてヤフオクで20万円で落札されているケースがありました。

aucfanというオークション比較サイトでの統計によると、20~30万円くらいで落札されることが多いみたいですね。

ただし、牛骨牌などを象牙だとして偽ったり、勘違いしたりして出品されているケースや、新象牙牌と呼ばれる象牙に似せて作られた練り牌などが紛れ込んでいることもあるので注意が必要。

また、国内の象牙製品の取引に関しては、届け出を行っているもののみが可能であり、登録をせずに取り引きを行った場合は、(インターネット上の取引であっても)種の保存法違反となる可能性があります。

相場から安すぎるものなどは避け、安心できる出品者を選択して取引していきましょう!


密猟象牙 (ナショジオ・セレクション)

2.象牙の生産地で購入する(輸入は不可)

象牙の輸入は禁じられていますが、アフリカゾウやアジアゾウの住む地域、つまり象牙の生産地では象牙製品が販売されていないわけではありません。

なので、現地に飛んで購入し、そのまま現地で麻雀を打つことは合法です。

日本に持ち帰ることはできないので、現地で倉庫とかを借りて保管する必要がありますが、象牙麻雀旅行とかをすることは可能となります。

ねらい目は、アフリカ諸国です。

ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、南アフリカ共和国のアフリカゾウについては、比較的個体数が多いといわれており、絶滅危惧種としてのレベルも一段階緩和されています。

なので、これらの国では他の国よりも象牙麻雀牌が売られている可能性が高いかもしれませんね。

3.マンモスの牙を使って麻雀牌を作成する

象牙牌を手に入れる第3の方法は、マンモスの牙を用いて麻雀牌を作ることです。

既に絶滅したマンモスに関しては、ワシントン条約によって絶滅危惧種に指定されていないため、マンモスの牙を手に入れても罪に問われることはありません

『マンモスを再生せよ』という本によると、むしろアジアゾウやアフリカゾウを絶滅から守るため、積極的にマンモスの牙を使うように求められているくらいとのこと。


マンモスを再生せよ ハーバード大学遺伝子研究チームの挑戦

まあ、たぶん法律で合法化されているというよりも、例外的で規定がないというのが正直なところだと思うので、今後の動向には気を配っていく必要がありそうです。

ちなみに、マンモスの牙は主に北極エリアで手に入るそうで、ヤクート族という人たちがマンモスの牙の発掘のスペシャリストであるようです。これが主に中国などに輸出されているようです。

相場としては、1ポンド(454g)で500ドル程度とのことで、製作費は別途かかりますが、意外と現実的な価格でマンモス牙麻雀牌を手に入れられそうですね。

マンモスの牙を製造業者に持っていくというのはある種確実な方法ではありますので、確実性をもとめる人におすすめの方法です。

 

終わりに:象牙麻雀牌レンタルビジネスとかよさそうな気がする

ここまで象牙麻雀牌について書いてきましたがいかがだったでしょうか。

マンモスは合法というのは自分も驚きました。

なんで何万年も前のマンモスの牙が残っているのかというと、マンモスはかなり寒い地域に生息していたので、死ぬと同時に冷凍されているような感じで、保存状態がいいものが多いそうです。

現状数に限りがあることには変わりがないですが、マンモスを再生させるプロジェクトとかも走り出しているそうですし、今後は象牙麻雀牌がより手に入りやすくなるかもしれませんね。

あと、最後にちょっと考えたのですが、コレクターでもなければ象牙牌は欲しいというよりも、ちょっと一回打ってみたい、という人のほうが多いかと思います。

なので、象牙牌のレンタルとかやったらいいんじゃないかなと思います。原価20万円で1時間2000円とかで貸せば、100時間で元が取れます。耐久性は不明だけど、直感的には割とよさそうな気がする。

雀荘とかでも一卓だけ手積みの象牙卓とか作ったら楽しそうですね

と、取りとめないことを述べつつ終わる。

値段が高い麻雀牌は安い牌と違いがあるのか【オススメ高級牌まとめ】麻雀を行う上で不可欠となる麻雀牌。 安いものでは2000円くらいの値段から手に入りますが、コレクションの対象になったりで高いものは...
麻雀卓の選び方とオススメテーブルまとめお疲れ様です。ワンルームに2台の麻雀卓を置いているたkるです。 今日は、雀士最大の買い物である「麻雀卓」の選び方について書いていき...
楽天トラベルでゆく!全自動麻雀卓のある旅館5選で強化合宿旅行先でも麻雀が打ちたい!という人に向けて麻雀卓のある旅館を紹介いたします。 マージャン合宿などで参考にしていただければと思います...
西麻布にある高級雀荘RTDがすごい!オシャレな個室でセレブ打ちしたい!高級雀荘と銘打っている店舗は多いですが、実際、最高級の雀荘というのをご存知でしょうか。 西麻布にあるRTDは、次世代麻雀空間を提供...