5-1.業界最新情報

麻雀2.0リーグとは?Youtuber+Vtuberの見やすいリーグ戦【高度な編集あり】

mahjong20-top

本記事では「麻雀2.0リーグ」について解説します。

たkる
たkる
麻雀2.0リーグってなんぞ?という人向けの内容です。

最近はMリーグのオフシーズンが群雄割拠ですね。

こうなってくると、

どれがどんなリーグで、どんなコンセプトで、誰が出るのか分からねえ・・!

という人も多いかと。

そこで本記事では、その中の1つ「麻雀2.0リーグ」について解説します。

たkる
たkる
麻雀2.0リーグはアマチュア雀士によるリーグ戦。動画を編集で見やすく、かつ対局者の思考をわかりやすくしているのが特徴。

以下で詳しく見ていきましょう。

本記事は動画切り抜きの許可をもらって作成しています。
広告
この記事の著者
たkる

麻雀用品レビューブロガー

たkる

プロフィール

麻雀グッズが好きすぎて麻雀用品サイトを作りました。麻雀グッズをさらに広める活動をしています。
麻雀牌、マット、卓の用品レビュー、本、漫画、グッズの関連商品も詳しいです。用品選びに迷ったらなんでも聞いてください
プロフィール詳細

麻雀2.0リーグとは?

mahjong20-top

麻雀2.0リーグのYoutubeサムネから引用

まずは麻雀2.0リーグの概要を解説します。

概要

まず「麻雀2.0リーグ」とは何か?という話を簡単に解説します。

麻雀2.0リーグは麻雀Youtuber(Mixer)のうに丸(@shikuraunimaru)さんの発案で、「麻雀YoutuberとV-tuber」によるチーム戦でのリーグ戦となります。

これまでの配信との違いとして、

  • 1.配信者が
  • 2.東風戦で
  • 3.新しい魅せ方で(麻雀をする)

がコンセプトとのこと。

一応アマチュアとプロは分けていないみたいですが、参加者等はプロ以外が多い印象です。(参加者については参考動画を後述)

PV↓

ポイント

では麻雀2.0リーグの「新しい魅せ方」のポイントはどこにあるのか。

具体的に公開されている内容としては、

  • 聴牌ゲージの導入
  • 選手自身によるリアルタイム解説
  • 高度な編集(これは自分が見て思った)

が挙げられています。それぞれ見ていきます。

聴牌ゲージの導入

まずは聴牌ゲージの導入です。

これはどのくらいの確率で聴牌できるかの指標で、聴牌すると100%になります。

tenpai-ritu-gage

対局者全員のアイコンの横にHPみたいな感じで表示されており、これを見れば誰の手がもっとも早そうかが一目でわかるというオブジェクトです。便利ですね。

mahjong20league-gage

算出方法はよくわかっていないですが、なんか独自の計算式があるんだと思います。

選手自身によるリアルタイム解説

また、麻雀2.0リーグの目玉の1つとして選手自身によるリアルタイム解説があります。

これは全員が配信者という特性を生かしており、以下の方法で実現されます。

  • 1.自分の思考を口に出しながら対局を行いそれを収録
  • 2.あとで編集して手番ごとに(話す)選手を切り替える

これによりさしずめ麻雀漫画のように対局者全員の思考を知ることができ、視聴者は場の全体像と温度感(勘どころ)を理解することができます。

たkる
たkる
「イーシャンテンだが、、間に合うか・・!?」みたいな心の声が聞けます。

ガチ編集による見やすさの追求

あとはこれらの機能をただ混ぜるだけでなく、高度な編集技術により見やすくなります。

具体的には

  • 全員の点数
  • 場の状況
  • その局をどんなスタイルで行くつもりか

などの情報が一覧化され、一目で状況がわかる工夫がありました。
(サンプル動画より。後述)

mahjong20league-housin

さらに手番ごとにツモによる場況の変化を選手たちが解説するため、実況解説に左右されず常に見やすい対局を実現できるという寸法(なんだと思う)。

対局画面はあまりにもカチカチ切り替わらずに、全体を映したまま声だけ動くのも見やすいなと思いました。

重要なところだけ
そのプレイヤーの主観に移る

mahjong20league-shukan

サンプル対局

また、サンプル対局も公開されています。

とりあえずこれを見ればイメージが掴めるはずです。

麻雀2.0リーグのルール。雀魂東風チーム戦で開催

rule-category

続いては麻雀2.0リーグのルールを見ていきます。

チーム戦

まずざっくりしたところからで、勝敗の決め方としてはMリーグのようにチーム戦となるようです。

チームの分け方などについては

3人×4チーム

となり、スポンサーがメンバーを選べるみたいです。

チームスポンサーは現在募集されており、ワンシーズン50万円からとのことです。

リーグ戦

また大会の形式は、リーグ戦形式(規定数の試合を行う)で優勝を競います。

ここはちょっとブレているみたいなのですが、当初の構想だと40戦を1シーズンとする予定だったみたいです。(9戦になるかも?とのこと)

