ボードゲーム

「押しつけ力」を高めるおすすめボドゲまとめ【天鳳で重要】

「天鳳はラスを引かなければやがて昇段できる」

これはすべての天鳳民にとって常識ともいえる事柄ですね。

ともなれば、トップ率、2着率を如何に増やすかと同様に、如何にしてラスを減らすかが重要となります。

天鳳は自分がラスを引かないこと、つまり、如何にして人にラスを押し付けるかのゲームと言い換えることもできます。

そこで重要になるのが「押しつけ力」です。

如何にして他家に安牌開拓を押し付け、振り込みを押し付け、ラスを押し付けるか。

オカルト的にこれが重要なのです。

今日はそんな押しつけ力を高めていきたい人にオススメな押しつけ力向上ボドゲを紹介していきます。

押し付けボドゲとは?

まずは押し付けボドゲとはどんなものがあるのか、という話から始めていきます。

押し付けボドゲというのは、自分が今勝手に作ったのですが、言葉の通り嫌なものを相手に押し付けて勝つゲームを指します。

トランプで言うとババ抜きとかジジ抜きみたいなイメージですね。

これをさらに面白くゲーム性を高くしたものが「押し付けボドゲ」となります。

では、以下でこの押し付けボドゲとしてまずは王道のゴキブリポーカーから紹介していきます。

まさにラスの押し付け合い!「ゴキブリポーカー」

まずは、押し付けボドゲのオススメの一つ目として「ゴキブリポーカー」というゲームを紹介していきます。


Drei Magier ごきぶりポーカー

このゲームはかなり有名なので、プレイしたことのある方も多いのではないかなと思います。

ルールを簡単に説明すると、ゴキブリ、ハエ、カエルなどの8種類の嫌われ者(害虫)の書かれたカードを用いて、このカードを相手に押し付けていくゲームです。


パーティーゲーム【嫌われ者が主役!?[カードゲーム]ごきぶりポーカー】 宴会ゲーム パーティーグッズ 宴会グッズ テーブルゲーム

カードを押し付けるときは裏向きのまま「これはハエです」というようにカード内容を申告しながら渡します。

これは嘘でもよいです。

で、渡された側はそのカードを当てにいくか、あるいはほかの誰かに押し付けるか、を選択できます。

カードを当てに行く場合は、上の例で言うと「このカードはハエです」か「ハエではありません」のどちらかを宣告し、当たっていれば差出人の場にカードが押し付けられ、外れていれば自分の場にカードが押し付けられます。

他の人に押し付ける場合は、その人が差出人としてカード内容を申告しつつ誰かに渡し、その人がまた今度カード内容をあてに行くか、はたまた別の人に押し付けるかを決める、といった具合です。

押し付け先はまだ押し付けられていない人にしか送れず、最後に贈られた人は必ず勝負を受けねばなりません。

で、この場に出たカードが害虫どれか1種類が4枚コンプリートになるか、あるいは8種類を1枚以上ずつ集めてしまった人が負けとなります。

友情破壊ゲームとも呼ばれるほどの押し付け合いゲームです。

AmazonでロイヤルVerも販売中↓


ごきぶりポーカーロイヤル (Kakerlakenpoker: Royal) [並行輸入品] カードゲーム

仕事を押し付けるボドゲ!「お先に失礼しま~す!」

続いてはゴキブリポーカーと似ているルールですが、押し付けるものが害虫から仕事へと変化した「お先に失礼しま~す。」です。


お先に失礼します

このゲームでは害虫の代わりに仕事カードをがしがし人に押し付けていきます。

「社長」「専務」「部長」「係長」「先輩」「派遣社員」の6つのキャラクターと4種類の仕事があって、これを重ね合わせて(仕事を押し付けて)いくゲームとなります。最後に一番タイルが少ない人が勝ちです。

自分の手番では、表のカードを裏返して残業モードにするか、あるいはすでに残業モードになったカードに同じキャラの絵を重ねていくかのどちらかを行います。

とんとん拍子に自分のカードを人のカードに重ねられると、晴れて自分のカードは0枚、ノー残業の完全勝利となります!

職場とかでやると盛り上がりそうなゲームです。

Amazonのみで販売されている模様↓


お先に失礼します

マッチポンプなミステリー「犯人は踊る」

最後は以前どこかで紹介したのでかんたんな解説だけにしますが、犯人は踊るというゲーム。

これは、事件が発生した現場に居合わせた人たちになり切り、探偵が犯人を当てるか、犯人が逃げ切れば終了となります。

如何にして犯人カードを押し付けるか、が重要なゲームです。

詳しい説明は以下の記事を参照ください。

 

終わりに

ここまで押し付け合いボードゲームのおすすめを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

本当はこれに加えてカロリーの押し付け合いをする「ダイエットの難しさ」というボドゲを追加したかったんですが、どうやら絶番になっていたみたいで断念しました。

麻雀でも天鳳などでは如何にして相手にラスを押し付けるかは重要なので、ぜひ押し付け合いボドゲで危機回避能力を高めていきましょう。

あとは社会人の方だと、定時で帰るコツも身に付くかも!

ではまた。良いボドゲ+麻雀ライフを!