2-2.ゲーム・アプリ

【新リリース】「雀龍門M」を評価していく!有料要素があるがめっちゃ綺麗!

jyanryumon-top

本記事では2020年8月に新リリースされたオンライン麻雀ゲーム「雀龍門M」についてレビューしていきます。

オンライン麻雀というと、2010年ごろは

  • 天鳳
  • 雀龍門

の2強体制でした。

たkる
たkる
リアルな打牌描写を求める人は雀龍門、シンプルに高レベルな打ち手と打ちたい人は天鳳みたいな住み分けだった。

しかし、いつの間にか雀龍門はその名を消し(残ってはいたけど有料化したりして存在感は下がっていた)天鳳の一強体制に…。

その後2019年には雀魂がリリースし、天鳳を猛追しているというのが昨今のオンライン麻雀事情です。

そんな中、長い沈黙を破り名乗りを挙げたのが先に述べた「雀龍門」

なんと、「雀龍門M」として近々リリースを予定しているそうでその事前登録が始まったというのです。

今日は、この雀龍門Mについて調べてきたので内容を報告します。

たkる
たkる
2020年8月19日水曜日にリリースだそうです。
広告

雀龍門Mとは?モバイルスマホアプリ版のオンライン麻雀です。

jyanryumon-m

ではこの雀龍門Mってなんなの??という話を簡単に紹介します。

もともと

雀龍門➔真・雀龍門

と雀鬼シリーズのような進化を遂げていた雀龍門ですが、今回は後ろにMが付いています。

これ、何のMかというとMobileのMだそうです。

・・・つまりこれまでスマホアプリ版がなかった雀龍門が、新たにアプリを作り、それに合わせてリニューアルを仕掛けてきた!というのが大まかな流れ。

タイトル雀龍門 M
ジャンル超美麗本格3D麻雀
価格基本無料(アイテム課金あり)
対応OSiOS 8以降 / Android 4.1以降
開発・運営NC Japan K.K.

まだ事前登録(登録すると最新情報が届く)が始まっただけなので詳しいことは不明ですが、PVは出ています。

それを見る感じだと

  • 毎日違った大会が開催される
  • 絵はかなりリアリティが高い
  • 腕に包帯を巻いたりといったキャラのカスタマイズ性も高そう

といった内容でけっこう期待できそうです。

恐らくはゲーセン系のMJや麻雀格闘俱楽部に近いような層を狙いに言った感じに見えます。

雀龍門Mの料金は?基本無料のアイテム課金(有料)とのことだが・・・【前評判まとめ】

kousikisen-data

雀龍門➔真・雀龍門になるときに有料化したこともあり、雀龍門Mでの料金も気になるところ

雀龍門Mでは以下の3モードがありますが、

  • 公式戦・・・全国の雀士とオンライン対戦
  • 無料戦・・・オンラインorAIと対戦
  • 友人戦・・・友人と対局

無料でできることと有料でできることの区分けはこんな感じ。

  • 無料でできる・・・友人戦、AIとの対局、オンライン段位戦(初段までは段位も動く)
  • 有料が必要・・・公式戦(大会)、オンライン段位戦(初段以上)キャラカスタマイズ

値段に関しては一局60円ほどだそうです。

たkる
たkる
確認してみたところ東風戦と半荘戦で両方とも60龍玉が必要。1龍玉=1円くらいのレートなのでこれは確かに大体60円くらいでした。(最初の1回はログインボーナスをかき集めると無料で打てます。)
ryuugyoku-jyanryumon

【レビュー】雀龍門Mがリリースされたので実際にプレイしてみた感想と評価!

jyanryumon-top

8/19に正式リリースされたので実際にプレイしてみました。

すごいなと思ったのはこんな所。

  • 超美麗(綺麗)なグラフィック
  • シャンテン数まで出るわかりやすさ
  • キャラのカスタマイズが豊富

微妙ではと思ったのは以下

  • 手出しツモ切りまで出るのは諸説ありそう
  • 結局有料やんけ・・!

それぞれ見ていきます。

超美麗(綺麗)なグラフィック

まず一つ目としてすごいなと思ったのは、グラフィックがとても綺麗なこと。

jyanryumon-taikyoku

最近のオンライン麻雀は大体この点がすごいですが、

  • シンプル派の天鳳
  • アニメ系の雀魂

とは別に、本格リアル志向でもっともハイレベルだなと感じました。

たkる
たkる
自分MJとか麻雀格闘倶楽部には詳しくないんですが、天鳳とかをプレイhしていた人は驚くはず。

シャンテン数まで出るわかりやすさ

あと綺麗なだけでなくわかりやすい描写である点も高評価。

例えば同じくリアル志向のmaru-janとかは全然直感的でなくて、スマホだと死ぬほど触りづらいんですが、雀龍門はストレスがありませんでした。

鳴きがしやすい、自動和了があるなどはもとより、今回一番いいな!と思ったのがシャンテン数がわかるという点。

jyaryumon-shantensu

テンパイを教えてくれる機能は一般的ですが、配牌からシャンテン数を数えてくれるのは雀龍門だけ!

