麻雀関連

麻雀で身につくビジネススキル【就活、転職、昇進に活きる】

bussiness-skill

麻雀はビジネスの縮図である、とまでいう人はあまりいないですが、仕事においても重要なスキルがそこそこ身につきます。

以下ではそんな麻雀で身につくビジネススキルの例を紹介していきます。

麻雀で身につくスキルで少なくとも就活くらいはできる

麻雀を打たない人の中には、麻雀で身につくスキルってそんなものあるんだろうか、よしんばあったとしても、それを何かに活かすことはできるのだろうか?と思う人もいるかと思います。

個人的には麻雀で身につくスキルはそこそこ仕事にも活きると思っているし、実際、自分は麻雀で身につけたスキルを活かします!といって就活をして内定をもらいました。

他にも何人かそういう人を知っています。

なので少なくとも事例として麻雀スキルを就活に生かすことは可能です。

自分が就活で行ってきた詳しい話は以下のnoteに書いているので、途中から100円となっていますが、よければ見ていってください。

麻雀で身につくビジネススキルまとめ

というわけで、以下では麻雀で身につけることができると考えられるビジネススキルを紹介していきます。

「このスキルが自分には不足していたな!」という人は麻雀をプレイして補っていきましょう!

例えばこんな力が身につきます。

・判断力(数値を使った分析の基礎、判断スピード、論理的思考力)

・忍耐力(ピンチでも冷静でいる力、キレない力)

・場の状況把握(事実と推測の分離、仮説検証力、空間把握能力、記憶力)

・人の表情把握能力と表情から読み取る能力(メンタリズム、相手の立場で考える力)

・コミュニケーション能力(既存の知り合いと長く一緒にいる力、初めての人と仲良くなる力)

・調整能力(レート調整、メンツ調整、時間調整)

それぞれ解説していきます。

・判断力(数値を使った分析の基礎、判断スピード、論理的思考力)

麻雀で身につく能力としては、まず判断力が挙げられます。

麻雀というゲームは判断の連続です。

一般の人は日常でそんなに能動的に判断をする機会は多くないですが、麻雀打ちは半荘のなかで何度かは必ず大きな決断を迫られます。

そして、その判断を繰り返すうちに次第に判断は最適化されていきます。

具体的には、以下の3つが身につきます。

・残り枚数を数えたり、受け入れ枚数が最大になるように選択したりと、数字から論理的に判断を組み立てる数値分析能力

・判断を繰り返すことにより、脳が鍛えられ、パターンマッピングで素早く判断できるようになる

・情報が不十分な場合でも論理的を組み立てて自分の納得する答えが出せるようになる

で、これらのスキルは卓内に止まらず、日常や仕事でも活かせるようになります。

例えば、「みんなで昼ご飯を食べに行くけど、何を食べようか?」みたいな会話でも、「今日の天気と曜日、時間帯的にこの定食屋が最適だ!」みたいに判断できることでしょう。

betaori
【麻雀の基礎戦術解説・ベタオリ】身の程を知り一歩譲れる勇気の一打麻雀の基礎戦術解説として、今日はベタオリという技術を紹介していきます。 「ベタオリって要は逃げでしょ?カッコ悪いからやりたくない・...

・忍耐力(ピンチでも冷静でいるメンタリティ、無理な主張を通さずタイミングを待つ力)

続いて麻雀で身につく力としては忍耐力が挙げられます。

麻雀をプレイしている人は一般に(もちろん中にはキレやすい人もいますが)忍耐力が上昇する傾向にあると考えられます。

理由としては、麻雀は忍耐のゲームといっても過言ではないほど、忍耐を求められる場面が多いため。

例えば麻雀では四人のプレイヤーがいるため、自分が上がれるターンは確率的には25%。

残りの75%のパターンでは守り(忍耐)の時間となります。ここで「俺が俺が!」と無理を押せば麻雀で勝利を掴むことは難しいです。

そのため、麻雀を正しくプレイしている人は、自然と今が忍耐すべき場面か、自分が攻める場面かという判断が身につくとともに、守りの時間には忍耐するという経験を積むことができます。

結果として身につく力としては、

・忍耐すべき場面で切れないメンタルの強さ(キレない)

・忍耐すべき場面とそうでない場面を見極める力(アワアワしない)

となります。

ピンチに弱い人やキレやすい人は麻雀で忍耐力を鍛えるのもおすすめです。

osoi-iraira-kaishou
フリー麻雀で打牌が遅い人にイライラしないオススメの方法【メンタルマネジメントで勝利を得よ!】今日は麻雀における打牌遅い問題について、「打つのが遅い人と同卓すると、どうにもイライラしてしまい対局に集中できない」という人におすすめの...

