麻雀本

雀ゴロK本まとめ!『超実践麻雀何切る何鳴くドリル』まで計4冊!

これまで3冊の麻雀本を出版し、そのすべてが人気作となっていた雀ゴロKさんが、2019年1月25日に自身4冊目となる最新本『超実践麻雀何切る何鳴くドリル』を発売するようです。

せっかくなので雀ゴロKさんのこれまでの著作をまとめていきたいと思います。

雀ゴロKとは

まずは著者の雀ゴロKさんについて簡単に紹介していきます。

雀ゴロKさんはもともとはピンの雀荘のメンバーで、麻雀で稼いだお金で地元の名古屋に雀荘をオープンしたというフリー麻雀の猛者です。

雀荘オーナーとして働く傍ら、フリー麻雀で勝つためのノウハウをまとめた本をこれまで3冊出版しており、これが中級者から上級者に非常に勉強になるということで人気を博しています。

特に押し引きの基準について詳しくて、フリーではこのくらい押せばいいのか、というのを知りたい人にはオススメの本です。

雀ゴロKこれまでの著作

続いて雀ゴロKさんのこれまでの3冊の著作を簡単に紹介していきます。

これまで出た3冊は以下の通りです。

・純黒ピン東メンバーが教える フリー麻雀で食う超実践打法

・フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ

・フリー麻雀でもネット麻雀でも使える 現代麻雀最新セオリー

1冊目:純黒ピン東メンバーが教える フリー麻雀で食う超実践打法

まず1冊目となる『純黒ピン東メンバーが教える フリー麻雀で食う超実践打法』です。

この本では、初級者から中級者にあがるための方法として、基本的な牌効率や手作り、リーチの基準、鳴き判断、守備の基礎などを網羅的に解説しています。

フリー麻雀用に書かれた本で、他の麻雀本が競技プロやネット麻雀の人によって書かれたものが多い中、フリー麻雀専用の本としてかなりよい本と評判になった1冊です。

2冊目:フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ

2冊目は『フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ』です。

この本では、1冊目よりもさらに深い話が書かれていて、勝ち金を増やすための打ち方について着順やご祝儀の捉え方、アガリ連荘の場合の聴牌連荘ルールとの戦術の違いなど、より実践的。

やや難易度が高いので中級者向けかなと思います。

3冊目:フリー麻雀でもネット麻雀でも使える 現代麻雀最新セオリー

3冊目の『フリー麻雀でもネット麻雀でも使える 現代麻雀最新セオリー』は、麻雀研究家nisi氏のデータを駆使した共著となっており、親の1300は即ひっかけすべきか?など各場面のシミュレーション結果をグラフ化して要る本となっています。

「これ本当にあっているんだろうか?」と思うような難しい局面に答えをくれる1冊です。

 

超実践麻雀何鳴くドリルの内容は?

そして1月25日発売の4冊目の新刊『超実践麻雀何切る何鳴くドリル』の内容ですが、主に「鳴きの手」における判断を解説した本となっている模様。

章分けとしては、

第1章:何切る(基礎)

第2章:何切る(実戦)

第3章:リーチ判断

第4章:何鳴く

となっております。

内容としては、何切るでは主に鳴き手に向かうかどうかの判断として、「三四①②③⑥⑦678西西中中(ドラ①、南家)」の手で、中を落として平和に寄せるか、あるいは、西を落として鳴きも見るか、みたいな鳴き手に向かうか、面前で行くか、みたいなポイントについて解説されています。

そして「何鳴く」では「四四五七九⑧⑨3457中中」の手で何を鳴いて何を鳴かないか、などの判断が解説。

「鳴きを駆使してスピードを上げたい!」という人や、「どこを鳴けばいいのかわからない」という人にオススメかなと思います。

終わりに

ここまで雀ゴロK本についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

「基礎は覚えたけど、どうもゼンツが苦手でフリー麻雀で勝てない…」という人はぜひ読んでみてください。

こんなに押していいんだ!というのを知ることができてびっくりするはず。

また雀ゴロK本は、最新刊以外でも鳴きに関してかなり詳しいので、鳴きが苦手な人にもおススメです。