スリリングな東風戦

また対局は赤ありの東風戦、本場1500点のルールとなります。

これは点数状況によらず逆転のチャンスのあるスリリングな対局を・・という理念によるそうです。

あと視聴者的には関係ないですが対局者側には時間制限もあるそうです。

以下の情報が公開されています(サンプル対局より)
mahjong20league-rule

麻雀2.0リーグの参加選手一覧(全12名っぽい)

次に麻雀2.0リーグの参加選手を紹介します。(敬称略)

最初のPV動画(4/28公開)で名前が挙がった初期メンバーは下記の4名です。

  • 役満V-tuber・ざき
  • 麻雀クリエイター・平澤元気
  • バーチャル鴉天狗・千羽黒乃
  • 神速の麻雀・堀内正人

その後若干の変更があり以下の動画にて発表された12名が正式選手となりました

(動画内ではアイコン+写真で参加一覧が公開されています。ただアイコンだけだと自分が名前分からない人がいたので、参考動画だけにしました)

ざきさんと平澤さんはPVでは登場していますが、選手ではなくなりました。

麻雀2.0リーグの日程と試合結果

実際に見たい人に向けて麻雀2.0リーグの日程と試合結果をまとめます。

2つのルート

まず試合回数としては2つのルートがあります。

  • 9試合で終了
  • 40試合で終了

※試合日程そのものはともに未定

というのは、

最初の9試合でビジネスとして成立するかを判断して残りを実施するか決める

という方針なのだそうです。

・・・ガチなビジネスですね。

日程は未定

日程についても、たぶんそのうち詳細が出ると思うのですが、現状(2021/6/3現在)は未定となります。

終わりに。広告枠を募集中だそうです。

こんな感じが麻雀2.0について現状分かっている情報でした。

運営に関して、動画編集が大変そうすぎる問題とかもあって、スポンサーを募集しているそうです。

  • チームスポンサー:50万円
  • 広告スポンサー:1口9000円

広告枠は1口1万円弱とかからでやや高めですが、個人でも申し込み可能とのことなので、何かサービスのある人はぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

(うちも何か出そうかなと思いつつ、イマイチ何を出したらよいかがわからず迷い中。。)

たkる
たkる
あとは少額でもYoutubeのスパチャやdoneruでの投げ銭もできるそうです。
Youtubeのスパチャは選手に割り振られないため、特定選手を応援する場合はdoneruでと呼びかけられている。手数料の高さとかもあるのかなと思う。

AMリーグと両面で出ている選手も多いので併せてみるとより楽しめると思います。

そんな感じです。ではまた。よい麻雀ライフを!

\最後まで読んでくれたあなたにおすすめの記事/

amleague
【参加者一覧あり】AMリーグとは何か?アマチュアYoutuber+Noterだけの愉快な大会 本記事ではアマチュアだけの麻雀リーグ「AMリーグ」についてまとめました。 AMリーグとは何か?アマチュアだけの麻雀...
huurinkazan-audition
【選手一覧あり】EX風林火山追加メンバーオーディションを見る方法(2021ドラフトはABEMA必須)2020年のMリーグがEX風林火山の優勝で幕を閉じたのも束の間、来年度のオーディションが始まっています。 今のところは独自の規定に...
taiyo-job-top
【職業見学!】麻雀メーカー・大洋技研さんでお仕事内容を聞いてきた!(訪問インタビュー記事) 麻雀メーカーの大洋技研さんがこの度求人を出すということで、事務所にお邪魔させていただき、お仕事内容について伺ってきました。 ...
麻雀グッズ研究所のYoutubeチャンネルで麻雀用品にさらに詳しくなろう!
youtube-mahjonggoods-link

麻雀用品に詳しくなれるYoutube「麻雀グッズ研究所チャンネル」が本格始動!

  • 全自動麻雀卓の山積みの様子
  • 他では語られない麻雀技術の話
  • 最新の麻雀用品レビュー

などなど、麻雀用品に関するコンテンツを数多く取り揃えております。

gazz-skelton jyouge-seiretu
slimplusscore-top amosjp2-top

今後麻雀牌や自動卓を買うかもしれない人は、最新製品が出た際にチェックできるよう念のためチャンネル登録しておくのがおすすめですよ!

\麻雀用品にさらに詳しくなる/麻雀グッズ研究所
チャンネルへ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です