・場の状況把握(事実と推測の分離、仮説検証力、空間把握能力、記憶力)

続いて身につく力としては、場の状況把握能力が挙げられます。

麻雀では相手の手牌や山の中身について見えない状態でプレイを進めていきます。

そのため、見えている状況から相手の手を把握し、推測していく力が重要です。

具体的には、

・見えている情報のうち、事実と推測に分離し、仮説を構築し検証して判断する力

・そのための情報を集める空間把握能力、記憶力

が身につきます。

麻雀では捨て牌は常に全員に見えているので記憶力とかはいらないですが、それがツモ切りなのか、手だしなのか、ツモ切りの場合どこから出てきたのかなどは記憶しておく必要があります。

また、場に見えている情報についても、今どの牌が何枚切れているのか、誰に対してどの牌が通るのか、といった情報は常に把握しておくようにすると打牌スピードが上がって便利です。

麻雀をプレイするということは、そんな感じのトレーニングを行なっているようなものなので、自然と状況把握能力や記憶力がアップします。

記憶力アップにおすすめのボードゲーム3選【メモリー系まとめ】記憶力アップが狙えるボードゲームのおすすめを紹介していきます。 記憶力アップボードゲームとは?要は神経衰弱の応用版です。 まずは、そ...
tubamegaeshi
打牌スピードを上げるための3つのコツ!早打ち雀士になる方法麻雀を始めたばかりの人にありがちな悩みの一つに打牌スピードが遅い!というものがあります。 今日は打つのが遅いとどんなデメリットがあ...

・人の表情把握能力と表情から読み取る能力(メンタリズム、相手の立場で考える力)

続いて身につく能力としては。人の表情を読み取る力です。

麻雀は対人戦であり、相手の表情を読み取っていくことが重要になります。

例えば、「あの人はテンパイすると必ずドリンクに手を伸ばす」とか、「場をチラチラ見ているときは鳴きたい時」みたいなそんな情報です。

細かい話だと、目線の動きとか表情の曇り具合とかでどのくらい手がいいのかを読み取ったりもできると、対局を有利に進めることができます。

こういったメンタリズム的なところは、心理学的な根拠があるものもありますが、それ以上に相手に合わせた癖を見抜いていくことが重要で、「この人はこう考えてこういう表情をしたんだろうなー」という相手の立場で考える力も身につきます。

まとめると身につく能力は以下の通り。

・表情と行動を読み取るメンタリズム

・相手の立場で物事を考える能力

人の気持ちわからないんだよなーという人は麻雀をプレイするのがおすすめ!

麻雀で待ちや捨て牌を一点読みをするタイミングおすすめ6選!麻雀の実力を示すべく守備の花形は「一点読み」です。 一点読みとは、その名の通り、相手の待ちをピタッと一点で読み切り、推定した当たり...
相手を操るメンタリスト麻雀術!心理学的に勝つ方法最近メンタリストDaigoの本にハマっているたけるです。 突然ですが、麻雀って心理学的な要素を使えば効率よく勝てるんじゃないかなと...

・コミュニケーション能力(既存の知り合いと長く一緒にいる力、初めての人と仲良くなる力)

