2-1.麻雀本・漫画

麻雀雑誌・業界紙のおすすめまとめ!キンマ以外に新聞あり、一部連載ありも網羅!

mahjong-newspaper-top

本記事では麻雀雑誌・新聞などをまとめます。

近代麻雀だけだと思っている方も多いかもですが、実は業界誌と業界新聞があります。

お疲れ様です、麻雀グッズ研究所のたkるです。

自分の麻雀業界の最新情報入手先としては、

  • 麻雀メーカーの人の話
  • インターネットで書いてある内容
  • 麻雀雑誌に書いてある内容

の3つがあります。

たkる
たkる
中でも個人的にあんまり関わりのない麻雀プロ業界の動向は、大体雑誌で見ています。
え、麻雀雑誌ってキンマだけじゃないの?

という人もいるかなと思ったので、今日はこの3つ目の麻雀雑誌について紹介していきます。

たkる
たkる
麻雀雑誌系は実は3つあります。多分だけど全部読んでる人はほとんどいないから読めば一気に業界通になれます!
3つの雑誌詳細

漫画系の「近代麻雀」↓

created by Rinker
¥4,470
(2021/09/18 05:04:18時点 Amazon調べ-詳細)

硬派な業界雑誌「麻雀界」↓

created by Rinker
¥550
(2021/09/18 05:04:19時点 Amazon調べ-詳細)

メーカーに詳しい「麻雀新聞」↓

mahjong-newspaper

麻雀新聞|雑誌のFujisan

この記事の著者
たkる

麻雀用品レビューブロガー

たkる

プロフィール

麻雀グッズが好きすぎて麻雀用品サイトを作りました。麻雀グッズをさらに広める活動をしています。
麻雀牌、マット、卓の用品レビュー、本、漫画、グッズの関連商品も詳しいです。用品選びに迷ったらなんでも聞いてください
プロフィール詳細

広告

麻雀雑誌っていくつあるの?キンマ、麻雀界、麻雀新聞で3つです。

まずは概要です。麻雀雑誌というと思い浮かびやすいのが「近代麻雀」だと思います。

昔は近代麻雀ゴールドとか近代麻雀オリジナルみたいな感じで、キンマ系でいくつか出ていました。

kinori

近大麻雀オリジナル↑はキンマより漫画メインだった

しかし売れ行きがいまいちだったのか、現在は「近代麻雀(キンマ)」一本となっています。

ただそれ以外にも実は漫画系じゃない雑誌(1つは新聞)が2つあり、まとめるとこんな感じが全体像です。

  • 漫画系の「近代麻雀」
  • 硬派な業界雑誌「麻雀界」
  • メーカーに詳しい「麻雀新聞」

なのでこの辺を読んでおくと業界情報が大体網羅できます。

たkる
たkる
以下でそれぞれの解説をしていきます。

麻雀雑誌のおすすめまとめ!タイプ別に比較する

mahjong-newspaper-top

まあ3つしかないんですが、それぞれの違いを比較しつつ、こんな人にはこれがおすすめ!というのを解説していきます。

漫画が強い「近代麻雀」

kinma-202103gou

まずは一番有名なところから。

竹書房の近代麻雀です。

近代麻雀は麻雀界の業界雑誌であると同時にコミック誌でもあります。

  • アカギ
  • 東大を出たけれど
  • むこうぶち
  • ムダヅモ無き改革

など大抵の麻雀漫画はこの近代麻雀出身と言っても過言ではありません。

たkる
たkる
有名どころでいうと「天牌」と「咲-saki-」だけ別雑誌ですね。

なので、麻雀漫画の最新情報に詳しくなりたいという人はキンマ一択で、雀荘での会話などでこのキンマ関連は多いです。

アカギが連載中だった頃は、

今月の鷲巣さまの手をどう読む?

みたいなトークをナチュラルに振られることは結構あったので、そういう話題についていきたい人はぜひ近代麻雀を読みましょう。

買える場所としては、

  • コンビニ
  • ネット

があり、あとは大抵の雀荘や漫画喫茶などにも置いてあります。

たkる
たkる
麻雀の業界情報に関していうと人気重視!V-tuberなどにもいち早くアプローチしたアンテナの高い雑誌と言えます。
kinma-gekkan-top

ちなみに月刊紙になりました。

kinma
近代麻雀(キンマ)はどこに消えた?発売日以外はバックナンバーも確実に買えるネット通販で買え!東京に出てきてからは、主に近代麻雀(キンマ)を雀荘の待ち時間とかで読んでいたたkるです。 なのであまり買って読むとということはして...

