レビュー・アモスJP2!壊れにくいシンプル日本製全自動卓【10~15万円の部】

amosjp-ex-top

麻雀卓を探している人の中には、

「国産の全自動卓でなんか安いやつないだろうか?」

そう考える人も多いのではないでしょうか。

「中国産の全自動卓は確かに10万円以下のものが多いけど、牌の模様やサイズが日本仕様じゃなかったり、故障時のサポートが不安!」

「でも国産の全自動卓は高すぎる!20万、30万は流石に出せぬ・・!どうしたものか・・・」

と、そう考えている麻雀うちの方もおられるかと!

そこで今日は、そんな人におすすめな、国産にして意外に安く(10万円程度)サポート万全の全自動麻雀卓アモスJP2のレビューを行なっていきます

このアモスJP2という全自動卓、点数表示機能や自動配牌機能のないシンプルなスタイルの全自動卓ですが、壊れにくくユーザビリティの高い卓となっています。

点数表示ありで25万程度のアモスJP-EXについては別記事でまとめました!まちがえちまった!という人は以下をどうぞ。

では本記事では点数表示なしの廉価版全自動卓「アモスJP2」について詳しく紹介していきます。

アモスJP2は国産メーカー大洋技研の廉価版全自動卓です。

まずはアモスJP2とは何なのか、という話をしていきます。


全自動麻雀卓 家庭用 AMOS JP2(アモス・ジェイピーツー) カラー点棒+記録帳セット

アモスJP2は国産全自動卓メーカーである大洋技研の開発した麻雀卓となります。

立ち位置としては、点数表示も自動配牌機能もない代わりに値段を安くした廉価版で、純国産の全自動卓でありつつも10万円ちょっとという低価格を実現しているのが特徴です。

ポイントは低価格ながらもサポート体制や牌の模様や点棒入れなど細かいところが日本式のおもてなし仕様となっており、お値段以上に満足度の高い卓となっている点。

以下で詳しくアモスJP2の特徴と機能について解説していきます。

手積み牌も出しています↓

国内シェアトップの大洋化学の麻雀牌の違い!国産牌の選び方!国内シェアナンバーワンの麻雀牌・麻雀卓製造企業である大洋化学。 その大洋科学からは麻雀牌として、MONSTER(モンスター)、GA...

アモスJP2の特徴と機能

ではアモスJP2の特徴と機能を見ていきましょう。

自分の考えるアモスJP2のちょっと嬉しい高ユーザビリティポイントは以下の通りです。

この隙のなさよ!

ちょっとわかりにくい項目もあるかもなので、それぞれ解説していきます。

静音性が高い

まずは静音性の高さについて。隣の隣接した都心部とかでは重要ですね。

麻雀で一番うるさいのは牌をかき混ぜる時ですが、アモスJP2ではこの牌かき混ぜ+牌積みを独自の特許技術により静音化+スピードアップを図っているとのこと。

まあ、最近の全自動卓はどれもかなり静かですが、アモスJP2もこの点で弱点はありません

収納力に優れた点棒入れ

続いてのいい感じポイントは点棒入れです。

中国製の卓であると点棒入れがやけに深くて取り出しにくいみたいなこともままありますが、アモスJP2は国産メーカーなので、バッチリ日本仕様の浅い点棒入れとなっています。

余談ですが、点棒入れという観点だけで見るなら、手積み卓のぽけっとが強いと思う!

ぽけっとのレビュー記事↓

最新手積み麻雀卓「ぽけっと」の使用感レビュー!スタイリッシュ点棒移動ができる最新アイテムの使い方「麻雀卓ぽけっと」という手積み卓がうちに届いてから早数日。 「2人以上で組み立ててください」という説明書のことばへ律義に従った私は...

全8種類の機能をスイッチ1つで使い分けわけ可能

続いてのいい感じポイントは操作のわかりやすさです。

アモスJP2ではサンマ設定、花牌あり、100枚上がり設定などの全8種類のルールに対応していますが、この操作がスイッチの番号を変えるだけで良くて簡単なんです。

機械が苦手な人でも運用できるという点で、利点があります。

トラブルのおきにくい昇降式!四角で捨て牌も並べやすい!

