全自動卓60台完備の娯楽民宿「杉の宿」が麻雀合宿向けすぎる

麻雀合宿向けの民泊とかないかなーと思って、ネットサーフィンをしていたところ、非常に興味深い旅館を見つけましたので共有いたします。

その名も娯楽民宿「杉の宿」

名前に娯楽とかついているから期待して開いてみたら、予想以上でした。

なんとこの杉の宿という民宿、全自動麻雀卓を60台も完備しているというのです。

もはや普通の雀荘以上に雀士向けな施設といえます。

今日は、この杉の宿という旅館について紹介していきます。

杉の宿は温泉街・湯河原町に位置する旅館です

まずは、ざっくりと「杉の宿」という旅館についてみていきましょう。

所在は、温泉街・湯河原町。幕山公園の隣に位置する民宿風の旅館となります。

ちなみに、なぜこんなに有望な麻雀施設をチェック漏れしていたかというと、楽天トラベルとかじゃらんというような大手旅行代理店に登録されていなかったため。

…まさに知る人ぞ知る隠れ麻雀施設でした。

杉の宿は麻雀や囲碁などのボードゲームに特化

そしてこの杉の宿の特徴としては、温泉などの娯楽はもとより、麻雀・囲碁・将棋などのボードゲーム系娯楽に特化しているという点。

麻雀でいえば全60台の全自動卓を完備し、しかもすべて疲れにくい椅子付きハイテーブルタイプだといいます。

さらに部屋もいくつかあって個室で気兼ねなく麻雀を楽しめるコースもあるとか!

麻雀大会を企画するので何か景品を見繕ってほしい!」などの要望も、予算に合わせて要相談で承ります!というまさに至れり尽くせりな麻雀施設です。

麻雀合宿に最適すぎかよ!と思いました。

料金は素泊まり5657円から

気になる宿泊代金についてですが、サイト上で確認してみたところ、

食事(朝夕)つき…11,211円(平日)、12,240円(土曜日・祝日前)

素泊まり…5,657円(平日)、7,509円(土曜日・祝日前)

学生合宿プラン(平日)…8,126円(大学生)、7,611円(高校生)

くらいの価格感でした。

ここに全自動麻雀卓利用料の1泊2日で1台8000円(税込)がかかりますが、4人で割れば2000円なので、平日なら1泊2日の1万円以下で打ち放題みたいなのも可能ですね。

けっこうお安いなと思います。

2019年5月は麻雀卓50%オフキャンペーン実施中!

そして、今まさに熱いのは麻雀卓代50%オフキャンペーンを実施しているという点です。

2019年のゴールデンウィーク10連休の客を狙っていこうというこの企画!麻雀打ちなら乗っていかない手はないですね!

 

価格は部屋によっても違うみたいですが、ノーマルな部屋では1泊2日で1台8000円(税込)からとのこと。

卓は全て点数表示アリの機種であるみたいなので、ふつうに東京とかの雀荘で打つよりも安いですね!

◆ノーマル部屋

かえでの間・・・7~14台

きりの間・・・2台

あやめの間・・・3台

うめの間・・・3台

◆客間(割り増し料金有)

碁聖の間/本館(2台)

棋王の間/本館(1台)

すみれの間/新館(1台)

名人の間/本館(1台)

◆個室麻雀

あざみの間/新館(1台)

終わりに

ここまで湯河原町にある娯楽民宿「杉の宿」についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

麻雀卓60台ってすごいですね!

大人数で麻雀合宿や大会をしよう!というときにはかなりよさそうな施設です。

ぜひ検討してみてください。

ではまた。よい麻雀ライフを!