麻雀関連

「安パイ」というビジネス用語の意味を解説しよう【麻雀を打たない人に向けて】

会社とかで仕事をしていると、「これはアンパイだな」みたいな謎用語が出てくることがあるかと思います。

この安パイという言葉は元々は麻雀用語です。

なので安パイという言葉が出てきたときに、同期とかで「なるほど」という顔をしている人がいても、それはただ麻雀が打てる人というわけです。

今日はこの安パイの意味について解説していきます。

安パイとは安全な牌、リスクがないという意味です。

安パイの意味を解説していきます。

まずは麻雀における意味ですが、これは相手に上がられない牌という意味になります。

麻雀では、相手の上がりを阻止しつつ自分の上がりを目指して行く必要があり、特に相手があと一枚で上がれるぞ!という宣言(リーチ)をしている場面では、相手の上がり牌を振り込んでしまわぬように、相手が必要としない牌を打って行くことが重要です。

この相手が必要としておらず相手の上がり牌にはならないことが確定している牌のことを安全牌、略して安パイというのです。

転じて、ビジネス用語としての意味もほぼ同様で、いくつかの選択肢がある中で、「これは大丈夫だろう・・・!」というような安全度の高い選択肢のことを安パイと言います。

ビジネスマン的な使い方では人に対しても物に対しても使うイメージです。

もうちょっと詳しい安パイの話!安パイにもランクがある

これは麻雀の話になるんですが、もうちょっとだけ詳しく安パイの話を続けていきます。

麻雀において安パイと一概に言っても、実はその安全度によっていくつかに分かれているのです。

例えば、最も安全度の高い牌に関しては、一人の相手に対して絶対に当たらない「完全安パイ」とか、あるいは場の自分以外の3人全員に安全な「共通安パイ」などがあります。

一方で、完全ではないけどまあ確率的にそこそこ安全かなと思うものとして「ワンチャンス」とか「スジ」というような安パイの表現もあります。

ワンチャンスという言葉は、麻雀を打たない大学生とかも「ワンチャン○○する」みたいな感じで「もしかしたら」の意で使いますね。

あれも一応安パイの表現なんです。余談でした。

 

終わりに

ここまでビジネス用語としての安パイについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

基本的には「安パイだな」と言われた一安心と思っておけば良いですが、ごく稀に「安パイばっかり切ってんじゃねえよ!」みたいな表現もあるかもしれません。

そんなときは「守りに入ってんじゃねえ、もっと勝負してこいよ!」という意味なので、よりエッヂのきいた企画とかを持っていきましょう!

ではまた。良い麻雀ライフを!

日常的な麻雀用語チョンボの意味を一般人にもわかる形で説明する試み麻雀用語の中には、日常で普通に使われるものも結構あります。 ワンチャン(ワンチャンスの略)とか、テンパる(聴牌するの略)とか、断ト...
日常的な麻雀用語の由来を解説【明日から自信を持って使える】テンパる、断トツ、チョンボなど、麻雀で使われる用語の中には日常でも使えるものがけっこうあります。 今日は、日常で使われる麻雀由来の...
【麻雀用語解説・空中戦】ビジネス、麻雀、ドラゴンボールで使える言葉の意味とは?空中戦という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 なんとなくニュアンスはわかるけど、いまいち厳密な意味が分かりにく...
日常的な麻雀用語チョンボの意味を一般人にもわかる形で説明する試み麻雀用語の中には、日常で普通に使われるものも結構あります。 ワンチャン(ワンチャンスの略)とか、テンパる(聴牌するの略)とか、断ト...