続いてのいい感じポイントはトラブルのおきにくさです。

アモスJP2は床がガサーッと開くボッシュートタイプではなく、中央のサイコロ部分がウイーンと上に登る昇降式となっています。

これが地味にありがたくて、「しまった!牌入れ忘れた!」となっても、今ある牌を落とすことなくエレベーター部分だけ開けて牌を中に入れることができます。

これにより人為的トラブルが激減しますね。

ちなみに昇降部分が四角なのも地味にありがたくて、これにより、どこに牌を切ればいいかがわかりやすくなり、捨て牌の並びが綺麗になります。

イメージ↓

サポートが万全すぎる!無料で全国出張あり

あと国産メーカーでサポートも充実です。全自動卓で気になるポイントとして、不良品をつかまされたら嫌だな!というのもあるかなと思います。

でもアモスJP2はその心配ゼロです。

なぜかというと、アモス公式ショップで買うと、1年間全国出張サポートしてくれるから

他の卓でも送れば直すよーみたいなところはありますが、ぶっちゃけ全自動卓を送るのはアイフォンとかとは桁が違う!ほぼ家電なので送るのが大変です

なので出張は超ありがたいですね!

 

見やすいけどデカすぎない適度なビッグ牌

続いてのいい感じポイントは牌の模様とサイズ感です。

amosjp-pai

アモスJP2は国産の全自動卓としてはやや大きめの30mm牌を使用しています。

この30mmというサイズが絶妙で、見やすいけどデカすぎはしないいい感じの大きさなんです。

ぶっちゃけ28mm牌に慣れていると最初はちょっと戸惑いますが、30mmに慣れてくると、むしろこっちのが打っている!感があります。

細かいものが見えづらいという人にも優しい見やすいサイズなので、シニアの麻雀にも最適!

あと模様が凝っていて竹牌のように縦線が入っていておしゃれ

手積み牌だと、任天堂の麻雀牌「鳳凰」とかも縦縞ありです。

元花札屋任天堂の麻雀牌「役満鳳凰」の特徴まとめ任天堂SwitchやWiiUで知られる任天堂ですが、元々は京都の老舗の花札屋でした。 自分は祖父の家で昔、任天堂製のトランプを使い...

座卓とハイテーブル変形可能

最後は座卓とハイテーブルの変形が可能であるという点です。

これにより、例えば、椅子に座り疲れたなーと思ったら、後半は座卓タイプに変えたり、使用しないときは小さくして物置にしまう!といったような運用が可能。

椅子を4つ置くスペースが用意できないかもしれない人も安心です。

ぶっちゃけこれ超便利でワンルームで置くならこの座卓機能は必須と言っても過言ではない!

New!ワンタッチ折りたたみ機能がついたアモスJP2新機種も登場

ちなみにこのAMOSJP2ですが、実は折りたたみができないというのだけ、一つ弱点だったんです。

しかし、これは2019年の12月に解消されました。

というのは新バージョンとして、折りたたみ機能つきの機種が登場したからです。

amosjp2-oritatami

しかもこれ、すごいのが折りたたみをボタン一つで自動で行えるという点。

fold-banner

・・・なにこれすごくね?

 

アモスJP2を同価格帯の中国製卓と比べてみた

とまあ、こんな感じでアモスJP2は廉価版卓の中ではすごく使いやすい卓ではあります。

amosjp-ex-top

ただ、中国製の廉価版全自動卓と比べてきになるのはお値段かなと。

値段で見ると中国製卓は10万円以下、アモスJP2は10万円越えと1つ壁があるようにも思えます。

では、その価格の差に性能が見合うのか、以下では中国卓と比較しながらその良し悪しを見ていきましょう。

比べてみたポイントは以下の通り。

ではそれぞれ見てきましょう。

点棒入れと牌の模様、サイズについての比較

まずは点棒入れと牌の模様、サイズについての比較です。

・点棒入れについて

  • まーくん・・・深い
  • P28/33・・・浅い
  • MJ-revo・・・浅い
  • アモスJP2・・・浅い

・牌の模様とサイズについて

  • まーくん・・・・中国式、28と33mm
  • P28/33・・・日本式、28と33mm
  • MJ-revo・・・日本式、28と33mm
  • アモスJP2・・・日本式、30mm

