麻雀関連

麻雀好きが就活の面接でアピールできる4つの強み

麻雀と仕事は似通ったところがあるということで、麻雀の強い人材を求める企業も多くあります。

実際、麻雀採用という就活スタイルが最近になってクローズアップされるようになってきました

麻雀採用といっても形態はいろいろで、面接時に麻雀好きをアピールすると通りやすい企業や、実際に麻雀大会を開催しそこで上位の学生に対しては選考をパスして最終面接に臨む権利を与えるというような会社もあります。

今日は、麻雀就活第2段として、麻雀好きが面接時にアピールすると説得力がある強みをまとめました。

麻雀採用を狙っていこうという学生さんは参考にしていただければ幸いです。

企業によっては麻雀はマイナスイメージであることもあるので自己責任でお願いします

自分が実際にやってきたノウハウはいちおう個人情報があるので途中から有料(100円)ですが、以下にまとめました。

本気の方は参照ください。

麻雀で身に付く強みってどんなものがあるの?

まずは麻雀で身に付く力の全体像について簡単に説明します。

「麻雀は仕事」、「麻雀は人生」と言われるように、麻雀で身に付くスキルは色々あります。

ざっくり分けると以下のような感じ。

  • 判断力(数値を使った分析の基礎、判断スピード、論理的思考力)
  • 忍耐力(ピンチでも冷静でいるメンタリティ、無理な主張を通さずタイミングを待つ力)
  • 場の状況把握(事実と推測の分離、仮説検証力、空間把握能力、記憶力)
  • 人の表情把握能力と表情から読み取る能力(メンタリズム、相手の立場で考える力)
  • コミュニケーション能力(既存の知り合いと長く一緒にいる力、初めての人と仲良くなる力)
  • 調整能力(レート調整、メンツ調整、時間調整)

よりビジネス寄りの話は以下を↓

bussiness-skill
麻雀転職!卓上で身につくビジネススキルとは?【就活、昇進にも活きる】麻雀はビジネスの縮図である、とまでいう人はあまりいないですが、仕事においても重要なスキルがそこそこ身につきます。 以下ではそんな麻...

麻雀は一人で最適解を考えるという論理的な思考であったり、判断力と同時に、複数人の利害が競合している中で最適解を出していくというコミュニケーション面のスキルが身に付くのがポイントかなと思います。

チームプレーをするスポーツとかは多いですが、チームが3つ、4つに分かれて群雄割拠!みたいな展開になるゲームはあまりないので、この点がほかのゲームやスポーツにはない麻雀の強みとなります。

では以下では麻雀で身に付くスキルの中でも、比較的就活で表現しやすいものについて紹介していきます。

麻雀好きが就活でアピールできる4つの強み

というわけで強みを4つ紹介します。

  • 論理的思考
  • PDCAサイクル
  • 忍耐力
  • 場を見る力

この4つです。ではそれぞれ見ていきましょう。

論理的思考力

麻雀においては論理的な思考力は重要です。


思考・論理・分析―「正しく考え、正しく分かること」の理論と実践

なぜかというと、麻雀というゲームは論理的思考により、選択を繰り返していくゲームだからです。

まず配牌の13牌とツモ牌1枚の14牌から最も要らない牌を選ぶ、そして次の巡目に新しいツモ牌と手牌を比べて最も要らない牌を選択し切り捨てる。麻雀は簡単に言えばこの繰り返しです。

作業自体は変わらないですが、どちらの方向に進むかの分かれ道であったり、他家のリーチが入った場合の対応など、場の状況が変化していきます。

刻一刻と変化する場況に合わせて如何に最適なソリューションを選択し続けることができるか、それが麻雀打ちの強さです。

そしてこの場況判断には、自分の手牌と場の状況を整理し、客観的に判断できる能力、つまり論理的な思考力が求められます。なので麻雀が強いということは論理的な思考力があるというつながりは麻雀を知る人にとっては自然なものとなります。

たkる
たkる
エンジニアとかコンサルタントでは特にこの能力が求められがちなので訴求していきましょう!

PDCAサイクルを回せる

また、麻雀においては対局中に論理的な思考力が求められるだけではありません。長期的に見て自分の打ち筋を改善していく必要があります。


無印良品のPDCA 一冊の手帳で常勝経営を仕組み化する!

なので結果を分析し、そこから改善点を見つけ出して仮説を立てて改善を行っていくというプロセスが上達には不可欠です。

しかも麻雀というゲームではその性質上、不確定な要素が多く、勝つも負けるもその原因が完全にはわかりません

なので、負けた日はどこがダメだったのかを自分で考え、ここだろうなというポイントを自ら見極めて改善していく必要があり、この改善ポイントの判断の良し悪しが麻雀の腕に直結するといっても過言ではありません。(特に押し引きの基準なんてかなり曖昧で難しいですね)

このトライアルアンドエラーのサイクルは実はビジネスの世界とかなり似通っています。

ビジネスでもマーケティングやビジネスモデルは数多くありますが、実際のところ当たるかどうかはやってみるまで分からないところが多いです。なのでまずやってみてそこから得られた結果をもとに、原因を分析し、改善を行っていく必要があり、この能力は麻雀において培うことができます