麻雀界

mahjongkai-202102-03

続いては麻雀界です。

麻雀界はどちらかというとクラシックな業界紙で、健康麻雀寄りな雀荘関連情報などが厚いです。

一般の打ち手というよりは麻雀業界で働く人が読む向けの雑誌で、

  • カジノ関連の法案の動向
  • 助成金の状況

なども結構詳しく語られます。

プロ団体の最新の大会結果などはキンマでも書かれていますが、麻雀界でも大きく掲載されています。

たkる
たkる
麻雀界はエンタメ要素があまりない硬派な雑誌なので、麻雀そのものというより業界全体に興味がある人向けです。

健康麻雀の新番組情報などは、キンマはあまり特集を組まない(より人気出そうなV-tuberとかに寄りがち)けども、麻雀界はその辺が厚いという特徴もあります。

麻雀界は一般の書店等ではほぼ売られていないです。買うなら秋葉原のJOSENかネットなら雑誌のFujisan

majyankai
業界雑誌「麻雀界」の入手場所と内容について【近代麻雀と違いあり!定期購読はFujisan】麻雀雑誌というと、「近代麻雀」が有名ですが、実はもう一つ「麻雀界」という雑誌があるんです。 ただかなりレアで本屋とかではほとんど見...
created by Rinker
¥550
(2021/09/18 05:04:20時点 Amazon調べ-詳細)

麻雀新聞

mahjong-sinbun1

最後は麻雀業界唯一の新聞である「麻雀新聞」です。

こちらは麻雀メーカーのささき商事さんがスポンサーとなっており、メーカー関連の最新情報や製品に詳しいのが特徴となります。

jyoisu-tettai
たkる
たkる
ジョイス(麻雀メーカー)の撤退とかは自分は麻雀新聞で初めて知りました(2021.04)。なお全自動卓を販売するジョイスサービスは残るみたいです

(製品に興味のある)自分的には一番好きなんですが、マイナー度も一番高く、雀荘などでもほとんど見かけないレアなやつです。

買える場所はFujisanか、あるいはささき商事さんでも買えるかも。(Amazonなどでは買えない)

メーカーや商品に興味がある人は定期購読もありです。

たkる
たkる
実は自分も最近まで存在を知らなくて、ささき商事さんに遊びに行ったときにもらってきました。

訪問したとき↓

麻雀漫画があるコミック雑誌まとめ(一部だけ業界紙)

kinma-igai

あとこれは番外編です。

近代麻雀以外の麻雀漫画も逃したくないぜ!っていう人もいるかもなので、麻雀漫画が連載している雑誌をまとめました。

「ヤングガンガン」(咲saki連載中)

まずは「咲-saki-」の連載があるヤングガンガンです。

saki

「咲-saki-」は美少女女子高生熱血麻雀まんがという新しいカテゴリーを切り開いた作品として有名ですね。

スピンオフなども多いので、詳しい話は以下で確認してみてください。

「週刊漫画ゴラク」(天牌連載中)

続いては「天牌」が連載する「週刊漫画ゴラク」です。

tenpai

こちらはアウトロー系の漫画が多い青年漫画で「ミナミの帝王」などが連載しています。

「天牌」は麻雀漫画の中で最長のこち亀ポジションです。

100巻以上出ており最新話まで追いつくのは大変ですが、追いつけたら本誌で最新話を読んでいきましょう!

created by Rinker
¥396
(2021/09/18 05:04:21時点 Amazon調べ-詳細)

「ComicWalker」(鳴かせてくれない上家さん)

続いては「鳴かせてくれない上家さん」が連載している「ComicWalker」です。

nakase-ueie

こちらはウェブ漫画となっており、最新話については無料公開がなされています。

内容は学園系の人が死なない系漫画です。

「週刊少年マガジン」(はじめの一歩が連載)

hajimenoippo-mahjong

ちなみにボクシング漫画だったはずの「はじめの一歩」も麻雀漫画と化しているようです。(多分一時的に)

なので最近で言うと「週刊少年マガジン」も麻雀漫画のある雑誌と言えます。

終わりに。麻雀雑誌を読んで知識を深めよう

そんな感じが麻雀雑誌でした。

まあただ麻雀を打つ上ではそんなに重要ではないですが、麻雀業界の話についていけるように読んでおくのはありです。

興味があったらぜひ購入してみてください。

定期購読ならFujisanがおすすめです。(他だとたまに売り切れるため)

そんな感じです。ではまた。良い麻雀ライフを!

麻雀本を安く読むにはKindleUnlimitedがおすすめ!
mahjong-books2020

麻雀の技術を飛躍的に向上させることのできる「麻雀戦術書」

しかし、戦術書は1冊1500円くらいが新刊の相場で、何故か古本になってもなかなか値が下がりません。

これをお得に読む方法が、KindleUnlimitedです。

kindle-unlimited

◆ KindleUnlimitedとは?

Amazonが提供する電子書籍サービス。月額980円で対象本10万冊が読み放題!専用端末なしでもOKです。

対象の麻雀本は漫画・戦術書込みで計500冊以上、さらに、麻雀本は慣習的に新刊本でもいきなり0円になることも多いんです。

たkる
たkる
つまり麻雀戦術書をできるだけ安くたくさん読むにはKindleUnlimitedが圧倒的におすすめ!

さらに30日までは無料トライアル実施中!1ヶ月からでも試せます。

強くなりたい人はKindleUnlimitedをぜひどうぞ!

\麻雀本が読み放題/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です