麻雀本

堀プロの麻雀本だから君は負けるんですを読んだ感想

本屋に行って麻雀本コーナーを見ると、堀プロの最新本『だから君は負けるんです』が発売されていました。

おー出たか、と思いさっそく購入して読んでみました。

『だから君は負けるんです』の内容

本書は、竹書房の近代麻雀で連載していた堀プロのコラムを書籍化したものです。

迷彩、供託、形式聴牌などの麻雀の対局中に出てくるに関する各項目について、「一般的な常識とされている格言やノウハウを取り上げ、それに対して物申していく!」という内容の本となります。

「親もないラス目なので高い手を作ります」とか、「とりあえず形式聴牌を目指す」といったようなやり方を、そういうのは非効率であると断罪していきます。

麻雀の各技術に関する常識(合ってるか誤っているかは置いておいて)を知ることができ、さらにそれが正しいのか間違っているのかを知ることができ、さらにじゃあどうすればいいのかまで理解できるというお得な本となっています。

上の世代の人と打つ場合などは、「早いリーチは1-4ソウ」などの格言をいい感じに散りばめていくと、大勝ちした場合にも納得していただける可能性が高いように感じます。

例えば、4巡目くらいでリーチして出和了した場合でも、待ちがイースーソウであれば、

「早いリーチをイースーソウでかけたらそれはまあ、確かに和了できるわな。なんたってイースーソウなんだから」

的な感じで、許されがちです。自分の周りに流れ派オジサンが多いだけかもしれませんが(笑)

両面の2軒リーチは両方期待値プラス【気になった内容】

話を戻して、『だから君は負けるんです』を読んで個人的になるほどなーと思った内容としては、2軒リーチの場合の確率の話です。

「(両面待ちの)リーチを2軒がかけた場合、先にかけたリーチと後にかけたリーチはどっちが勝つかは五分五分」であると考えがちですが、著者は、これは違うといいます。

実際には、和了できるのは確かに1人かもしれませんが、期待値的には両者ともプラスになるのだそうです。

なんでかというと、他家が不利を被ってくれているから。

2軒リーチがかかった場合、ベタオリをしている他家の期待値は、ツモられたり、逃げ切れずに振り込んだりで確実にマイナスになります。一方でリーチ者は和了できるときもあればできないときもありますが、2軒リーチ者はともに両面だった場合、2者ともに期待値はプラスになるのだそうです。

言われてみれば確かになーと思う話ですが、実戦ではどうにも争っている2人の間でのみ期待値を考えてしまっているなーというのを再確認することができました。

終わりに

コラム事で結構波がある印象も感じましたが面白かったです。

ちなみにタイトルは挑戦的ですが「出版社が勝手につけただけ」と堀プロは言っています。

喧嘩打ってきているわけではないそうですね(笑)


Amazon:麻雀 だから君は負けるんです (近代麻雀戦術シリーズ)
楽天:麻雀だから君は負けるんです (近代麻雀戦術シリーズ) [ 堀慎吾 ]

◆関連記事

麻雀が仕事!プロと社長のビジネスマインドの1冊

平成最後の夏に発売される麻雀本まとめ【2018年8月出版予定】

しゅかつ著『オリ本』システム化することの重要性