つまり、企業側の視点からみると、麻雀が強い学生は、この物事を自分の力で考え論理的に判断する能力が高いとみなされることが多いです。

なのでベンチャー企業や企画系の仕事などでこの点をアピールすると、企業が期待した通りの人材としてマッチングがうまくいく可能性が高いです。

たkる
たkる
PDCAというのは意識の高いビジネスワード。仮説、検証、確認、対策というステップを回すことを指します

忍耐力

麻雀において忍耐力は重要です。


オリ本 ~天鳳位が語る麻雀・守備の極意~ (マイナビ麻雀BOOKS)

麻雀中の態度を見れば人間性が分かるといわれますが、実際麻雀中に手が悪いとき、リーチ負けしてしまったとき、などにどのような態度をとるか、は仕事において通ずるところがあります

例えば、初期配属が自分の思い通りの部署にならなかった場合にやる気をなくすタイプの人間かそれとも与えられた仕事の中で何とか前向きにとらえていけるタイプなのか、などを麻雀から測ることができます。

なので、もしあなたが「自分はどんな悪配牌でも全力で和了を目指して努力できる忍耐力のある人間であること」を対局中にアピールできれば、その後の面接時でも忍耐力がある人間というプレゼンテーションの説得力は増していきます

守備型の打ち手は忍耐力に優れた人が多い印象なので、守備型の人は忍耐力をアピールするとよいかもしれません。

また、天鳳の高段位を持っている人はそれを一つのエビデンスとしてアピールするのも良い手です。見る人が見ればその人がかなりの忍耐力を持った人間であることがわかるはずで、一種の資格のように使うことができます。

学生で6段坂を上り切った人などはぜひアピールしていきましょう。

たkる
たkる
硬い職種や職人系は忍耐力を求められることも多いです

場を見る力

麻雀において重要なことの一つは場を見る力です。


麻雀 臨機応変な打ち方51

麻雀打ちは一般に、周りが良く見える人が多いです。なぜかというとそうしないと勝てないから

勝つためには自然と周りを見るようになります。

そして、周りを見たうえで自分が果たすべき役割を理解し、それを遂行していけるという力も麻雀でも仕事でも重要です。

例えば、二極化したオーラスでは自らの和了の可能性を消してでも、他家の和了を援護したり、下家の有効牌を絞ったりというような全体最適な動きを求められます

ここで空気の読める打ち手であることを実証できると、なんとなく共闘しやすい他家として点数状況によっては援護をもらえたりして、対局を有利に進めることができます

実際、会社で仕事をする上では、自分の仕事だけでなく、手が空いたら他の人の仕事を手伝ったり、チームの中で自分のやるべき仕事を見つけられる能力というのは結構重要です。

なので、場を見る力をアピールするというのも就活においては有効。

その場合、どういう視点で場を見ているかを具体的に説明できると説得力大です。

たkる
たkる
for the teamは大企業から中小企業までどこでも求められがち

終わりに。麻雀就活は職種に合わせて面接のネタを組み替えていこう!

新卒採用時の就活の面接は、何をしてきたかよりも就職後にどのように仕事に取り組んでいけるか、といったポテンシャルの部分を強く求められます

ぶっちゃけ題材は麻雀でもジャンケンでも何でもいいのです。

とはいえ面接官も人間なので、麻雀に対し悪いイメージを持っている人であれば、麻雀をテーマにしてプレゼンを行うと悪い印象を持つことがあります

なので面接官を見て麻雀で押していくべきかどうかを判断していくこと、つまり麻雀採用では麻雀同様に押し引きも重要となります。なんでもかんでもゼンツしては勝てないとは就活も麻雀も同じです。

ぜひ、勝負所を見極めて、切れのある麻雀トークで内定を掴んでいきましょう!

就活サイトで言っても、マイナビとかリクナビ以外のサイトに求人を出す企業とかは割とベンチャー気質があったりでおすすめ。

例えばこんなの↓



・・・理系につよい理系ナビ(新卒)


Amazon:面接の達人2019 バイブル版 (MENTATSU)
楽天:面接の達人2019 バイブル版 [ 中谷 彰宏 ]

自分のやってきた麻雀就活の体験談はNoteにまとめました。有料(100円)ですがよければ参考にしてください。

そんな感じです。良い麻雀ライフを!

麻雀打ちが就職活動の面接で気をつけるべき3つのポイント大学生で毎日麻雀を打っているような人でも、よほどロックでプロになるわーという人以外、やがて就職活動をするときが来ます。 企業の中に...
咲の能力者たちは卒業後にどんな進路へ進むべきなのか?漫画「咲」を読みました。いままで通しで読んだことはなかったのですが、読んでみると面白いですね。 能力麻雀という新しいジャンルだなと...

https://majyan-item.com/sotugyoushikigo/

麻雀グッズ研究所の「Line@」始まりました!

麻雀グッズ研究所の公式Lineがスタートしました。

  • 初めての麻雀牌選びで不安・・・
  • 自分に合った全自動麻雀卓を一緒に選んでほしい!
  • 大会をするんだけど良い景品ない??

というような質問に回答します。

その他、麻雀用品関連の最新情報についてもお届けいたします。

登録無料ですのでぜひどうぞ!

友だち追加