まーくんは中国式でシュッとしたイーソー、深い点棒入れとかになっています。

でサイズに関しては、中国卓の基本は33mmですが、日本式に28mm牌を出しているところも多いです。

ただ値段はやや高くなります。その間となるアモスJP2の30mm牌というのは意外にレア

座卓とハイテーブルの変形

続いては座卓とハイテーブルの変形についてです。

変形については、追加パーツなしでできるのはアモスJPだけでした。

まーくん・・・・座卓とハイテーブルが出ているが変形は不可。
P28/33・・・座卓とハイテーブルが出ているが変形は不可
MJ-revo・・・足を付け替えれば多分いける。別売り足が必要
アモスJP2・・・追加パーツなしで変形可能

値段について。28mm牌だと意外と中国卓も高くなる

続いては値段についてです。

値段については、まーくんはめっちゃ安いですが、それ以外は28mm牌にすると意外に10万円を越えることが多い模様。

・値段

  • まーくん・・・・33mm牌は6万円、28mm牌は7万円くらい
  • P28/33・・・P33は9万円、P28は13万円くらい
  • MJ-revo・・・33mm牌は10万円、28mmVerは14万円くらい
  • アモスJP2・・・13万円くらい

(AMOSJP2も30mmで厳密には日本式サイズではないですが、使いやすいサイズ感という意味でメリットあり!)

中央部の形

あと地味にデカイかなと思っているのが中央部分の形状!

これ↓

これが四角だと牌を置く位置がなんとなくそれに沿って置けるので捨て牌が綺麗になります。

・中央部分の形

  • まーくん・・・・円形
  • P28/33・・・円形
  • MJ-revo・・・円形
  • アモスJP2・・・四角★

・・・地味だけど意外と重要なメリットです!

終わりに!折り畳みタイプのアモスJP2も登場!

ここまでアモスJP2について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

廉価版の中ではやや値がありますが、買った後にコレジャナイ感を感じにくいのがメリットになります。

またこのアモスJP2も麻雀教室とかではたまに使われているので、一旦そこで試してみて、気に入ったら家にも導入という段階的ステップを使ってミスマッチを避けるのもおすすめです。

ちなみに購入する際は、送料込みで考えると公式サイトがおすすめ。(出張サポートもある!)

好みにうるさい方!という人はリスク費を込みでアモスJP2を検討してみてはいかがでしょうか。

ではまた、良い麻雀ライフを!

折り畳みタイプも出ました!

 

amosjp-oritatami-top
【国内メーカーの本気!】全自動麻雀卓アモスJPに折り畳みタイプが登場!大洋技研から2019年に発売されたアモスJPシリーズ。 点数表示機能なしで10万円代のアモスJP2と点数表示機能ありで20万円代の...
最新国産全自動麻雀卓「AMOS_JP-EX」点数表示付き20万円の新境地【歴代アモスシリーズもまとめてます】近代麻雀の裏面の広告欄もこまめにチェックしているたけるです。 今日は、近代麻雀の裏面で掲載されていた最新の国産全自動麻雀卓「AMO...
全自動麻雀卓おすすめまとめ【価格別全10種】価格別におすすめの全自動麻雀卓をまとめていきたいと思います。 価格帯としては10万円以下、20万円以下、50万円以下、50万円以上...
麻雀卓の選び方とオススメテーブルまとめお疲れ様です。ワンルームに2台の麻雀卓を置いているたkるです。 今日は、雀士最大の買い物である「麻雀卓」の選び方について書いていき...