4.戦術

フリー麻雀人読み戦術!ツモり方で牌見えるおじさんの倒し方

フリー麻雀に行くと、ごく稀に牌が見えてしまうツモり方をするおじさんがいます。

今日はそんなツモ見えるおじさんとの戦い方について書きたいと思います。

たkる
たkる
基本的にはツモが見えるのはチャンスですが、作戦を誤ると逆に不利になることも・・・
広告

ツモり方で牌見えちゃうおじさんとは(フリーでたまにいる)

その名の通り、ツモ牌が見えてしまうツモり方をするおじさん(別におじさんじゃなくてもいいけどもおじさん~おじいさんに多い)のことです。

具体的には、あまりにも力を込めたツモりかたをした結果、手元で牌を確認するときの角度が左向きになってしまい、上家側からツモ牌が見えてしまっている人を指します。

野球とかだとサインを盗み見るのはずるいとされますが、麻雀は表情や手牌の入れ方なども情報源として利用するのが一般的なため、この癖はねらい目となります。

たkる
たkる
ただ天鳳におけるラグ読みはやや物議を醸したりもしている

ツモり方で牌見えるおじさんとの戦い方!理牌読みと狙い撃ちのコツ

では本題に入りまして、ツモ見えるおじさんとの戦い方について解説していきます。

ポイントは2点。

  • 見えるがゆえにキャパオーバーに陥らないようにすること
  • 鳴きなど覚えやすいときを狙う

それぞれ解説していきます。

陥りやすいミスはすべてを覚えようとして自滅

「ツモ牌全部見えるんだから余裕だ!全部覚えてやる!」

というのが陥りやすいミスです。

これをやっていいのは上級者だけです。

記憶力が発達していない雀士がこれをやると、逆に他への意識がおろそかになり、自分の手組みを間違えてしまったりします

たkる
たkる
ツモ見えるおじさんに気を取られて他家へのチェックが疎かに!

なので、キャパを超えてすべて覚えるのは得策ではありません

まあ、通常時はゆるりと確認しておいて、壁になったなーとか、入り目これかーとかその程度をピンポイントで覚えておくとよいです。

たkる
たkる
ツモが見えるツモり方をする打ち手は、そもそもで周りが見えていないので強くないです(無理して情報を読み取らなくても勝てる確率は高い)

失敗例↓

狙いどころは鳴きを仕掛けたとき

では、狙いどころとなるのはどんな場面なのか。

結論から言えば鳴き手です。

sansiki-3p-naki

下家から鳴きが入るたびに覚えるべき牌の数は少なくなり、それにより覚えた牌の重要性は高まります

例えば、もし裸単騎での手替わりを確認できれば、完全に1点読みができますし、そこまでいかなくとも鳴いて手が短くなった状態で入り目が分かればだいぶ手が透けてきます

なので、ツモ見えるおじさんが鳴きをいれたら、面前時よりも注意を向けるようにしましょう。

染め手もねらい目!入れ目を見抜こう

また、鳴き手の中でもねらい目となるのは染め手です。

染め手の場合、牌の種類が1色(ホンイツなら1色+字牌)となるため、理牌(手牌の並び替え)が単調になる傾向があります。

なので、例えば7ピンが一番右に入れば、8ピン、9ピンはないな!とか、染めている色の牌が出てから字牌が手に入ったから、この字牌は持っているな、とかそういう感じで読みを進めていくことができます。

2鳴き、3鳴きと牌が減ってくれば、一点読みも可能です。

その他一点読みしやすいタイミングまとめ↓

麻雀で待ちや捨て牌を一点読みをするタイミングおすすめ6選!麻雀の実力を示すべく守備の花形は「一点読み」です。 一点読みとは、その名の通り、相手の待ちをピタッと一点で読み切り、推定した当たり...

まとめ!自分の手を一点読みされないようにツモり方には注意しよう!

「なくて七癖」ということわざ(自分ではないと思っていても少なくとも7つくらいは癖があるものの意)があります。

麻雀では、癖で致命的なものは狙い撃ちにされる危険性があるので、たまには鏡の前で素振りをして癖を修正していくのも麻雀打ちに必要なトレーニングなのかもしれませんね。

たkる
たkる
他にも上下がある回転牌を絶対に揃えてしまうおじさんとかもいます。

最後に、そういった相手の癖を読むことに特化した麻雀本として以下の1冊を紹介しておきます。

「リーチ後の赤が悔しそうならその色は通る」など実戦で使える黄泉の基礎がいろいろ書かれています。顔に出やすい人などは読んでみると学びがあるはず。

では今日はこの辺で。よい麻雀ライフを!