2-1.麻雀本・漫画

ゆうせー著6ターツ上等な『麻雀講義』レビュー

yuusei-mahjongbook

ゆうせー氏の著作『麻雀講義』という本が2018年6月15日に発売されました。

予備校講師でもある著者が、よく出る形を解説していくスタイルの麻雀戦術本です。

本書を読んで学びになって部分をまとめます。

広告

ゆうせー著『麻雀講義』で学んだ点

本書で学んだ点を3点ほどまとめました。

・6ターツ上等

・完全イーシャンテンに受けても局収支的にはあまり変わらない

・相手の手牌のよさを見切る4段階表記

それぞれ解説します。

6ターツ上等!

手がいいときの序盤において、ターツ余りの6ターツ形に受けるのは効果的と著者は言う。

また、愚形残りのイーシャンテン、リャンシャンテンなどで攻撃余剰牌を残すのもあり。
例えばこんな形(3457p24678s2245m)で7pを残しておくような形がそれにあたる。

攻撃的余剰牌をもつことで、相手に待ちをしぼらせないという利点があると著者は言うがそれはなるほどなと思った。
(7pを先切りしないことで8p、9pを相手に通しやすくさせない)

完全イーシャンテンに受けても局収支的にはあまり変わらない

あと、完全イーシャンテンに受けても局収支はあまり変わらないのは、実感としてあったけどやっぱそうなのかー。

雀ゴロK本で書かれていたそうだが、読みつつ読み飛ばしていた。

本書では、完全イーシャンテンに受けるべき場面とそうでないスリムに受けるべき場面としてそれぞれの特徴を上げてくれています。

また、本書では完全イーシャンテンに受けることが有利になる場面として、終盤を挙げているのも面白い。

終盤は逆に完全イーシャンテンに受けても上がれる可能性が低いから完全イーシャンテン有利となるそうです。
これは統計の見方がうまいなと思いました。

相手の手牌のよさを見切る4段階表記

速度をS,A,B,Cの4段階に分けて説明してくれているのはわかりやすい。

本書を読むと、中張牌の出から相手の手牌の速さがわかるようになり、今が序盤なのか、あるいは中盤なのかを相対的に判断することができるようになります。

また、相手のメンツのブロック読みや、七対子読みとか安そうな役牌バック読みとかケースごとの読みの視点も勉強になりました。

終わりに

本書は、様々な打ち手からの質問に答える形での講義形式で進み、最後に抜き打ちテスト。
この抜き打ちテストが選択ではなく穴埋めなので結構むずいです。

「リーチに何枚までは押していい?」とか具体的な数値を求められます。

本書ではオススメの麻雀本を引用する場面も多いので、本書を読めば今後の麻雀力の伸ばし方、勉強の仕方のポイントがわかる、まさに参考書のような本です。

麻雀のがり勉になりたい人にオススメ。


Amazon:実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義 (近代麻雀戦術シリーズ)
 楽天:実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義【電子書籍】[ ゆうせー ]

majyanhon-matome
【8ジャンルに分類】麻雀本おすすめレビュー59選!さらに激選の18冊は必見!麻雀を強くなろうとしたときに麻雀の戦術書を読むというアプローチは有効です。 とはいえ「本屋に行くといろいろな麻雀本があってよくわからな...
mleaguer-chosaku
Mリーガー著の麻雀本まとめ【2019年度版Mリーグ参考書】トッププロによる統一麻雀リーグである「Mリーグ」。 2018年10月から開始され、麻雀業界を賑わせていますね。 そんなMリー...
nodeath-manga-top
危険度で選ぶ!人が死なない麻雀漫画おすすめまとめ麻雀漫画の中ではヤクザ、ギャンブル、デスゲームなどが描かれがちです。 となると、麻雀が好きで純粋に麻雀の勉強のために漫画を読みたい...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です