続いて麻雀で身につく能力はコミュニケーション力です。

麻雀なんて黙ってプレイするものじゃないの?と思うかもですが、意外とトラッシュトークが多いゲームとなります。

なぜかというと、プレイ時間が長くて待ち時間が多いため。

もちろんガチ目なフリー麻雀とか、競技麻雀の大会とかでは黙ってプレイしますが、一般にセット麻雀とか健康麻雀ではけっこう話します。

で、麻雀のゲーム構成もコミュニケーションに最適で、四人のプレイヤーがいて、それぞれ順番に打牌をしていくので、75%の時間は待ちとなります。

さらに対局時間は半荘戦なら1試合30分〜1時間、それを何度も繰り返すため1日中対局しているみたいなことも珍しくありません。

ゴルフとかと同じですね。

なので麻雀はコミュニケーションに最適で、接待麻雀といってビジネス的なコミュニケーションに重きを置いた麻雀もあるほど。

なんだかんだで同じ人と1日中一緒にいるわけなので、麻雀をプレイするとコミュニケーション能力もアップします。

さらに麻雀において身につくコミュニケーション能力は、よく見知った仲間だけでなく、知らない人とのコミュニケーション能力も身につきます。

なんでかというと、一つはフリー麻雀というシステムがあるため。

雀荘にふらっと入って、そのまま知らない人と打つというシステムが出来上がっており、自分の心意気だけで知らない人とコミュニケーションを取りに行くことができます。

また、フリーは行かないよ!という人でも知らない人と打つ場面はあり得ます。

なぜかというと、麻雀は四人(サンマなら三人)の人数コミットがあるため。

セットで知り合い四人で打つ予定であっても、誰か一人が急用や病気で来れなくなったら、代わりを補充しなくてはなりません。

そんな流れで知り合いの知り合いが召集されたり、あるいは知り合いの知り合いとしてあなた自身が知らない人がいる卓に呼ばれることもありえます。

なので既存の人脈だけでなく、新しい人とのコミュニケーションの取り方についても、麻雀により学ぶことができます。

人が苦手という方でも他人の話す会話を聞いているだけでも勉強になるので、ぜひ麻雀をプレイしていきましょう。

コミュ障大学生の友人作りは麻雀一択!卓上の人脈作りがオススメの理由春から大学生活が始まるという人は、いまちょうど春休みですね。 大学生活に夢を膨らませつつ、高校生と大学生のはざまの春休みを過ごして...
【小ネタ】セット麻雀で字牌を裏目った時のおすすめセット麻雀では対局中にちょっとした小ネタを挟んだりすることもあるかと思います。 「中ビーム!」とか「白バリア!」とかそんなやつです...

・調整能力(レート調整、メンツ調整、時間調整)

最後は調整能力です。

麻雀では自分の打牌を選択するという個人の選択の他に、同卓者との間で調整を行う機会も多いです。

例えば、麻雀のメンツを集める時に誰を呼ぶか、時間はどうするかを調整したり、実際に対局する時にルールはどうするか、レートをどうするか、をそれぞれの意見を合わせて決めたり、あるいは残り時間がギリギリの時にあと1半荘打つかどうかをどうするか、というような様々な調整能力を身につけることができます。

なので利害が競合する場合の調整とか苦手なんだよなーという人は、ぜひ麻雀の幹事を買って出てみるのもおすすめです。

対局前に確認すべき麻雀ルール一覧【41項目のチェックリストあり】麻雀では、ありありとなしなしという言葉があります。 一般には「ありあり」というと喰いタンと後付の和了が有りのルール、「なしなし」は...
セット麻雀のメンツ集めのコツまとめ麻雀を嗜むうえでのメンツの集め方のノウハウは重要です。 麻雀というゲームはその性質上、どうしても人数に制限があります。 多い...

終わりに

ここまで、麻雀で身につけることのできる能力について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

再掲になりますが、麻雀で身につく力をまとめると以下の通りです。

・判断力(数値を使った分析の基礎、判断スピード、論理的思考力)

・忍耐力(ピンチでも冷静でいる力、)

・場の状況把握(事実と推測の分離、仮説検証力、空間把握能力、記憶力)

・人の表情把握能力と表情から読み取る能力(メンタリズム、対人能力、相手の立場で考える力)

・コミュニケーション能力(既存の知り合いと長く一緒にいる力、初めての人と仲良くなる力)

・調整能力(レート調整、メンツ調整、時間調整)

麻雀で身につくビジネススキルはけっこう多いので、ぜひ麻雀を積極的にプレイしていきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

麻雀を始める10のメリット【面白さまとめ】「麻雀って何が面白いの?」 そう聞かれたことがない麻雀打ちはいないのではないでしょうか。 麻雀をしない人から見ると、麻雀は何...
麻雀の上達にオススメなボードゲームまとめ【得られる能力別】麻雀で基礎を一通り覚えて、初心者にはほぼ負けなくなった。 でも上級者とは何か違う感じがする。 「どこをどう伸ばせば上級者にな...
咲sakiの能力一覧総まとめ【全国版学校別】女子高生たちの異能麻雀を描いた漫画『咲-saki-』 その登場人物たちの能力を学校別にまとめていきます。 長野編・全国編・阿...