5-2.雑学

一向聴(イーシャンテン)ピーク理論と100%聴牌する理想の形について

iishanten

麻雀における聴牌の一つ前の状態「一向聴(イーシャンテン)」について解説します。

イーシャンテンピーク理論という考え方があって、これは「イーシャンテンの受け入れを最大になるように打つと強い」という理論です。

これに基づいて、いい感じのイーシャンテンの定番とか、例外的に100%聴牌する超強いイーシャンテンの雑学とかを紹介します。

ではまずはイーシャンテンとは何かについて簡単におさらいしていきましょう。

広告

イーシャンテンとは?聴牌の一つ前の状態です。

まずはイーシャンテンとは何かを簡単に解説します。

イーシャンテンというのは、麻雀において聴牌の一つ前の状態を指します。

  • 聴牌(テンパイ)・・・アガリまであと1枚の状態(鳴いていないときはリーチ可能)
  • 一向聴(イーシャンテン)・・・アガリまであと2枚の状態(聴牌まであと1枚)

麻雀ではアガリまでの距離をシャンテン数といいますが、このシャンテンが聴牌で0、イーシャンテンでは1であるため、1シャンテンという意味です。

たkる
たkる
イーシャンテンのさらにもう一つ前はリャンシャンテンと言います。

このイーシャンテンは、あと一つでテンパイというなかなかいい感じのポイントながらも、実は麻雀における鬼門で、もっともじれったいタイミングと言っても過言ではありません。

たkる
たkる
聴牌するとリーチして後は待っているだけ、みたいな感じにできるけど、イーシャンテンはそういうあわよくば・・感がないので長く感じる・・!

以下ではそんなイーシャンテンを最も効果的に突破するイーシャンテンピーク理論について解説します。

イーシャンテンピーク理論について。聴牌速度を最速にする方法です。

両面ターツを二つ残した完全イーシャンテンが聴牌になるのに、平均4~5巡かかると昔友人から聞いたことがありますが、実際、イーシャンテンから聴牌までは異様に長く感じるものです。

聴牌して出和了が可能な状態であれば、自分がツモれなくとも相手の打牌にもチャンスがあるため、ツモ+ロンで実質4倍

聴牌とイーシャンテンは天と地ほどの違いがあります。

なので、イーシャンテンを素早く聴牌にするために、とにかく広いイーシャンテンを取ろうとするのが麻雀打ちの性とも言えます。

イーシャンテンの形を最もよくなるように打つ打法をイーシャンテンピーク打法という

具体的にいうと、

例えば

  • 両面待ち×2で待っている場合
  • ペンチャン×2で待っている場合

だと聴牌できる確率は2倍違って、イーシャンテンで手こずる率がめっちゃ違う。

なので、上級者はイーシャンテンが気に入らない形になるとシャンテン戻しをしたりもする。

たkる
たkる
シャンテン戻しをするかどうかが初級者と中級者以上の明確な違い。

今日はそんな焦りがちなイーシャンテンの中で、特に待ちの広いものを紹介したいと思います。

待ちの広い例外的イーシャンテン形

待ちは広いけどほとんど実戦では使わないイーシャンテンを紹介します。

何を引いても聴牌する!?カン材含みのヘッドレスイーシャンテン

最も広いイーシャンテンとはどんな形でしょうか。一色手の九連に近い形か、それとも国士無双のイーシャンテンか。

実は、意外な形が最も受け入れが広いのです。

それがこの形。

123456789撥撥撥撥

この形は、なんと何を引いても聴牌するという驚異の形です。
※数字の部分はメンツであれば何でも可能。

牌をツモってやってきた牌をXとすると、手牌は以下のようになります。

123456789撥撥撥撥X

ここで撥をカンをすると、Xの単騎待ちになり必ず聴牌します。
ちなみにXが聴牌にならない形としては、暗刻の4枚目を引いてくるパターンですが、その場合はもう一度カンをすれば次に聴牌するので実質的には同じです。

自分で使っている牌を除いて、最大受け入れ枚数は32種123牌という驚異のイーシャンテンです。

もし対局相手が「何を引いても聴牌する形だ」といった場合、カン材+メンツ3つの形をイメージしましょう。

国士のイーシャンテン

上で取り上げたカン材の話は実質カンすればいつでも聴牌できるという異例な形ですが、ヘッドレスの形は基本的に受け入れが多いです。

なのでヘッドレスの形としての国士のイーシャンテンも受け入れが多いですね。以下のような形です。

東南西北白撥中19p19s1m

みたいな形なら、9mだけ4枚、あとの12種はそれぞれ3枚ずつの受け入れなので13種40枚の受け入れです。

手牌を除けば、40/122の確率になるので、聴牌確率は約1/3ですね。

23m23p123678s撥撥

みたいな両面両面の完全イーシャンテンの受け入れは4種16枚なので、それと比較して2.5倍ほど聴牌しやすいことになります。

16種51枚の受け入れで聴牌形は3面張という夢の形

国士のイーシャンテン形同様に、重なりによる聴牌形を増やしたうえで、さらに横の受け入れを入れた形がこちらです。

23456s23456789p

この形での聴牌への受け入れは、ソウズの1~7、筒子の1~9となり、受け入れ枚数は16種51牌となります。

恐らく、カン材+3メンツのほかで最も受け入れの多いイーシャンテンはこの形だと思います。

しかもどこに入っても聴牌系は三面張という夢のようなイーシャンテンです。

もし来たら勝ちを確信してゼンツしましょう!

終わりに!イーシャンテンを突破してアガリを目指そう!

受け入れ枚数の多いイーシャンテンをまとめましたがいかがだったでしょうか。

あまり実用的ではないという指摘はありそうですが、夢のような形ということでご容赦いただきたいなと思います。

「私の受け入れは51牌あるぞ?」とか言ってみたいものです。

皆様もイーシャンテンピーク打法を駆使して確率の暴力で殴っていきましょう。

ではまた。良い麻雀ライフを!

5percent-up-nanikiru
【レビュー】多面張専門の麻雀本「勝率5%アップ何切る」『5%アップ何切る』という本が店頭に並んでいるのを発見。もうそんな季節か…と思いつつ買って読んでみました! そしたらこの本、実はわ...
senjyutu
【タイプ別に学ぶ!】麻雀戦術大全!初心者から上級者までの全技術!様々ある麻雀の戦術をタイプ別に解説します。 ここにある技術を全てマスターすれば、あなたもきっと麻雀博士!というようなそんな感じでた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です