たkる
たkる
悪配牌が続くと煽られてる感あり。(東1で残り3000点になったあと悪配牌ばかりだった人並感)

キャラのカスタマイズが豊富

custmize-jyanryumon

あとはキャラのカスタマイズ性も豊富です。

jyanryumon-settei_woman

例えば初期キャラは男性or女性の2択ですが、カスタマイズ項目を見ると、

  • 背景

などめっちゃカスタマイズできる!

jyanryumon-hand-settei 手までカスタマイズできるのすごい・・・!

手出しツモ切りまで出るのは諸説ありそう

続いては逆にどうだろう?と思ったポイントに入ります。

これは意見が分かれそうポイント(個人的には良いと思う)なんですが、雀龍門だと公式戦で手出しツモ切りが自動で色分けされるんです。

jyanryumon-tedashi-tumogiri

これ分かりやすいから良いやんけ!って思う層と、いやそこを見るところまでプレイヤースキルだろうがぁ!って思う層で意見が分かれそうだなと思いました。

・・・自分はあんまりみていないのであると地味に嬉しい。

結局有料やんけ・・!

微妙だなと思ったことその2は有料がメインに見えたこと。

まだあんまり試せてないので実際のところはわからないんですが、パッと見た感じ、

  • 無料・・・オンライン対戦はできるがデータは残らない
  • 有料・・・牌譜や段位が残る。大会にも出られる

みたいな感じ。

↓打てはする

muryousen-asoberu 残らない↓

muryousen-paihu-nokoranai

無料戦の内訳は、

  • AIとの対局
  • 友人戦
  • オンライン対戦

であるため公式戦(有料)とは別物。なので無料だと段位を上げることはできません(多分)

たkる
たkる
無料戦のオンライン対戦でも段位は上がるけどレートは動かないみたいな感じだった。

無料戦でもオンライン対戦は可能でそこで有料卓に必要な龍玉を貯めることは可能です。

あとはログインボーナスとかをコツコツ貯めて公式戦に出場するというやり方もできそう。

代走制度いとありがたし

daisou-jyanryumon

ちなみに無料戦には代走制度があり、オートで麻雀を打ってもらうこともできます。

ちょっとした用事があった場合などにはツモ切りせざるを得なかったネット麻雀界においてこれは革命ですね!

ちなみにちょっと使ってみたところ、牌効率全振りで広げていくうち筋に見えました。

たkる
たkる
対局中に宅配便とかきても安心!

雀龍門Mの段位制度について!無課金は初段までしか昇段しない

jyanryumon-shoudan

雀龍門Mの段位制度についても調べてきました。

昇段条件については見つけられていないのですが、段位自体は

9級〜十段の19段階

となります。

たkる
たkる
ポイントが規定に達すると昇段する仕組みで、トップを取ると早く昇段できる

段位はヨンマとサンマで分かれており、

  • 無料戦(初段までは昇段する)
  • 公式戦(十段まで昇段できる)

のどちらをプレイしても初段までなら昇段することができます。

jyanryumon-shodanmade
たkる
たkる
無課金でも初段までを目指せるが、その後は公式戦(有料)が必要

なお今の所、(天鳳、雀魂のような)上位卓は分かれていない模様です。

たkる
たkる
昇段するとボーナスで龍玉がもらえたりもする

雀龍門Mについては情報入り次第追記していきます

まずはざっくりまとめた事前情報がこんな感じでした。

まとめるとこんな感じ。

  • グラフィックは綺麗で操作性も良い
  • 段位を上げるだけなら無料でも可能、大会参加は有料
  • 友人戦は無料で行える

パッとプレイしてみた感じとしては、友人戦の場としておすすめかなと思います。

今後イベント等も豊富に行われていくはずなので何かあったらまた追記していきます。

たkる
たkる
maru-janも賞金300万円の大会をやっているし、麻雀ゲーム業界動き出しましたね!これで麻雀がさらに流行るとよいですね!

ではまた。良い麻雀ライフを!

おすすめの麻雀ゲームを比較したい人は以下↓

個別技術を学びたい人は以下↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です