5-3.麻雀論

天鳳の副露率!諦めの悪い人間は高い説

tenho-honitu

諦めの悪い人間の副露率は高いのではないだろうか。

そう考えました。

実際私は諦め悪い人間で、副露率も50%以上になることも結構あります。

とはいえ、和了手がそんなに鳴いてばかりいるかというとそうでもない。

おかしいなーと思って、よくよく考えてみると、和了以外の手の副露率が高いという発想に行きついた。

例えば、リーチ者の海底ずらしとか、海底ずらしずらし(1つチーされると海底がリーチ者に回る場合先にずらしておく)とか、ツモって欲しいときのツモ回数を増やす鳴きとか、そういういわゆる無駄鳴きが多いのである。

リアル麻雀であんまりごちゃごちゃ鳴くとブーイングを受けることがあるが、天鳳ならその心配もない(・・はず?)

どうしようもなく悪い手でも何とか一つ鳴きを仕掛けて和了の可能性を探るような場面もありなのではないでしょうか。

広告

6種メンツなしの悪配牌は初手鳴きも

例えばこんな手。

6種でメンツなしののほぼ最低クラスの配牌ですが、この9ソウを、、

チーします。

で、6mを切っていきます。

こうすることで手牌がすっきりして、不要牌と必要牌の区別がつきやすくなるので気に入っています。

さらにはた目には染め手にも見えるのでワンチャン警戒してくれたらラッキーくらいな打算もあります。

まあ、要は自分は楽して、相手には難しい局面にしてしまおうという腹です(笑)

(面前だとかなり難しい手になりそうなのでだめで元々な鳴きで敢えて必要牌を絞ることで加速)

数巡後、それなりのチャンタに育つことも

数巡すると、チャンタが見えてきており、かつ防御力も高いというまずまずの手格好になってきました。

こういう「あのアイドルは俺が育てた」みたいなのになると嬉しいですね。

なお、この後手が難しくなり結局諦めた模様。

その後の大混乱ポイント

一通か、一通なのか?と思いつつツモ切ってしまう痛恨のミス!!

別の局だけどこれもかなり迷った。

1p地獄単騎120000点か、あるいは、初牌の南の3900点か。

迷った末、南単騎に受けたけど、これ1ピンだったような気もする。

(南は上家がトイツで、結局4p単騎を和了しました) 

終わりに

最後話が逸れたものの、悪配牌でもあきらめずに和了の可能性を探ったり、オリに回ってもただではオリないぞ、というような「あきらめの悪い打ち手」はデータ上、和了率が高く出るのかなと思います。

ただ実際戦ってみると数値ほどは鳴きの印象がないのかなと思いました。

ではまた。良い麻雀ライフを!

hensati-book
天鳳各段位のレートから偏差値を計算してみた!麻雀で学ぶ大学数学始まりはMリーグを見ていて「麻雀IQ200」という呼び名を聞いたときの、以下の思いつきでした。 「天鳳って各段位の在籍人数がわかる...
鳳凰卓へ昇段するために重要なこと【天鳳七段タッチのコツ】オンライン対戦麻雀「天鳳」といえば、画面やエフェクトはシンプルながらもユーザ数が400万人と日本最大級で、かつプロを含めてかなりレベルの...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です