雑学

アウトドア雀士必見!バーベキューや花見で麻雀をするための方法

アウトドア好きの麻雀打ちなら、バーベキューも麻雀も同時にしたい!と考えたことが一度はあるのではないでしょうか。

子供のいる人であれば、キャンプに行って子供が疲れて寝付いた後、大人組で夜の麻雀大会というのもいいですね。

実際、花見などでは待ち時間も多く、暇つぶしの道具として麻雀牌は有効なアイテムです。

しかし、麻雀グッズは何かとかさばったり重かったりするのが難点ですね。

そこで今日は、アウトドアでも麻雀を打つためにオススメのアイテム(牌、マット、卓)を紹介します。

アウトドア用の牌は小さめのものがいい

麻雀牌は比較的自由が利きます。

一般論としては麻雀牌としてはできるだけ軽くて小さいものがアウトドアには適していますが、もちろんデカ牌でないとやる気がでないぜ!という方もいるでしょうし、その場合は大きな牌を持って行ってもよいでしょう。

ただ、卓のサイズを超えるようなサイズの牌を持っていくとテーブル上に入りきらないので、卓との兼ね合いでちょうどよいサイズを持っていきましょう。

また、アウトドアではアクシデントがつきものです。牌が欠けたりなくなったりすることも考えられますので、あまりに高級すぎる牌(本気の人向け!1万円以上する高級麻雀牌のまとめ)は避けた方が無難です。

せっかく外に行くのだし、普段と違う色で打ちたいという人は以下のTAKUMI牌などはサイズも小さく、アウトドア感もあるのでオススメです。


TAKUMI どこでもまーじゃん 折り畳み式 ポータブル 脚付き ミニ 麻雀宅 セット 軽量 コンパクト

いちばんかさばるマットは分離型か軽いやつ

麻雀グッズの中で地味にかさばるのが麻雀マットです。

麻雀マットはこちら(オススメの麻雀マット3選!)にもまとめていますが、持ち運びの際は軽いものや、分解できるタイプのものがオススメです。

分解できるものと軽いもの、どちらがオススメかというと、個人的にオススメなのは、軽いマットです。

牌が結構重いので、マットまで重いものだと持ち運びの際の負担が結構重いです(経験談)。

なので軽いほうがオススメです。また軽いマットはたいてい丸められるので、持ち運びやすいです。

ドンキホーテで売っている、端の出っ張り部分が取り外せる「カンガルーマット」や、大洋化学「ジャンクマット」(下記)などは安くて軽くて、かつ枠が取り外し可能で持ち運びやすいのでアウトドアにオススメです。


麻雀マット ジャンクマット

卓はまっちゃんテーブルがおすすめ

本音を言えば全自動卓を、それが無理でも手積み卓をアウトドアに持っていきたいところではありますが、卓を持ち運ぶのは結構大変です。

アウトドア用品のテーブルは基本的に正方形のモノが少ないので、卓に関しては一工夫が必要です。

考えられる方法としては、なるべく正方形に近いテーブルを持っていくこと、長方形のテーブルを二つつなぎ合わせること、ビーチであれば砂を固めて即席の卓をその場で作ってしまうことなどが挙げられます。

中でもオススメなのが、まっちゃんテーブルというアイテムです。


麻雀卓にもなる 万能折り畳みテーブル まっちゃんテーブル高さ70cm 手作りテーブル アウトドアテーブルにもゲームテーブルにも アウトレット商品

このテーブルは木の板3枚を組み合わせて作る即席の万能テーブルで、麻雀卓にもオススメと銘打ってある通り、正方形です。

組み立ては簡単で30秒もあれば完成し、持ち運び時はただの板になるので持ち運びも楽々というまさにアウトドア麻雀のためのアイテムです。

もし家に卓にちょうどよいアウトドア用テーブルがないという人は、こちらのまっちゃんテーブルを検討してみてはいかがでしょうか。楽天市場で購入可能です。

まとめ

アウトドアと麻雀という一見相いれない関係の2つですが、麻雀好きな人は意外とアクティブな人も多く、需要があるのかなと思います。

自分は以前はデカ牌派で、小さい牌って何に使うんだと思っていましたが、アウトドアには小さい牌が最適です。正直そこまでちゃんとしてなくとも麻雀打てればいいよという人はカード麻雀(オシャレなカード麻雀でいつでもどこでも対局しよう)もオススメです。

余談ですが、ビーチで麻雀を打つと知的な感じがしてモテると、漫画「天牌」でも言っていたので興味のある人はぜひやってみてください。

アウトドアでも特に花見などは待ち時間も長いので、麻雀が打てる環境があるとかなりありがたいですね。花見麻雀のコツはこちら(花見の場所取りで暇つぶしに麻雀をするコツ)にまとめたのでよかったら参考にしてください。

ではみなさん、野外でも屋内でも素敵な麻雀ライフを!