折り畳みできる麻雀卓のおすすめまとめ!【ワンルームでも安心】

麻雀を打とうと思ったら麻雀卓が必要となりますね。

ただ、この麻雀卓はゲームの仕様上、必ず正方形となりサイズも60~70㎝四方以上は取るため、麻雀を打たないときはけっこう邪魔だったりもします。

そこで今日は、普段麻雀を打たないときには折りたためたり分解できたりして置き場所に困らないタイプの麻雀卓を紹介していきたいと思います。

部屋を狭くないけど、自宅で麻雀打ちたいという人の参考になれば幸いです。

では、始めていきます。

3種類の邪魔にならない麻雀卓の置き方

おすすめに入る前に、折り畳み卓を含めた普段邪魔にならない3つの麻雀卓導入法を紹介していきます。

それは以下の通り。

1.普段は別用途で利用する

2.普段は邪魔にならないサイズに分解できる

3.普段は折り畳んでおく

それぞれについて簡単に説明します。

1.普段は別用途で利用する

麻雀卓が普段邪魔になるのはなぜでしょうか。

それは、普段使い用のテーブルと麻雀卓が別に分かれているからです。

普段食事で使うテーブルがそのまま麻雀卓になるのだとしたら、特に邪魔だとは思いません。

麻雀をやるとなったらマットを敷けばいいだけです。

このような場合は、そもそも邪魔になっていないのでわざわざ折り畳み卓を導入する必要はありません。

(アウトドア用の持ち運びが欲しい場合などは別ですが)

 

2.普段は邪魔にならないサイズに分解できる

とはいえ、例えば一人暮らしで正方形のテーブルが普段用として適切なサイズ感かといえば、必ずしもそうではない、というのが答えになるかなと思います。

というのも、正方形のテーブルというのは、基本的には3人以上が卓につくことを想定して作られており、一人なら別にその半分のサイズとかで十分だからです。

そこで麻雀卓を邪魔にならないように配置する第2の方法としては、小さな卓を複数個くっつけて麻雀卓にするという方法もあります。

例えば、35㎝×70㎝の長方形のテーブルを二つ、とか、あるいは35㎝四方のカラーボックスを4つつなげて麻雀卓にしてしまおうというわけです。

このやり方であれば、普段はコンパクトに自由度高く配置できるなるのでそれほど部屋面積を圧迫しません。

特に縦に積めるカラーボックスはおすすめ!

70㎝×40cmのイケアテーブル↓

3.普段は折り畳んでおく

上で挙げた2つの方法のどちらにも合致しない(麻雀卓を普段使いもする予定はなく、複数個くっつけて卓にしたくもない)とき、そんなときは折り畳み卓の出番です。

折り畳み卓であれば、普段はたたんで押入れとかに入れておけるので場所を取らずオススメ。

また、バーベキューやお花見などのアウトドアにも適しています。

 

おすすめ折り畳み麻雀卓まとめ

では、ここからはオススメの折り畳み麻雀卓を紹介していきます。

コンセプトごとで比較して紹介していくので、用途に合った卓を選択いただければ幸いです。

マット不要オーソドックスな折り畳み卓

まずは、本田化成から販売されているこちらの折り畳み卓です。

オーソドックスな麻雀卓ですが、総重量7kgのけっこうしっかりした卓で、Amazon評価も良好。

とりあえずちゃんと打てる折り畳み卓が欲しい!という人にはまずオススメの商品です。

サイズは68㎝四方、マット内サイズは63㎝四方とやや狭めなので、30㎜以上の大きい牌で打つ人はもしかしたら手狭かも。

普通に26~28㎜くらいの牌なら全然問題ないです。

点棒ケースありで打ちたい人にオススメの折り畳み卓

続いては、ハイテーブルタイプの麻雀卓となります。

こちらの卓では、椅子アリで疲れない姿勢で麻雀が打てるうえ、点棒ケースがついており、これが地味に便利。

ハイテーブルタイプだと地面に点棒ケースを置くと遠いので点棒ケース付きはありがたし。

イスに座って麻雀を打ちたい人にオススメです。

 

ハイアンドローで高さを調節できる折り畳み卓

続いてのオススメは座卓タイプとハイテーブルタイプの2つを同時に楽しめる便利な麻雀卓です。

それがこちら。

高さ71㎝のハイテーブルモードと、高さ36㎝のローテーブルタイプを使い分けることができるのです。

もちろん折り畳みもできて、その際の厚みはなんと5cm!

変形の多彩さに強みのある麻雀卓です。

 

持ち運びに最適!板三枚まで圧縮できるまっちゃんテーブル

続いてはアウトドア向けの麻雀卓です。

楽天市場で売り出されている「まっちゃんテーブル」は、店主の松本さんが一つ一つ手作りで作っているという木製テーブルですが、このまっちゃんテーブルのすごいところは、分解時のコンパクトさ。

なんと、木の板3枚まで小さくなるのです。もはや片手で持てるレベル!

組み立ても簡単で30秒でできます。

弱点は厚みがそんなにないので強打をしたりはできないことですが、それでも持ち運びに最適な一品です。

アウトドア麻雀派におすすめ。

 

ふるさと納税でも手に入る!ローラー付き折り畳み卓JUNROAD

続いてはローラー付きで移動も楽々な折り畳み卓です。

それがこちらのJUNROAD。

サイズはけっこう大きいですが、重量は軽く、かつキャスター付きなので移動も楽々です。

また、この卓はふるさと納税のお礼の品としても知られており、楽天などから申し込みが可能というのも斬新なポイント。

75000円以上の寄付で実質負担2000円なので、高額所得者の人にはかなりお得!

 

全自動卓でも畳みたい人へ!キャスター付きのSLIM

最後は折りたためる全自動卓の紹介で締めていこうかなと思います。

折り畳み可能な全自動卓はいろいろありますが、個人的にオススメなのはSLIMという機種。

SLIMのおすすめポイントについては詳しくは以下の記事に書いていますが、簡単に言うと、

全自動卓にしては値段が安くて、また重さも軽くて、音もうるさくなく、普段はテーブルとして擬態できて、モバイルバッテリーでコンセントなしでも稼働できること

がメリットかなと思います。

折り畳みの全自動卓デビューにオススメ。

終わりに

ここまで折り畳み卓のオススメをまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

麻雀卓は麻雀を打つうえで必須のアイテムですが、もっともかさばるアイテムなので、ぜひ部屋の状況と相談しながら最適なものを選択していきましょう。

その他折り畳みでないテーブルのおすすめ、全自動卓のおすすめについては以下の記事に書いているのでよければご覧ください。

では、みなさんよい麻雀ライフを!